2018年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2017.12.25 (Mon)

1992年 延長12回、ロイド・モスビーのサヨナラホームラン、桑田真澄は196球の完投勝利 pic.twitter.com/rwJjFvAvY8
1992年 原辰徳が今中慎二のスローカーブをすくいあげてホームラン、通算350号 pic.twitter.com/LkhQYGAult
1992年 新庄剛志が大野豊からサヨナラ2ランホームラン pic.twitter.com/BkuKDmCaNM
1992年 池山隆寛が槙原寛己からサヨナラホームラン pic.twitter.com/PngWAn9ltX
1992年 スワローズ優勝の瞬間、14年ぶり、胴上げ投手は伊東昭光 pic.twitter.com/cPq2DXLqST
1992年 清原和博が野茂英雄から特大ホームラン pic.twitter.com/OHexCni8Bf
1992年 日本シリーズ第1戦、荒井幸雄の勝ち越しタイムリーヒット、ライト平野謙が好返球するも二塁走者飯田哲也がキャッチャー伊東勤のタッチをかいくぐる好走塁でホームイン pic.twitter.com/9kMy5iF7DZ
1992年 日本シリーズ第1戦、オレステス・デストラーデが岡林洋一からホームラン pic.twitter.com/dXxXRYVknw
1992年 日本シリーズ第1戦、古田敦也が渡辺久信からホームラン pic.twitter.com/srEOnd2vhx
1992年 日本シリーズ第1戦、延長10回、杉浦享が鹿取義隆から代打サヨナラ満塁ホームラン pic.twitter.com/14puZfd3P5
1992年 日本シリーズ清原和博が荒木大輔の低めのカーブをすくってホームラン pic.twitter.com/YemsuJZOU9
1992年 日本シリーズ清原和博が古田敦也の足をすくう気迫のスライディング pic.twitter.com/P5UiZbpsJm
1992年 日本シリーズ第4戦、秋山幸二が岡林洋一からホームラン、これが決勝点となり1-0でライオンズが勝利し日本一に王手、岡林は完投するも1球に泣く pic.twitter.com/tydGr7kh76
1992年 日本シリーズ第5戦、ジャック・ハウエルが渡辺久信から先制3ランホームラン pic.twitter.com/2auzmfiLXU
1992年 日本シリーズ第5戦、オレステス・デストラーデの同点ホームラン、ライオンズ打線は6点ビハインドを追いつく pic.twitter.com/FCYNfsaNU
1992年 日本シリーズ第5戦、柳田浩一のファインプレー、ファールフライをフェンスに激突しながら好捕、引退後の1997年からは審判としておなじみ pic.twitter.com/ZKV70Pa3Nf
1992年 日本シリーズ第5戦、延長10回、池山隆寛が潮崎哲也から決勝ホームラン、7-6の乱戦を制す pic.twitter.com/UwYsTS9hT5
1992年 日本シリーズ第6戦、石毛宏典が荒木大輔から逆転2ランホームラン pic.twitter.com/7nDHxlVYBD
1992年 日本シリーズ第6戦、池山隆寛が逆転2ランホームラン pic.twitter.com/OW2wsMKXpp
1992年 日本シリーズ第6戦、鈴木健の代打逆転3ランホームラン pic.twitter.com/D8c9Lvx0HS
1992年 日本シリーズ第6戦、ジャック・ハウエルが鹿取義隆から同点ホームラン pic.twitter.com/SofH3jXEuP
1992年 日本シリーズ第6戦、9回2死一塁から秋山幸二が起死回生の同点タイムリー、一塁走者の大塚光二が長駆ホームイン pic.twitter.com/VYxb357MVl
1992年 日本シリーズ第6戦、延長10回、秦真司が潮崎哲也からサヨナラホームラン、スワローズが8-7の乱戦を制し逆王手で決着は第7戦へ pic.twitter.com/r67igy8tUL
1992年 日本シリーズ第7戦、1-1の同点で迎えた7回1死満塁、杉浦亨の一二塁間のゴロを辻発彦が追いついてバックホーム、送球は高く逸れるも伊東勤が三塁ランナーの広沢克己をブロックしてアウト、スワローズは広沢にゴロ・ゴーと併殺崩しのスライディングを指示していたことが裏目に pic.twitter.com/K6POGwzMBS
1992年 日本シリーズ第7戦、ライオンズ日本一の瞬間、胴上げ投手は石井丈裕3年連続 pic.twitter.com/29zGl1Ptqq

1993年、開幕戦、ジェシー・バーフィールドが佐々木主浩からダメ押し2ランホームラン、来日第1号 pic.twitter.com/6hgJsg6OMG
1993年 ジェシー・バーフィールドの好返球 pic.twitter.com/69pHZgaOhr
1993年 0-0のスコアレスで迎えた9回2死二塁、石毛博史が広沢克己から奪三振、石川県立野球場 pic.twitter.com/avMmbSrDeE
1993年 0-0のスコアレスで迎えた9回裏2死、16奪三振を記録した伊藤智仁から篠塚和典がサヨナラホームラン、石川県立野球場 pic.twitter.com/ycIvGK1osi
1993年 古田敦也の逆転サヨナラ3ランホームラン pic.twitter.com/KSKlsBJVUr
1993年 松井秀喜のプロ入り初ヒットと初ホームラン pic.twitter.com/QM59GCHhrP
1993年 最後の首位決戦でアロンゾ・パウエルが山田勉からサヨナラホームラン、スワローズの胴上げを阻止 pic.twitter.com/x1QB7O3Rwg
1993年 スワローズ優勝の瞬間、2年連続、胴上げ投手は西村龍次、最後の打者は金本知憲 pic.twitter.com/imR2dclmPs
1993年 秋山幸二が2試合連続の満塁ホームラン pic.twitter.com/YgHrWELaET
1993年 清原和博が 伊良部秀輝からホームラン pic.twitter.com/TYxwpMOgIc
1993年 ライオンズリーグ優勝の瞬間、4連覇、胴上げ投手は潮崎哲也 pic.twitter.com/JIrh3O9LZB
1993年 日本シリーズ第3戦 池山隆寛痛恨のシフト失敗 pic.twitter.com/YeAY3KmF4f
1993年 日本シリーズ第5戦、清原和博の先制ホームラン pic.twitter.com/PjL18h4XAt
1993年 日本シリーズ第5戦、1死満塁のチャンスで笘篠賢治が工藤公康の緩急に翻弄されキャッチャーファールフライに倒れる、新婚の松本典子夫人も見守る pic.twitter.com/L74KpzMZ0W
1993年 日本シリーズ第5戦、1点リードの5回、2死満塁の場面で登板した鹿取義隆が古田敦也から奪三振でピンチ脱出、インコースのシュートとアウトコースのカーブで翻弄、全5球
1993年 日本シリーズ第5戦、鈴木健がダメ押しの代打満塁ホームラン pic.twitter.com/YSgOQ2j6ln
1993年 日本シリーズ第6戦、秋山幸二の先制満塁ホームラン pic.twitter.com/rPLo83GIXy
1993年 日本シリーズ第7戦、広沢克己が渡辺久信から先制3ランホームラン、広沢はストレートに押されていたが7球目で初めて投じたカーブが高めに浮く pic.twitter.com/AvQy3YEwVg
1993年 日本シリーズ第7戦、清原和博が川崎憲次郎から2ランホームラン pic.twitter.com/AiSWecHDJu
1993年 日本シリーズ第7戦、川崎憲次郎が秋山幸二から奪三振、2ボールナッシングからスライダー、ストレート、カーブの3球 pic.twitter.com/o6B99WndP6
1993年 日本シリーズ第7戦、古田敦也の三塁打 pic.twitter.com/v0HV1KV3cf
1993年 日本シリーズ第7戦、高津臣吾が清原和博から奪三振、緩い球を空振りの後インローにズバッとストレート、見逃し三振 pic.twitter.com/s8BspwgOWY
1993年 日本シリーズ第7戦、スワローズ日本一の瞬間、胴上げ投手は高津臣吾、前年の雪辱を果たす pic.twitter.com/GxsMnpBwkV

1994年 新庄剛志が石毛博史からサヨナラホームラン pic.twitter.com/98YpccLKvu
1994年 タイガースのリポーター pic.twitter.com/TOsmX0uG7I
1994年 槙原寛己が完全試合を達成、NPB史上15人目、16年ぶり、その後の23年間で達成者なし pic.twitter.com/SHcrCusIrs
1994年 原辰徳が戦線離脱からの復帰戦で藪恵一からホームラン pic.twitter.com/RYDAeMIWsg
1994年 大久保博元がエキサイト pic.twitter.com/74NTHDsLBB
1994年 大久保博元のサヨナラホームラン pic.twitter.com/f1mEgviigq
1994年 石井一久から7番原辰徳、8番村田真一が連続ホームラン pic.twitter.com/lxpQQuK1p2
1994年 松井秀喜のサヨナラホームラン pic.twitter.com/jbmJwIF1po
1994年 落合博満が左中間スタンドにホームラン pic.twitter.com/2N5ATUAkjH
1994年 落合博満が川崎憲次郎のシュートをさばいてホームラン pic.twitter.com/nmBhNiqiOT
1994年 落合博満の決勝ホームランに長嶋茂雄監督脱帽 pic.twitter.com/SVxicKG4nC
1994年 「10.8決戦」、落合博満が今中慎二から先制ホームラン pic.twitter.com/jrew4U8kj0
1994年 「10.8決戦」、松井秀喜のホームラン pic.twitter.com/icbWlWnh8s
1994年 秋山幸二の大飛球を佐々木誠が好捕 pic.twitter.com/IGgmGYanUK
1994年 ライオンズリーグ優勝の瞬間、5連覇、胴上げ投手は石井丈裕 pic.twitter.com/0nwwkfz4wE
1994年 日本シリーズ第2戦、工藤公康が松井秀喜からストレートで奪三振 pic.twitter.com/xEnTInJDxa
1994年 日本シリーズ第2戦、原辰徳が工藤公康から先制タイムリー pic.twitter.com/kPPSZtNzvI
1994年 日本シリーズ第2戦、槙原寛己が清原和博から奪三振、落差抜群のフォークと伸びのあるストレートのコンビネーション pic.twitter.com/6lfueQ5nAb
1994年 日本シリーズ第2戦、工藤公康が3者連続3球三振、9球でイニングを終える、1死からダン・グラッデン、川相昌弘への6球 pic.twitter.com/oqUBHrBxgm
1994年 日本シリーズ第2戦、川相昌弘のファインプレー pic.twitter.com/koCPDCqloI
1994年 日本シリーズ第2戦、屋鋪要のファインプレー pic.twitter.com/puNKoXnlHB
1994年 日本シリーズ第3戦、1-1の同点で迎えた8回無死一三塁、石毛博史が清原和博から奪三振、直球の連投で追い込んで最後はスライダー pic.twitter.com/PXBoDdEE46
1994年 日本シリーズ第4戦、松井秀喜のホームラン、ライト大塚光二のグラブに当たってフェンス越え pic.twitter.com/D6LR2rSeX7
1994年 日本シリーズ第4戦、清原和博が斎藤雅樹からホームラン pic.twitter.com/h9zNb8FkzE
1994年 日本シリーズ第4戦、5-4の1点ビハインドで迎えた9回2死、大久保博元が起死回生の代打同点ホームラン、追い込まれてから高めのボール球を叩く pic.twitter.com/T1TWjhYPCW
1994年 日本シリーズ第5戦、緒方耕一がまさかの勝ち越し満塁ホームラン pic.twitter.com/u1t1IKltlM
1994年 日本シリーズ第5戦、吉村禎章が渡辺久信から同点ホームラン pic.twitter.com/oaOZNvyMoW
1994年 日本シリーズ第5戦、清原和博が桑田真澄からホームラン pic.twitter.com/FWwDwiVDA9
1994年 日本シリーズ第5戦、ヘンリー・コトーが鹿取義隆からダメ押しの2ランホームラン pic.twitter.com/ux6flVUoxZ
1994年 日本シリーズ第6戦、ライト松井秀喜の好返球 pic.twitter.com/PapBEW0Neu
1994年 日本シリーズ第6戦、8回にヘンリー・コトーが石井丈裕からホームラン、日本一を大きく手繰り寄せる pic.twitter.com/hUBmWqWzMD
1994年 日本シリーズ第6戦、ジャイアンツ日本一の瞬間、胴上げ投手は槙原寛己、5年ぶり、ライオンズ2度目の4連連続日本一はならず pic.twitter.com/zcTyGbwFiH

1995年 鈴木尚典が木田優夫から逆転サヨナラ3ランホームラン、8-7の大乱戦を制す pic.twitter.com/f8M7X7zYKu
1995年 落合博満が甲子園球場の左中間スタンドにホームラン pic.twitter.com/MZWsXBlisB
1995年 落合博満がライトスタンドへのホームラン pic.twitter.com/dzlu5XBqwe
1995年 落合博満が通算2000本安打をホームランで決める pic.twitter.com/gm2v2WIVpy
1995年 今中慎二から落合博満、広沢克己が連続ホームランで逆転 pic.twitter.com/Mpkb4KlBjh
1995年 最晩年の原辰徳が吉井理人からレフトオーバーのタイムリーツーベース pic.twitter.com/xPoBYVLUif
1995年 最晩年の原辰徳がロビンソン・チェコから3ランホームラン pic.twitter.com/qQNTWENf0g
1995年 金本知憲が宮本和知からホームラン pic.twitter.com/Gkg5zLIcyF
1995年 スワローズ優勝の瞬間、2年ぶりの王座奪還、胴上げ投手はテリー・ブロス、最後の打者は松井秀喜 pic.twitter.com/0J9jwv3JHH
1995年 秋山幸二が郭泰源からホームラン pic.twitter.com/8CH5e4NNy9
1995年 優勝決定試合、イチローのホームラン pic.twitter.com/6LkMAW60bv
1995年 ブルーウェーブ優勝の瞬間、胴上げ投手は平井正史、11年ぶり、「がんばろうKOBE」を形に pic.twitter.com/143s3N31H6
1995年 日本シリーズ第1戦、イチローの好返球、真中満のホームインを阻止 pic.twitter.com/qTqloI2bMX
1995年 日本シリーズ第1戦、大野雄次の代打ダメ押し2ランホームラン、左殺しの本領発揮 pic.twitter.com/sv7FKrEsjH
1995年 日本シリーズ第2戦、石井一久がイチローに死球 pic.twitter.com/eW3Nb6RJiX
1995年 日本シリーズ第2戦、延長11回、トーマス・オマリーが平井正史から決勝ホームラン pic.twitter.com/Jll7rFTx5m
1995年 日本シリーズ第3戦、9回にヘンスリー・ミューレンが平井正史から起死回生の同点ホームラン pic.twitter.com/8GPlqPRq5u
1995年 日本シリーズ第3戦、延長10回、池山隆寛が平井正文からサヨナラ3ランホームラン pic.twitter.com/8z9v5tHDtn
1995年 日本シリーズ第4戦、1-0の1点ビハインドで迎えた8回、小川博文が起死回生の同点ホームラン、スワローズの4連勝での日本一を阻止 pic.twitter.com/eRP3Avowet
1995年 日本シリーズ第4戦、「小林-オマリーの14球」、延長11回裏1死一二塁、二塁走者生還ならサヨナラでスワローズの日本一決定という場面で小林宏がトーマス・オマリーから14球12分20秒を要し奪三振 pic.twitter.com/czDvfmI1px
1995年 日本シリーズ第4戦、延長12回、D・Jの決勝ホームラン、スワローズの4連勝での日本一を阻止 pic.twitter.com/KNMBTrCDAh
1995年 日本シリーズ第5戦、イチローがテリー・ブロスから先制ホームラン、高めのボール球を捉える pic.twitter.com/LjY0XuZ6n4
1995年 日本シリーズ第5戦、スワローズ日本一の瞬間、胴上げ投手は高津臣吾、2年ぶり pic.twitter.com/Tr9FathYTQ

1996年 最晩年の落合博満が佐々木主浩から9回に起死回生の同点ホームラン pic.twitter.com/kQ7z4LNdd4
1996年 最晩年の落合博満が宣銅烈からホームラン pic.twitter.com/RBTSuUpSzQ
1996年 最晩年の落合博満が山部太のインハイのボール球をとらえてホームラン pic.twitter.com/2dfoymZy2e
1996年 最晩年の落合博満が吉井理人から特大の決勝3ランホームラン pic.twitter.com/7YOvo8LWLo
1996年 最晩年の落合博満がテリー・ブロスの低めのストレートを逆転2ランホームラン、通算500号 pic.twitter.com/03yeuzlo4F
1996年 松井秀喜のサヨナラホームラン、この日2本目 pic.twitter.com/ftshLUAx2d
1996年 10.6決戦、ジャイアンツ優勝の瞬間、胴上げ投手は川口和久、最後の打者は2年前の10.8決戦と同じ立浪和義、2年ぶりの王座奪還、11.5ゲーム差を逆転する優勝で「メークドラマ」成る、ナゴヤ球場最後の公式戦 pic.twitter.com/V9XbyWpvey
1996年 タフィ・ローズが潮崎哲也からサヨナラ満塁ホームラン pic.twitter.com/G0LljkPX09
1996年 優勝決定試合、1点ビハインドの9回2死、D・Jが起死回生の同点ホームラン pic.twitter.com/ADlcSH6NhD
1996年 ブルーウェーブ優勝の瞬間、延長10回にイチローのサヨナラタイムリーで大島公一が一塁から長駆ホームインして優勝決定、連覇 pic.twitter.com/f2dYtJNSW2
1996年 日本シリーズ第1戦、3-1の1点ビハインドで迎えた9回、大森剛が鈴木平から起死回生の代打同点2ランホームラン、アウトローのシンカーを捉えてバックスクリーン左へ pic.twitter.com/xeq1FEZU6R
1996年 日本シリーズ第1戦、延長10回、イチローの決勝ホームラン pic.twitter.com/QBWb2b50ZH
1996年 日本シリーズ第2戦、イチローのヒットと大島公一の好走塁 pic.twitter.com/J008bv9f57
1996年 日本シリーズ第5戦、ブルーウェーブが3回に5点を奪う猛攻 pic.twitter.com/o4PEeQDg41
1996年 日本シリーズ第5戦、ブルーウェーブ日本一の瞬間、胴上げ投手は鈴木平 pic.twitter.com/lg32f12lis

1997年 元木大介が今中慎二からホームラン pic.twitter.com/s0M1dudOpG
1997年 池山隆寛がバックスクリーンへ勝ち越しホームラン pic.twitter.com/jg8Ml1DYlz
1997年 スワローズ優勝の瞬間、2年ぶりの王座奪還、胴上げ投手は吉井理人、最後の打者は桧山進次郎 pic.twitter.com/TsbMjufI5q
1997年 イチローの2打席連続ホームラン、1本目は満塁ホームラン pic.twitter.com/QwkUbH1gem
1997年 ライオンズ優勝の瞬間、延長10回鈴木健のサヨナラホームランで優勝決定、3年ぶりの王座奪還 pic.twitter.com/ulCLTKuPDo
1997年 日本シリーズ第2戦、一死満塁からドゥエイン・ホージーのバットのグリップエンドに当たった球をキャッチャーの伊東勤が追った結果ホームベースががら空きに、三塁ランナーの宮本慎也がホームインし同点、記録は伊東のフィルダース・チョイス pic.twitter.com/sgyvl8K01K
1997年 日本シリーズ第2戦、延長10回、1死三塁のピンチで森慎二が稲葉篤紀から奪三振、ストレートとフォークのコンビネーション pic.twitter.com/DPLyuoBYEQ
1997年 日本シリーズ第3戦、3-3の同点で迎えた8回、古田敦也が渡辺久信から決勝ホームラン pic.twitter.com/56ImyAMDra
1997年 日本シリーズ第3戦、高津臣吾のタイムリーヒット pic.twitter.com/mhmmpi7W7J
1997年 日本シリーズ第4戦、松井稼頭央が古田敦也から盗塁 pic.twitter.com/jjNCexNgIb
1997年 日本シリーズ第4戦、スワローズの容赦ない攻撃、池山隆寛が隙を突いて三塁盗塁、直後に佐藤真一のダメ押し2ランホームラン pic.twitter.com/rgIOX20YAS
1997年 日本シリーズ第5戦、池山隆寛が西口文也から先制2点タイムリー pic.twitter.com/oGRsb3JM7I
1997年 日本シリーズ第5戦、スワローズ日本一の瞬間、胴上げ投手は高津臣吾、2年ぶり、90年代4度目の出場で3度目の日本一 pic.twitter.com/e5WDi8MgpA

1998年 大豊泰昭が9回2死2ストライクから起死回生の代打同点3ランホームラン pic.twitter.com/JzaefGKVNA
1998年 8回、高橋由伸が大野豊から逆転3ランホームラン pic.twitter.com/J8bcU8Nf72
1998年 緒方孝市が斎藤雅樹から勝ち越し2ランホームラン pic.twitter.com/wUNBG9IJqg
1998年 斎藤雅樹がスライダーの連投で江藤智から奪三振 pic.twitter.com/hILhTR4CIf
1998年 江藤智の満塁ホームラン pic.twitter.com/p6NgXxYBik
1998年 江藤智の同点2ランホームラン pic.twitter.com/Dh8EpXfUxq
1998年 江藤智の2ランホームラン、3打席連発、この試合8打点 pic.twitter.com/aSVFrGgIN7
1998年 佐々木主浩が江藤智から落差抜群のフォークで奪三振 pic.twitter.com/dvInvcoEO8
1998年 ベイスターズ優勝の瞬間、胴上げ投手は佐々木主浩、最後の打者は新庄剛志、38年ぶり pic.twitter.com/eFiAt4oAZ0
1998年 小笠原道大の盛田幸妃から代打同点2ラン、プロ入り初ホームラン、高めのボール球を捉える pic.twitter.com/BRibdaqJJr
1998年 タフィ・ローズの勝ち越しホームラン pic.twitter.com/L3hA1R0Ec5
1998年 タフィ・ローズのスタンディングダブル pic.twitter.com/N5428TX5EO
1998年 タフィ・ローズの盗塁 pic.twitter.com/6jBraKbofg
1998年 タフィ・ローズが内野ゴロで本塁突入しキャッチャーの伊東勤にタックル、ピッチャーのデニーがエキサイトし乱闘に pic.twitter.com/y9BJpqgTy5
1998年 フリオ・フランコ、初芝清、佐藤幸彦の3者連続ホームラン、フランコは先制3ラン、佐藤はランニングホームラン、岩本勉は初回5失点 pic.twitter.com/of42DFwu1I
1998年 「七夕の悲劇」、16連敗中のマリーンズは2点リードで9回2死までこぎつけるが黒木知宏がハービー・プリアムに同点2ランホームランを被弾、139球目、試合は延長へ pic.twitter.com/EpSrmq7ae6
1998年 「七夕の悲劇」、延長12回、広永益隆の代打満塁サヨナラホームラン、マリーンズはNPBワースト記録を更新する17連敗、翌日も破れ記録は18まで伸びる pic.twitter.com/hwHbbDZoHO
1998年 「七夕の悲劇」の2日後、マリーンズが勝利し連敗を18でとめる、小宮山悟は6失点完投勝利 pic.twitter.com/y2MnDFQTzt
1998年 初芝清の逆転3ランホームラン、前の打者マーク・キャリオン敬遠の後 pic.twitter.com/cFxqEyPIBx
1998年 ライオンズ優勝の瞬間、胴上げ投手は橋本武広、10ゲーム差を逆転して連覇、90年代7度目の優勝 pic.twitter.com/O6V0uUCHin
1998年 日本シリーズ第1戦、初回先頭打者の石井琢朗がセーフティバント成功で出塁 pic.twitter.com/QZjjN4WnZE
1998年 日本シリーズ第1戦、石井琢朗の初回の盗塁 pic.twitter.com/P36KMPvt2t
1998年 日本シリーズ第1戦、鈴木尚典が西口文也から先制タイムリーヒット pic.twitter.com/sEdH5YHnUx
1998年 日本シリーズ第1戦、石井琢朗が4回にも盗塁を決める pic.twitter.com/PXqw9TEwiB
1998年 日本シリーズ第1戦、鈴木尚典が西口文也から2打席連続タイムリー pic.twitter.com/ByxZ8Cfb7Y
1998年 日本シリーズ第1戦、ロバート・ローズが西口文也からタイムリーツーベース、イニング先頭から4連打、マシンガン打線が炸裂し西口をノックアウト pic.twitter.com/aPzz0UNk4R
1998年 日本シリーズ第1戦、小関竜也の三塁打 pic.twitter.com/FK5PhPxTDw
1998年 日本シリーズ第1戦、石井琢朗のファインプレー pic.twitter.com/DIVm1m5Q5o
1998年 日本シリーズ第1戦、高木大成のホームラン pic.twitter.com/kKbHk5PSZh
1998年 日本シリーズ第1戦、松井稼頭央のタイムリーヒット pic.twitter.com/44zKD71RtX
1998年 日本シリーズ第1戦、代打・金村義明のタイムリーツーベース pic.twitter.com/94NucDyLyj
1998年 日本シリーズ第1戦、谷繁元信が高木大成の三塁盗塁を阻止、ライオンズは4点ビハインドながら乱調の佐々木主浩を足で揺さぶりにかかるが策におぼれて佐々木を助ける pic.twitter.com/kTytw3tuvc
1998年 日本シリーズ第2戦、石井琢朗がまたも初回に盗塁 pic.twitter.com/bZzBARwzxd
1998年 日本シリーズ第2戦、鈴木尚典の2試合連続の先制タイムリーと盗塁 pic.twitter.com/eVj4D4D6qN
1998年 日本シリーズ第2戦、石井琢朗のホームラン pic.twitter.com/vYoq9CefA2
1998年 日本シリーズ第2戦、ロバート・ローズの2試合連続のタイムリーツーベース、マシンガン打線が炸裂し第1戦の西口文也につづいて豊田清もノックアウト pic.twitter.com/hemjIb2IUl
1998年 日本シリーズ第2戦、機材トラブルにより上空からの映像で中継 pic.twitter.com/5JweS27Elo
1998年 日本シリーズ第2戦、波留敏夫の盗塁 pic.twitter.com/u7yEOnRe5b
1998年 日本シリーズ第3戦、進藤達哉のミス、無死一二塁からバント処理した谷繁元信からの送球を捕球前に三塁ベースから足を離し一塁へ転送、併殺を取れず pic.twitter.com/aKAMLuKiL5
1998年 日本シリーズ第3戦、松井稼頭央の盗塁 pic.twitter.com/YdBHI8gIgJ
1998年 日本シリーズ第3戦、潮崎哲也が長い間合いと執拗な牽制で石井琢朗に走らせず pic.twitter.com/oCefWi7z6W
1998年 日本シリーズ第3戦、松井稼頭央が1死満塁から走者一掃の3点タイムリーツーベース pic.twitter.com/FkNhb87yls
1998年 日本シリーズ第3戦、谷繁元信が潮崎哲也からホームラン pic.twitter.com/gQuJvoKF7M
1998年 日本シリーズ第3戦、鈴木尚典が橋本武広からヒット pic.twitter.com/VRY75fpQ4c
1998年 日本シリーズ第4戦、中嶋聡の先制2ランホームラン pic.twitter.com/UzDka8BuO9
1998年 日本シリーズ第4戦、鈴木尚典の同点2ランホームラン pic.twitter.com/Ky7sIVolpa
1998年 日本シリーズ第4戦、石井貴のボーク、マウンド上で謎の回転 pic.twitter.com/x7hpMuHnE8
1998年 日本シリーズ第4戦、石井貴の気迫の投球、6回2死二塁で鈴木尚典をピッチャーゴロに討ち取る、すべて直球で追い込んで最後はスライダー pic.twitter.com/EJj6zvuyLt
1998年 日本シリーズ第4戦、ドミンゴ・マルティネスの決勝ホームラン、打球は場外へ pic.twitter.com/uFpgE80m4H
1998年 日本シリーズ第4戦、9回2死満塁、西崎幸広が佐伯貴弘から奪三振、4球すべて直球 pic.twitter.com/U2owsKnIQf
1998年 日本シリーズ第5戦、ロバート・ローズの先制タイムリーツーベース pic.twitter.com/YAgtH4jDTi
1998年 日本シリーズ第5戦、井上純のタイムリーツーベース pic.twitter.com/c87ZYVmfB3
1998年 日本シリーズ第5戦、2死満塁から駒田徳広が走者一掃の3点タイムリースリーベース pic.twitter.com/4rME6cb8Nb
1998年 日本シリーズ第5戦、ルディ・ペンバートンの代打ホームラン pic.twitter.com/8vXgT4crV4
1998年 日本シリーズ第5戦、マシンガン打線が大爆発、ベイスターズが8回、9回に計9安打10点を奪うの記録的猛攻、この試合20安打でシリーズ新記録 pic.twitter.com/anu5g0n8Ek
1998年 日本シリーズ第5戦・第6戦、大塚光二の6打数連続安打、当時のシリーズ記録 pic.twitter.com/FX03cdgdrk
1998年 日本シリーズ第6戦、松井稼頭央の三塁盗塁 pic.twitter.com/4WB9Nn0ouJ
1998年 日本シリーズ第6戦、0-0のスコアレスで迎えた5回1死二塁、西口文也が石井琢朗から奪三振、高めに浮いたチェンジアップをライト線に痛烈なファールの後インローにズバッとストレートで見逃し三振 pic.twitter.com/yKQBiLW1hl
1998年 日本シリーズ第6戦、0-0のスコアレスで迎えた8回2死ー二塁、駒田徳広が西口文也から決勝2点タイムリーツーベース、好投の西口をついに捉える pic.twitter.com/XVDNjXM7wv
1998年 日本シリーズ第6戦、ベイスターズ日本一の瞬間、胴上げ投手は佐々木主浩、38年ぶり、ライオンズは1点差に追い上げなお1死一二塁の場面で代打金村義明が初球を打って併殺打で万事休す pic.twitter.com/GFLGQt6EMw

1999年 村田善則のファインプレー pic.twitter.com/hJAPKaExMV
1999年 金本知憲がバルビーノ・ガルベスからホームラン pic.twitter.com/Pnk9wJDdaV
1999年 緒方孝市のホームラン pic.twitter.com/DVMXs3k0WC
1999年 今岡誠がバルビーノ・ガルベスから先制ホームラン、内角のボールになるシュートをさばいてレフトスタンド最前列へ pic.twitter.com/ZMQ4sFYjvE
1999年 大豊泰昭の代打サヨナラホームラン pic.twitter.com/0VWTlCG5mA
1999年 本拠地最終戦で山崎武司が逆転サヨナラ3ランホームラン、ドラゴンズの優勝マジックは5に pic.twitter.com/3kCsOhy0xH
1999年 優勝決定試合、井上一樹の決勝タイムリー pic.twitter.com/im0ph9zLmf
1999年 ドラゴンズ優勝の瞬間、胴上げ投手は宣銅烈、最後の打者はロベルト・ペタジーニ、11年ぶり pic.twitter.com/PWQUcyRZqR
1999年 黒木知宏がカーブと直球のコビネーションで小笠原道大から奪三振 pic.twitter.com/twmChuO5Hl
1999年 松坂大輔がプロ入り初登板で片岡篤史から奪三振、155km/hを計測 pic.twitter.com/R0SBBm1agJ
1999年 小笠原道大が松坂大輔からホームラン、シュート回転した直球を捉えてバックスクリーンへ pic.twitter.com/EWppMxQ4LM
1999年 松坂大輔がイチローとの初対決で3打席連続奪三振 pic.twitter.com/9qJDhubziX
1999年 イチローが松坂大輔からホームラン、通算100号 pic.twitter.com/hGDgMabuQR
1999年 中村紀洋が松坂大輔からホームラン、150km/hの直球を右中間スタンドへ pic.twitter.com/7qjuVTPL1a
1999年 イチローが金村曉からホームラン、長い間合いにも対応、NPB史上最速の通算1000安打、金村は3試合連続完封勝利を逃す pic.twitter.com/XJaSvjXMGM
1999年 松坂大輔が秋山幸二の顔面に死球 pic.twitter.com/PdG9CUI61z
1999年 秋山幸二が優勝決定試合で初回先頭打者ホームラン、頬骨を骨折中のためフェイスガードをつけてプレー pic.twitter.com/W1BkUWy2Eb
1999年 ホークス優勝決定試合で小久保裕紀が金村曉から同点ホームラン pic.twitter.com/3eGZH5mF1p
1999年 ホークス優勝決定試合で井口忠仁が金村曉から決勝ホームラン pic.twitter.com/dqW11E1UjX
1999年 ホークス優勝の瞬間、胴上げ投手はロドニー・ペドラザ、26年ぶり pic.twitter.com/2pPwPb3Iav
1999年 日本シリーズ第1戦、秋山幸二が野口茂樹から0-0の均衡を6回に破る先制ホームラン pic.twitter.com/J9FsBggwzC
1999年 日本シリーズ第1戦、メルビン・ニエベスが岩瀬仁紀から2点タイムリーツーベース、セカンドの頭上を破って右中間へ pic.twitter.com/aHBCJSeJlc
1999年 日本シリーズ第2戦、秋山幸二が川上憲伸から先頭打者ホームラン pic.twitter.com/GLsnIEwusq
1999年 日本シリーズ第3戦、秋山幸二が久慈照嘉の大飛球をフェンス際でスーパーキャッチしダブルプレー pic.twitter.com/uFjitG9m4P
1999年 日本シリーズ第3戦、城島健司の先制2ランホームラン、山本昌の低めのスライダーをすくい上げる pic.twitter.com/F7oAO0rYCL
1999年 日本シリーズ第5戦、城島健司の勝ち越し2点タイムリーツーベース pic.twitter.com/JDP5LD57Ir
1999年 日本シリーズ第5戦、レオ・ゴメスのホームラン pic.twitter.com/hFctt1AKJe
1999年 日本シリーズ第5戦、ホークス日本一の瞬間、胴上げ投手はロドニー・ペドラザ、35年ぶり pic.twitter.com/QB8HhfVQkc

2000年 春季キャンプ、長嶋茂雄監督の自己演出、江藤智にノックをする際にウィンドブレイカーを脱いで現役時代以来の背番号3を見せる pic.twitter.com/mOGCFw3ZHq
2000年 松井秀喜、ドミンゴ・マルティネスが佐々岡真司から連続ホームランで同点、松井の打球は場外へ pic.twitter.com/xVObZRb7Ym
2000年 ドミンゴ・マルティネスが斎藤隆から満塁ホームラン pic.twitter.com/JEBxhYGRpI
2000年 松井秀喜が黒田博樹からサヨナラホームラン、ジャイアンツの優勝マジックは11に pic.twitter.com/gXEDAkKhTu
2000年 優勝決定試合、4点ビハインドでむかえた9回1死、江藤智がエディ・ギャラードから起死回生の同点満塁ホームラン、直後に二岡智宏がサヨナラホームラン、ジャイアンツ優勝決定 pic.twitter.com/PmXagolXF2
2000年 開幕戦、秋山幸二が黒木知宏から先頭打者ホームラン pic.twitter.com/k8xXbUDMvc
2000年 ホークス優勝の瞬間、胴上げ投手はロドニー・ペドラザ、最後の打者はジョージ・アリアス、連覇 pic.twitter.com/3dREjuRxGO
2000年 日本シリーズ第1戦、松井秀喜のファインプレー、初回先頭打者の初球、柴原洋のヒット性の打球を好捕 pic.twitter.com/OPdOuAxvN7
2000年 日本シリーズ第1戦、松井秀喜の先制2ランホームラン pic.twitter.com/jIpCD80DVC
2000年 日本シリーズ第1戦、城島健司が工藤公康からホームラン、低めのボール球を左手一本ですくい上げる pic.twitter.com/hqBLdlVVNB
2000年 日本シリーズ第1戦、松中信彦が工藤公康から同点2ランホームラン pic.twitter.com/CMNUbLA2Nx
2000年 日本シリーズ第1戦、3-3の同点で迎えた9回、メルビン・ニエベスが槙原寛己から代打決勝ホームラン、照明下の壁を直撃する特大の一発 pic.twitter.com/znXdfsMQjT
2000年 日本シリーズ第1戦、4-3の1点リードで迎えた1死一三塁の場面で城島健司がスクイズを敢行、清原和博が処理してバックホーム、村松有人の本塁突入を村田真一がブロックして阻止 pic.twitter.com/Bi4cFh1kbP
2000年 日本シリーズ第2戦、5回、柴原洋のタイムリーヒット、仁志敏久はダイブしてグラブに当てるも及ばず、ジャイアンツは3-0でリードしながら無死ニ三塁から1死をとったあと1点もやらない内野前進守備をを敷いたことが裏目に、結局この回6点を失う pic.twitter.com/MjqFEPyQeu
2000年 日本シリーズ第2戦、城島健司の2ランホームラン、2試合連続、この日4打点 pic.twitter.com/Vom9IOXI7d
2000年 日本シリーズ第3戦、城島健司が上原浩治からホームラン、抜けたフォークを完璧に捉えてバックスクリーンへ、初戦から3試合連続ホームラン pic.twitter.com/G9Ack05ze7
2000年 日本シリーズ第3戦、仁志敏久のスーパープレー、2回、3-3の同点に追いつかれてなお2死二塁の場面で村松有人の一二塁間の打球に追いつき、一塁送球をあきらめ二塁走者・柴原洋の本塁突入を察知してツーバウンドでバックホームしアウト、打線の勢いに呑まれかけた上原浩治を救う pic.twitter.com/0KFQ13ba2x
2000年 日本シリーズ第3戦、松井秀喜のダメ押し2ランホームラン pic.twitter.com/pyukEp945U
2000年 日本シリーズ第4戦、メルビン・ニエベスが斎藤雅樹から同点ホームラン pic.twitter.com/agrdArG308
2000年 日本シリーズ第4戦、江藤智の決勝ホームラン pic.twitter.com/xYCdSl3kyq
2000年 日本シリーズ第4戦、斎藤雅樹が4回1死一二塁のピンチに城島健司、秋山幸二から連続奪三振。内角のシンカーと外角のカーブで翻弄 pic.twitter.com/kWpXSmy6Sy
2000年 日本シリーズ第4戦、仁志敏久のスーパープレー、松中信彦の打球方向と脚力を計算したポジショニングでライトの手前で打球に追いつき一塁に遠投しアウト、松中は一塁にヘッドスライディングするも及ばず pic.twitter.com/HYpu7ubmGJ
2000年 日本シリーズ第6戦、仁志敏久の同点タイムリーツーベース、一塁走者・ピッチャーのダレル・メイが長駆ホームイン pic.twitter.com/GOn7dih0E7
2000年 日本シリーズ第6戦、松井秀喜の2ランホームラン pic.twitter.com/JS1CCnZXOt
2000年 日本シリーズ第6戦、松井秀喜の2点タイムリーツーベース pic.twitter.com/EIfmzpn85P
2000年 日本シリーズ第6戦、城島健司のホームラン、今シリーズ4本目でシリーズタイ記録 pic.twitter.com/e7GLsdl1V7
2000年 日本シリーズ第6戦、高橋由伸のスーパーキャッチ、1死一二塁のピンチに井口資仁の大飛球をフェンス際で好捕、中継の仁志敏久が一塁に転送してダブルプレー、一塁ランナーの城島健司は6点ビハインドで飛び出してしまう判断ミス pic.twitter.com/fxFRnihSWr
2000年 日本シリーズ第6戦、ジャイアンツ日本一の瞬間、胴上げ投手は岡島秀樹、6年ぶり pic.twitter.com/zFMYqzxtiL

2001年 開幕戦、阿部慎之助がプロ初打席で星野伸之から2点タイムリーツーベース pic.twitter.com/48xbwbOTYE
2001年 開幕戦、清水隆行の満塁ホームラン、弾丸ライナーが一直線にライトスタンド最前列へ、ジャイアンツは17-3の記録的大勝。 pic.twitter.com/JtvAs6pyE8
2001年 清原和博が3打席連続ホームランで9打点 pic.twitter.com/Qpe6v040CI
2001年 延長10回、松井秀喜の特大サヨナラホームラン pic.twitter.com/THlvr7OxK4
2001年 松井秀喜がシーズン最終盤に3打席連続ホームラン、しかしジャイアンツは11-10の大乱戦に敗れスワローズの優勝マジックは4に、逆転優勝は絶望的に pic.twitter.com/j48Yg3kTpi
2001年 スワローズ優勝の瞬間、4年ぶりの王座奪還、胴上げ投手は高津臣吾、最後の打者は谷繁元信 pic.twitter.com/0W3oc0vqdb
2001年 延長10回、サブローの満塁ホームラン pic.twitter.com/AC4zPantvc
2001年 「ボーリックナイト」、9-6の3点差で迎えた延長10回、フランク・ボーリックがロドニー・ペドラザから逆転サヨナラ満塁ホームラン、この日2本目のホームラン pic.twitter.com/HjqjGLtM73
2001年 小久保裕紀が大塚晶文から9回に起死回生の同点ホームラン pic.twitter.com/5vDCxwfVDb
2001年 タフィ・ローズが小林宏之から2ランホームラン、バファローズは9回に一挙8点を奪って大逆転勝利 pic.twitter.com/IqzbQyNN3m
2001年 最後の首位決戦、タフィ・ローズが松坂大輔から55号ホームラン、当時のNPBタイ記録 pic.twitter.com/b6i9MtTIVq
2001年 最後の首位決戦、9回2死、中村紀洋が松坂大輔から逆転サヨナラ2ランホームラン、バファローズの優勝が濃厚に、松坂は164球で力尽きる。 pic.twitter.com/L5TnHM9ncZ
2001年 日本シリーズ第1戦、アレックス・ラミレスの3ランホームラン pic.twitter.com/svJiDvX2RT
2001年 日本シリーズ第2戦、タフィ・ローズが五十嵐亮太のフォークをとらえて決勝3ラン pic.twitter.com/Q9XXP6WMgd
2001年 日本シリーズ第3戦、古田敦也のタイムリーヒット pic.twitter.com/ClONRSmu0r
2001年 日本シリーズ第3戦、真中満の2ランホームラン、大きなカーブを回転で捉える pic.twitter.com/YV8SGva0Zt
2001年 日本シリーズ第3戦、入来智がタフィ・ローズの内角を責めて見逃し三振を奪う pic.twitter.com/Wzuz0KoUYp
2001年 日本シリーズ第4戦、タフィ・ローズの先制ホームラン pic.twitter.com/Ga2FXevq8h
2001年 日本シリーズ第4戦、副島孔太の代打決勝ホームラン、アウトローの球を流し打ってレフトスタンド最前列へ pic.twitter.com/JzTcwJwoHt

2002年 前田智徳が山本昌から復活のホームラン、2年ぶり pic.twitter.com/6VoE5wUMO8
2002年 八木裕の代打逆転満塁ホームラン pic.twitter.com/PUTRAbFTsx
2002年 川上憲伸がノーヒットノーラン達成 pic.twitter.com/bEF5CLRHep
2002年 清原和博が開幕2試合連続ホームラン pic.twitter.com/J163Y2QjRR
2002年 高橋由伸、松井秀喜、清原和博がメルビン・バンチからホームラン pic.twitter.com/3yACLa6VT6
2002年 阿部慎之助が延長10回にサヨナラホームラン pic.twitter.com/ISQMJN1XAC
2002年 阿部慎之助が藤井秀悟から月間2本目のサヨナラホームラン pic.twitter.com/U3BRDk2tJY
2002年 9回2死、阿部慎之助が斉藤隆から起死回生の逆転サヨナラタイムリー、ジャイアンツの優勝マジックは9に pic.twitter.com/hjyoeP3GGg
2002年 ジャイアンツ優勝の瞬間、延長12回に前田幸長のワイルドピッチでタイガースにサヨナラ負けも、マジック対象チームのスワローズが敗れたため優勝決定 pic.twitter.com/KzCp8AGOPi
2002年 松井秀喜が五十嵐亮太からホームラン、150km/hのストレートを左中間スタンドへ、キャリア唯一の50本到達、NPB最後のホームラン pic.twitter.com/zj8IoILbZf
2002年 台湾天母棒球場で公式戦、小久保裕紀が金田政彦から右方向へホームラン pic.twitter.com/nMwSGRW5SM
2002年 松中信彦のサヨナラホームラン、台湾天母棒球場での公式戦 pic.twitter.com/TYcAyEtqs7
2002年 マリーンズ内野陣のトリプルプレー、ファースト福浦和也の好判断 pic.twitter.com/m3OAT8IEbE
2002年 中村紀洋が松坂大輔からバックスクリーン上の3階席に飛び込む特大ホームラン pic.twitter.com/O0QWSkNlEh
2002年 中村紀洋の決勝ホームラン pic.twitter.com/BSveDWFsvd
2002年 喜多隆志の強烈デビュー、2試合連続のサヨナラタイムリー、プロ入り初安打と2本目の安打がサヨナラ打、延長10回に森慎二から打った2本目 pic.twitter.com/N6Zh2OEKPZ
2002年 プレーオフ第1ステージ第3戦、アレックス・カブレラの逆転満塁ホームラン pic.twitter.com/bsaiAMaJqS
2002年 プレーオフ第1ステージ第3戦、9回1死、木元邦之が豊田清から起死回生の同点2ランホームラン、甘く入ったフォークを逃さず pic.twitter.com/php4imGdTG
2002年 プレーオフ第1ステージ第3戦、和田一浩のサヨナラホームラン、ライオンズが第2ステージに進出 pic.twitter.com/zHMgAoCD6s
2002年 日本シリーズ第1戦、清水隆行が松坂大輔から先制2ランホームラン pic.twitter.com/rpvMae3ZmJ
2002年 日本シリーズ第1戦、清原和博が松坂大輔から2ランホームラン、看板を直撃する大ホームラン pic.twitter.com/DrNGBrYDok
2002年 日本シリーズ第1戦、アレックス・カブレラが上原浩治からホームラン、つまりながらレフトスタンド最前列へ pic.twitter.com/IjBpEGnZSn
2002年 日本シリーズ第2戦、仁志敏久のトリックプレー pic.twitter.com/GsYFJe78zN
2002年 日本シリーズ第3戦、清原和博の同点ホームラン pic.twitter.com/kz0wCU72eD
2002年 日本シリーズ第3戦、松井秀喜のタイムリツーベース pic.twitter.com/2XaMtxzF17
2002年 日本シリーズ第3戦、二岡智宏の満塁ホームラン pic.twitter.com/PBnaEDs8E0
2002年 日本シリーズ第4戦、斉藤宜之が西口文也から先制2ランホームラン pic.twitter.com/gvixfkTZum
2002年 日本シリーズ第4戦、トム・エバンスの同点2ランホームラン pic.twitter.com/rIvQUOm9Km
2002年 日本シリーズ第4戦、斉藤宜之が松坂大輔から勝ち越しタイムリー、二塁走者の鈴木尚広が好走塁でホームイン pic.twitter.com/H261Y02685
2002年 日本シリーズ第4戦、後藤孝志が松坂大輔から2点タイムリースリーベース、ジャイアンツは第1戦に続きまたも松坂のストレートを攻略 pic.twitter.com/qlpD98bhF3
2002年 日本シリーズ第4戦、ジャイアンツ日本一の瞬間、胴上げ投手は河原純一、2年ぶり、4連勝での決着は12年ぶり pic.twitter.com/IKqK751Mne

2003年 古木克明のエラー、送球しようとした際に派手に転倒し暴投、味方のカバーで一塁走者のホームインは阻止 pic.twitter.com/Zu8loRIQh3
2003年 金城龍彦がフライの目測を誤るも奇跡的な捕球 pic.twitter.com/wi8h8yiTAw
2003年 高橋由伸がジェフ・ウィリアムスから起死回生の逆転サヨナラ2ランホームラン pic.twitter.com/BtQkqf3Ek1
2003年 阿部慎之助が三浦大輔から看板をかすめる推定飛距離150mの特大2ランホームラン pic.twitter.com/n5lm1ONBhV
2003年 古田敦也の4打数連続ホームラン pic.twitter.com/lzFCUV81HS
2003年 金本知憲のタイガース移籍第1号 pic.twitter.com/bBuOvbhwK5
2003年 矢野輝弘がエディ・ギャラードから逆転サヨナラ2ランホームラン、ターガースの優勝マジックは6に pic.twitter.com/N4GM5khNfP
2003年 矢野輝弘の夫人・裕子さん pic.twitter.com/V9Iu03CZmR
2003年 タイガース優勝の瞬間、赤星憲広のライトオーバーのサヨナラタームリーでデーゲームに勝利してマジック1、夜にマジック対象チームのスワローズが敗れて優勝決定、18年ぶり pic.twitter.com/gezb3C0lA5
2003年 アレックス・カブレラの満塁ホームラン、外角のスライダーを軽打して低い弾道でライトスタンドへ pic.twitter.com/NYj4ciBLAU
2003年 首位攻防戦、10-10でむかえた延長11回、アレックス・カブレラが決勝ホームラン高めの直球を捉えて弾丸ライナーでレフトポール際へ pic.twitter.com/EHUxvlXVDu
2003年 ホークス優勝の瞬間、13-10の乱戦を制す、胴上げ投手は篠原貴行、3年ぶり pic.twitter.com/5MVWhpXSQd
2003年 日本シリーズ第1戦、初回のピンチに斉藤和巳が広澤克実から奪三振、高めのストレートを振らせる pic.twitter.com/UVmK5C1AQM
2003年 日本シリーズ第1戦、村松有人が井川慶から先制タイムリーヒット pic.twitter.com/3WNjndztqf
2003年 日本シリーズ第1戦、川﨑宗則が井川慶から内野安打、一塁へヘッドスライディング pic.twitter.com/w9MNyFWOmc
2003年 日本シリーズ第1戦、片岡篤史のファインプレー、松中信彦の痛烈なライナーを好捕、三塁ランナーの川﨑宗則が飛び出してダブルプレー pic.twitter.com/YIndGP1uKB
2003年 日本シリーズ第1戦、矢野輝弘が斉藤和巳から2点タイムリースリーベース、斉藤は2死走者なしから連続四球の末逆転を許す pic.twitter.com/LwaatMDjrE
2003年 日本シリーズ第1戦、井口資仁の勝ち越しタイムリーヒット pic.twitter.com/BIk5rujyEo
2003年 日本シリーズ第1戦、フリオ・ズレータが左中間へのサヨナラタイムリーヒット、前進守備を敷いていたセンターの赤星憲広は懸命にダイブするが及ばず pic.twitter.com/CHaFrNRB22
2003年 日本シリーズ第2戦、鳥越裕介が伊良部秀輝から満塁の走者を一掃する先制3点タイムリーツーベース pic.twitter.com/a23r7c80DV
2003年 日本シリーズ第2戦、川﨑宗則が伊良部秀輝からタイムリースリーベース、ホークスは6連打、ダイハード打線爆発 pic.twitter.com/BLCkFvuJsP
2003年 日本シリーズ第2戦、城島健司が伊良部秀輝からホームラン、2試合連続 pic.twitter.com/EEKWnOshNv
2003年 日本シリーズ第2戦、フリオ・ズレータの3ランホームラン、レフトスタンド最上段へ pic.twitter.com/5sCqE8Kf0I
2003年 日本シリーズ第2戦、ペドロ・バルデスの3ランホームラン、13点目、ダイハード打線大爆発 pic.twitter.com/f2U61TFMlk
2003年 日本シリーズ第3戦、ピッチャーのトレイ・ムーアが和田毅からヒット、野手顔負けの流し打ち pic.twitter.com/KukUlnpX2M
2003年 日本シリーズ第3戦、金本知憲が和田毅から同点ホームラン、失投を逃さずバックスクリーンへ pic.twitter.com/Eq3kYaQ6AD
2003年 日本シリーズ第3戦、藤本敦士が篠原貴行からサヨナラ犠牲フライ pic.twitter.com/Tqr9SJjMJl
2003年 日本シリーズ第4戦、桧山進次郎の先制2点タイムリーツーベース pic.twitter.com/CHg7ulcbNC
2003年 日本シリーズ第4戦、金本知憲の6回のホームラン、アウトローのストレートをバックスクリーンへ pic.twitter.com/PynhDadHJq
2003年 日本シリーズ第4戦、松中信彦の7回の激走、レフト線への当たりでツーベース、続く城島健司のタイムリーヒットで本塁に生還 pic.twitter.com/izuODUvAMV
2003年 日本シリーズ第4戦、9回に新垣渚からジョージ・アリアスが起死回生の同点タイムリー pic.twitter.com/8iodh9U2Fl
2003年 日本シリーズ第4戦、5-4で迎えた9回1死一塁の場面で金本知憲が盗塁 pic.twitter.com/jr0OjxxcnV
2003年 日本シリーズ第4戦、延長10回、金本知憲が新垣渚からサヨナラホームラン、わずかに甘く入った縦スライダーを捉え弾丸ライナーで右中間スタンド最前列へ、この試合2本目、タイガースは2試合連続のサヨナラ勝ちで2勝2敗のタイにもちこむ pic.twitter.com/Rsgw7XDKen
2003年 日本シリーズ第5戦、金本知憲が斉藤和巳からホームラン、高めのボール球を捉える、前試合から2打席連続、本拠地3試合で4本目のホームラン pic.twitter.com/dMNbSXwSBq
2003年 日本シリーズ第5戦、ペドロ・バルデスが下柳剛から逆転2ランホームラン pic.twitter.com/UdNBC4bskX
2003年 日本シリーズ第5戦、藤本敦士のファインプレー pic.twitter.com/uO2iYuX6Mj
2003年 日本シリーズ第5戦、6回2死満塁、桧山進次郎が斉藤和巳から逆転タイムリーヒット pic.twitter.com/Zf2nSIq1CR
2003年 日本シリーズ第6戦、井口資仁が伊良部秀輝から先制ツーランホームラン pic.twitter.com/CP95HwuxVT
2003年 日本シリーズ第6戦、桧山進次郎が杉内俊哉からホームラン pic.twitter.com/CQWx2700Um
2003年 日本シリーズ第6戦、岡本克道が金本知憲から奪三振、1ボール1ストライクから渾身のストレート2球 pic.twitter.com/7uHtvEudvX
2003年 日本シリーズ第7戦、松中信彦がトレイ・ムーアから先制2点タイムリーツーベース pic.twitter.com/tCoN6h3FWR
2003年 日本シリーズ第7戦、井口資仁がトレイ・ムーアから2ランホームラン pic.twitter.com/Fg2z5d7hhx
2003年 日本シリーズ第7戦、6-1の5点ビハインドで迎えた9回2死、広澤克実が和田毅から一矢を報いる代打ホームラン、現役最終打席 pic.twitter.com/5L8mo3uWuM
2003年 日本シリーズ第7戦、ホークス日本一の瞬間、胴上げ投手は和田毅、4年ぶり pic.twitter.com/qOYD1XVSMr

2004年 アレックス・ラミレスのランニングホームラン pic.twitter.com/NUfg8eIYpl
2004年 小久保裕紀がネイサン・ミンチーから2打席連続ホームラン pic.twitter.com/rnomgZQHT7
2004年 小久保裕紀の逆転2ランホームラン、左中間上段へ pic.twitter.com/jXErYRftUa
2004年 清原和博が五十嵐亮太の155km/hのストレートをホームラン pic.twitter.com/xlqRWI5mFW
2004年 金本知憲が川上憲伸から0-0の均衡を破るサヨナラホームラン pic.twitter.com/ixRctwdMJJ
2004年 金本知憲がドミンゴ・グスマンから逆転3ランホームラン pic.twitter.com/X7miw9YmWa
2004年 延長10回、タイロン・ウッズの逆転満塁サヨナラホームラン、8-7の大乱戦を制す pic.twitter.com/mvi4VdryCm
2004年 アレックス・オチョアが9回2死から起死回生の逆転サヨナラ3ランホームラン pic.twitter.com/kIkUF9UCeo
2004年 ドラゴンズ優勝の瞬間、延長12回の末カープに敗れるがマジック対象チームのスワローズが敗れて優勝決定、5年ぶり pic.twitter.com/wr84GEYDCJ
2004年 李承燁の来日第1号場外ホームラン、韓国語実況 pic.twitter.com/buSvfbYBVA
2004年 フリオ・ズレータとダン・セラフィニの大乱闘 pic.twitter.com/ZVf3fnHO57
2004年 中村紀洋がライトスタンドへの逆転2ランホームラン、通算300号 pic.twitter.com/1yr3ZXhl5i
2004年 延長11回、垣内哲也のサヨナラホームラン pic.twitter.com/iFzOOQ5JGq
2004年 プレーオフ進出がかかるシーズン最終盤、ファイターズが劇的大逆転勝利、12-9の3点ビハインドでむかえた9回、フェルナンド・セギノール、シャーマン・オバンドーのタイムリーで同点、最後はSHINJOがサヨナラ満塁ホームラン、走者追い越しでホームランは取り消しでシングルヒットに pic.twitter.com/huTDFijOxt
2004年 レギュラーシーズン最終戦、ベニー・アグバヤニ、マット・フランコ、李承燁が張誌家から3者連続ホームラン、マリーンズはこの試合に勝利してプレーオフ進出に望みをつなぐが、後日ファイターズが勝利し0.5ゲーム差で進出を逃す pic.twitter.com/Xik8nXrNDH
2004年 プレーオフ第2ステージ第5戦、ライオンズ優勝の瞬間、胴上げ投手は石井貴、2年ぶり、レギュラーシーズン2位からの逆転優勝 pic.twitter.com/X0TMhlgxpj
2004年 日本シリーズ第1戦、和田一浩が川上憲伸から先制ホームラン、内角のボールになるシュートをさばいてレフトポール際最前列へ pic.twitter.com/lwPLQ8iTt8
2004年 日本シリーズ第2戦、7回、立浪和義が松坂大輔から起死回生の同点3ランホームラン、149km/hのストレートを完璧に捉える pic.twitter.com/n9XstTxrOC
2004年 日本シリーズ第3戦、ライオンズのホームラン攻勢、ドミンゴ・グスマンからアレックス・カブレラ、中島裕之がホームラン pic.twitter.com/0QuxZOIc0p
2004年 日本シリーズ第3戦、谷繁元信の逆転満塁ホームラン pic.twitter.com/hzwKjr4l8b
2004年 日本シリーズ第3戦、アレックス・カブレラの決勝満塁ホームラン、場外へ、ドラゴンズは岡本真也の続投が裏目 pic.twitter.com/3qz7loQAeQ
2004年 日本シリーズ第6戦、和田一浩が山本昌から逆転2ランホームラン、粘った末に10球目の高めのボール球を捉える pic.twitter.com/vm4uZuM0tL
2004年 日本シリーズ第6戦、和田一浩の8回のホームラン、2打席連続 pic.twitter.com/Znpe7pGTNz
2004年 日本シリーズ第7戦、ライオンズ日本一の瞬間、胴上げ投手は豊田清、12年ぶり pic.twitter.com/ZUSaxSrbUj

2005年 石井琢朗のファインプレー pic.twitter.com/FxkfUUc8bZ
2005年 荒木雅博の好走塁、井端弘和のセンター前ヒットで二塁走者に続いて一塁から一気に本塁へ突入、ボールはゲーブ・キャプラーから中継の仁志敏久に渡りバックホームされるがキャッチャー阿部慎之助のタッチをかいくぐって手でベースをタッチしホームン、同点 pic.twitter.com/dn2wVu0Xvr
2005年 タフィ・ローズがジェフ・ウィリアムスから決勝3ランホームラン pic.twitter.com/QGh6qVHVSt
2005年 金本知憲が延長10回にサヨナラホームラン、ファイターズ10連敗 pic.twitter.com/bnVwVu9zZZ
2005年 金本知憲敬遠の後、今岡誠の決勝3ランホームラン、続いて桧山進次郎も2者連続ホームラン pic.twitter.com/ETZfxgWF73
2005年 タイガース優勝の瞬間、2年ぶりの王座奪還、胴上げ投手は久保田智之、最後の打者は阿部慎之助 pic.twitter.com/ZKFL1kRaTG
2005年 松中信彦の特大ホームラン、インハイのボール球をライトスタンド上段へ pic.twitter.com/wJvyk3jUL9
2005年 松中信彦が松坂大輔から3発のホームラン、3本目はサヨナラホームラン pic.twitter.com/xVzM2xNDlV
2005年 清水直行から松中信彦、城島健司、フリオ・ズレータの3者連続ホームラン pic.twitter.com/ThfSVxYZnI
2005年 アレックス・カブレラのサヨナラホームラン、右中間スタンドへの弾丸ライナー pic.twitter.com/lMjYzQmqSL
2005年 アレックス・カブレラが小林宏之から先制ホームラン、史上最速の通算200号 pic.twitter.com/znmJqkNkW9
2005年 西口文也が9回2死まで無安打無得点ピッチングも清水隆行にホームランを浴びノーヒットノーランならず、次の打者を抑えて1失点完投勝利、あと一歩で記録を逃したのは自身2度目 pic.twitter.com/XR2VS3PZ4I
2005年 諸積兼司のスーパーキャッチ pic.twitter.com/LaYLDMRW4Z
2005年 プレーオフ第2ステージ第5戦、8回、里崎智也が馬原孝浩から逆転タイムリーツーベース pic.twitter.com/FGbMDxNyLm
2005年 プレーオフ第2ステージ第5戦、マリーンズ優勝の瞬間、31年ぶり、レギュラーシーズン2位からの逆転優勝、ホークスはプレーオフ制度導入後2年連続でレギュラーシーズン1位から優勝を逃す pic.twitter.com/zVLhRoavoD
2005年 日本シリーズ第1戦、西岡剛のプッシュバント pic.twitter.com/GJ2UxXnbgD
2005年 日本シリーズ第1戦、濃霧の7回、里崎智也とベニー・アグバヤニのホームラン pic.twitter.com/fKNrsh9oeh
2005年 日本シリーズ第1戦・第2戦、今江敏晃の8打席連続ヒット、シリーズ記録(8打数連続安打もシリーズ記録) pic.twitter.com/4AtzQ8UIsV
2005年 日本シリーズ第2戦、6回、サブロー、マット・フランコの連続ホームラン pic.twitter.com/Op6RUGjCTR
2005年 日本シリーズ第2戦、8回、橋本将のタイムリースリーベース pic.twitter.com/36QgnwoThw
2005年 日本シリーズ第3戦、7回、マリーンズ打線が藤川球児を攻略、無死1塁から今江敏晃が右中間二塁打、代打マット・フランコが四球、代打の橋本将がセンター前2点タイムリーヒット pic.twitter.com/XyoPMjS2hv
2005年 日本シリーズ第3戦、7回、福浦和也の満塁ホームラン pic.twitter.com/trej6MqWlL
2005年 日本シリーズ、李承燁の3本のホームラン、うち2本は左投手から pic.twitter.com/RogPEVFTjn
2005年 日本シリーズ第4戦、矢野輝弘の痛恨の2打席連続併殺、6回は3-2の1点差に追い上げなお1死一三塁の場面でショートゴロ併殺打、9回は無死1塁の場面で送りバントが小フライとなり久慈照嘉が戻れず併殺、タイガースはこの試合4併殺、矢野はシリーズ敢闘選手賞を獲得する孤軍奮闘も最後に苦杯を飲む pic.twitter.com/oweilhoo3p
2005年 日本シリーズ第4戦、マリーンズ日本一の瞬間、胴上げ投手は小林雅英、31年ぶり、1度もリードを許すことなくストレート4連勝は日本シリーズ史上初 pic.twitter.com/EfOAzdtxKS
2005年 アジアシリーズ決勝、渡辺正人のホームラン pic.twitter.com/IrIpDsIyMq

2006年 堀北真希の始球式 pic.twitter.com/V8nIwciODP
2006年 佐伯貴弘の判断ミス、1-1の同点で迎えた9回1死満塁で前進守備を敷いていたがファーストゴロを捕球後一塁ベースを踏んだ後バックホームして間に合わず三塁ランナー鈴木尚広の生還を許し決勝点を献上 pic.twitter.com/7nLy9xYU6Q
2006年 石原慶幸のスクイズ失敗、ウェストされたボールにジャンプしてあてようとするが空振り pic.twitter.com/UpQGlOmf0P
2006年 二岡智宏が2打席連続満塁本塁打を含む3本塁打10打点の大爆発 pic.twitter.com/icVNv1X4SK
2006年 清水隆行のサヨナラホームラン pic.twitter.com/kStP5utCoL
2006年 立浪和義が上原浩治からサヨナラ満塁ホームラン pic.twitter.com/JIKAhrs6bO
2006年 山本昌がノーヒットノーラン達成 pic.twitter.com/kxjCfko9BE
2006年 優勝決定試合、タイロン・ウッズの先制3ランホームラン、右中間スタンド上の看板を直撃 pic.twitter.com/WKsVHEOJvT
2006年 優勝決定試合、延長12回、福留孝介の勝ち越しタイムリーヒットとタイロン・ウッズのダメ押し満塁ホームラン。ウッズはこの日2本塁打7打点 pic.twitter.com/6boaVTJRfD
2006年 ドラゴンズ優勝の瞬間、2年ぶりの王座奪還、胴上げ投手は岩瀬仁紀 pic.twitter.com/HuNJuLJTyA
2006年 アレックス・カブレラの3打席連続ホームラン pic.twitter.com/kTlMGh9qU9
2006年 アレックス・カブレラが加藤大輔から代打逆転満塁ホームラン pic.twitter.com/i8r9m51x3W
2006年 最晩年の清原和博がマーク・クルーンから逆転満塁サヨナラホームラン pic.twitter.com/DzEI8bg030
2006年 山崎武司の逆転満塁ホームラン、甘いスライダーを豪快にレフトポール際へ、完封ペースの涌井秀章を8回に一気に崩す pic.twitter.com/JwX0X76sYy
2006年 マリーンズの常識破りの攻撃、延長10回表無死一塁から根元俊一がバスターエンドランをきめる pic.twitter.com/D7mkzpnzJQ
2006年 青野毅の強烈デビュー、プロ入り第1号満塁ホームランと第2号満塁ホームラン、NPB史上初 pic.twitter.com/orIzKtGKZE
2006年 プレーオフ第1ステージ第2戦、松中信彦のダメ押し3ランホームラン pic.twitter.com/9EVSmdNcYc
2006年 ファイターズ優勝の瞬間、プレーオフ第2ステージ第2戦、稲葉篤紀の打球をセカンドの仲澤忠厚が好捕するが二塁へのトスがわずかにそれ、その間に森本稀哲が生還、1-0でサヨナラ勝ち、好投の斉藤はマウンドに崩れ落ちる pic.twitter.com/G7RSHFMnIE
2006年 日本シリーズ第2戦、井端弘和の同点ホームラン pic.twitter.com/eYLGKEBtF3
2006年 日本シリーズ第2戦、タイロン・ウッズのファインプレー pic.twitter.com/271RIfcHoM
2006年 日本シリーズ第2戦、フェルナンド・セギノールのダメ押し2ランホームラン pic.twitter.com/3Rnap1huXu
2006年 日本シリーズ第3戦、小笠原道大の逆転2点タイムリー pic.twitter.com/npfXiPCTjb
2006年 日本シリーズ第3戦、稲葉篤紀のダメ押し3ランホームラン、低めのボール球になるカーブをすくいあげてバックスクリーン右へ pic.twitter.com/txvfkecdGn
2006年 日本シリーズ第4戦、森本稀哲の三塁打 pic.twitter.com/rre6raMUAZ
2006年 日本シリーズ第4戦、田中賢介の先制タイムリーツーベース pic.twitter.com/hM4PSBzqW2
2006年 日本シリーズ第4戦、稲葉篤紀の2点タイムリーツーベース、一塁走者フェルナンド・セギノールが激走し長駆ホームイン pic.twitter.com/Ncm7Xq62Ki
2006年 日本シリーズ第5戦、金子誠の同点スクイズ、三塁ランナー稲田直人がホームイン pic.twitter.com/T18uC47zVv
2006年 日本シリーズ第5戦、フェルナンド・セギノールが川上憲伸から決勝2ランホームラン、6回1死三塁、犠牲フライでも勝ち越しの場面で内角にくい込んでくるカットボールをコンパクトに振りぬく pic.twitter.com/NTRGkrrJKd
2006年 日本シリーズ第5戦、稲葉篤紀のダメ押しホームラン pic.twitter.com/BGyBcM3uYd
2006年 日本シリーズ第5戦、ファイターズ日本一の瞬間、胴上げ投手はMICHEAL、44年ぶり、北海道移転後初 pic.twitter.com/kQohdwnCzf

2007年 高橋由伸の開幕戦初球先頭打者ホームラン pic.twitter.com/3ajSmxNKnL
2007年 タフィー・ローズの2ランホームラン、高宮和也は5点リードでの登板にも関わらず攻めの姿勢が見られない投球で四球の後被弾、1死もとれずに降板 pic.twitter.com/wAV5zWQnfg
2007年 代打・下山真二のタイムリーヒット、那須野巧は自慢のストレートを生かせず攻めの姿勢が感じられない投球で失点 pic.twitter.com/vnJK0iMBt6
2007年 佐伯貴弘のサヨナラ3ランホームラン pic.twitter.com/u8bjrGVfDl
2008年 アレックス・ラミレスの先制ホームラン、低めの変化球をすくい上げて左中間へ、通算200号 pic.twitter.com/MojEAJAIRF
2007年 アレックス・ラミレスが福盛和男から逆転2ランホームラン、9回2死から起死回生の一発、外角の直球をライトスタンドへ pic.twitter.com/fUCiv1Z6xg
2007年 アレックス・ラミレスがダルビッシュ有から同点ホームラン、内角に鋭くくい込む140km/hのツーシームを完璧に捉える、松山坊ちゃんスタジアム pic.twitter.com/f3LjmjyOpb
2007年 アレックス・ラミレスのダメ押し3ランホームラン、高めの速球を引っ張ってレフトポールに直撃、この試合3安打2本塁打6打点、山口西京スタジアム pic.twitter.com/7J9IBBCqlH
2007年 アレックス・ラミレスが中田賢一から同点3ラン、外角の高速スライダーをライトポール際へ pic.twitter.com/6XwvRo7dN8
2007年 アレックス・ラミレスの逆転2ランホームラン、失投を逃さず左中間へ pic.twitter.com/mMJdnrC7Uf
2007年 延長11回にアレックス・ラミレスがサヨナラホームラン、4時間30分、12-10の乱戦を制しスワローズ7連勝 pic.twitter.com/QdgHkW9ou8
2007年 桧山進次郎の代打満塁ホームラン、タイガースは2回終了時点で7-0の7点ビハインドから大逆転勝利 pic.twitter.com/BlGoszPmLV
2007年 ジャイアンツ優勝の瞬間、1点ビハインドの9回2死満塁、清水隆行の内野安打と宮本慎也のエラーで逆転サヨナラ勝ちで優勝決定、5年ぶり pic.twitter.com/0xGHkzbloX
2007年 村田修一が引退登板の佐々岡真司に完全に引導を渡すホームラン、高めのボール球をフルスイングして左中間スタンド中段へ pic.twitter.com/Ji5nKGh0wc
2007年 クライマックスシリーズ・ファイナルステージ第3戦、代走で出場した古城茂幸の判断ミス、平凡なレフトフライで飛び出し帰塁できずダブルプレー pic.twitter.com/boLZWZqLiC
2007年 開幕戦、フリオ・ズレータがダルビッシュ有から同点満塁ホームラン、シュート回転して真ん中に入ったストレートを完璧に捉えてバックスクリーン左へ、7m/sの逆風をものともせず pic.twitter.com/fFnP3foknU
2007年 野村克則コーチと岩隈久志が口論 pic.twitter.com/lYk5PePTFd
2007年 タフィ・ローズが西村健太朗から2ランホームラン pic.twitter.com/0esxr1ey1Y
2007年 タフィ・ローズの2打席連続ホームラン pic.twitter.com/0wvFkmUYT7
2007年 タフィ・ローズが延長11回に馬原孝浩からサヨナラホームラン、アウトローの剛速球をレフトスタンドへ pic.twitter.com/bhaATiTYqX
2007年 アレックス・カブレラがランス・カーターから起死回生の逆転サヨナラ2ランホームラン、外角に逃げていくカットボールを弾丸ライナーでライトポール際へ pic.twitter.com/sG7l5KMvyq
2007年 小久保裕紀が中田賢一から満塁ホームラン、内角の速球を完璧に捉える pic.twitter.com/m9tBPquro5
2007年 9回裏1死満塁から山崎武司のショートゴロ併殺崩れでイーグルスサヨナラ勝ち、山崎は一塁を駆け抜けた後倒れこむ激走 pic.twitter.com/PrMj5Lr8yR
2007年 日本シリーズ第1戦、川上憲伸のファインプレー、飛んできた折れたバットをよけ打球を処理 pic.twitter.com/gn2zKGEW86
2007年 日本シリーズ第1戦、荒木雅博のファインプレー、田中賢介のセフティバントを処理して一塁へグラブトス pic.twitter.com/ugLF96JN8n
2007年 日本シリーズ第3戦、初回にドラゴンズ打線が大爆発、タイロン・ウッズ、中村紀洋、李炳圭、平田良介、谷繁元信、荒木雅博、井端弘和が7打数連続安打のシリーズ記録、この回7点をあげ早々に試合を決める pic.twitter.com/SR6kjHgo8M
2007年 日本シリーズ第5戦、荒木雅博のファインプレー pic.twitter.com/O9Pp7uSh6W
2007年 日本シリーズ第5戦、中村紀洋のファインプレー pic.twitter.com/C0qYvSsHDb
2007年 日本シリーズ第5戦、1-0の1点リードで迎えた9回、落合博満監督は8回までパーフェクトピッチングの山井大介に代えてクローザーの岩瀬仁紀を回の頭から投入 pic.twitter.com/9W7tlvXFUy
2007年 日本シリーズ第5戦、ドラゴンズ日本一の瞬間、53年ぶり、前年の雪辱を果たす、胴上げ投手は岩瀬仁紀、先発の山井大介と岩瀬は継投による完全試合を達成 pic.twitter.com/qhPoApwSyk

2008年 金本知憲が9回に寺原隼人のアウトローの変化球をライトスタンドに逆転2ランホームラン pic.twitter.com/3GLH7TbsTV
2008年 金本知憲が涌井秀章の失投を逃さずバックスクリーンへのホームラン pic.twitter.com/2TeyTYgnT7
2008年 金本知憲が延長10回に藤田宗一から決勝3ランホームラン pic.twitter.com/f5E170jaTJ
2008年 矢野輝弘のサヨナラホームラン pic.twitter.com/zrlEHO4bj3
2008年 新井貴浩のサヨナラホームラン pic.twitter.com/hNErMCQmrH
2008年 村田修一の逆転2ランホームラン、わずかに甘く入った低めのスライダーをセンターバックスクリーン左へ pic.twitter.com/gc9H2C9V7S
2008年 村田修一の大ホームラン、甘く入ったカーブを完璧に捉える pic.twitter.com/n1ufRjBa02
2008年 アレックス・ラミレスが工藤公康から場外ホームラン pic.twitter.com/zxpW5wIeLB
2008年 4-2の2点ビハインドの9回2死一塁で矢野謙次が盗塁死、試合終了、ジャインツの常識破りの奇襲は不発 pic.twitter.com/aD9U9ZPLRq
2008年 中村紀洋のサヨナラホームラン、石川県立野球場 pic.twitter.com/nzLDjLjX6o
2008年 中村紀洋が上原浩治から決勝ホームラン pic.twitter.com/gyXIQGXKnX
2008年 川上憲伸から高橋由伸、亀井義行、小笠原道大の3者連続ホームランでジャイアンツが4点差を一気に逆転(1/2) pic.twitter.com/NN5fnVre3B
2008年 川上憲伸から高橋由伸、亀井義行、小笠原道大の3者連続ホームランでジャイアンツが4点差を一気に逆転(2/2) pic.twitter.com/7d6iZLFH7d
2008年 中村紀洋が9回にマーク・クルーンから決勝3ラン、直前に落合博満監督がアドバイス、試合はドラゴンズが勝利してCS進出決定、ジャイアンツは逆転優勝に黄信号 pic.twitter.com/juKPj5ilCq
2008年 ジャイアンツ優勝の瞬間、スワローズを下してマジック1、マジック対象チームのタイガースが敗れて優勝決定、最大13ゲーム差を逆転しての「メークレジェンド」成る pic.twitter.com/ryelQqdXZg
2008年 開幕戦、柴原洋がドミンゴ・グスマンから逆転サヨナラ3ランホームラン、ドミンゴはクローザー転向後初登板で1死も取れず救援失敗 pic.twitter.com/U0cKXAC0aU
2008年 フリオ・ズレータの超特大ホームラン、天井から吊り下げられた照明を直撃、推定飛距離150m pic.twitter.com/s99KOACywo
2008年 ベニー・アグバヤニと細川亨の大乱闘 pic.twitter.com/KJcfLploJu
2008年 最晩年の江藤智が弾丸ライナーの先制ホームラン、これが現役最後のホームラン pic.twitter.com/o3H8IzPAMC
2008年 延長11回、赤田将吾のサヨナラ満塁ホームラン、4時間30分の死闘にピリオド pic.twitter.com/3tJzQJPIsv
2008年 G.G.佐藤が9回2死から起死回生の逆転サヨナラ2ランホームラン、外角のストレートを弾丸ライナーでライトポール際へ pic.twitter.com/aTXXYXQDkd
2008年 ヒラム・ボカチカのサヨナラ2ランホームラン pic.twitter.com/AoRGSuB0y2
2008年 ヒラム・ボカチカが9回に起死回生の同点3ランホームラン pic.twitter.com/KgQs24I4CG
2008年 延長10回、平尾博嗣の代打サヨナラホームラン、8-7の乱戦を制す pic.twitter.com/5DVG4OlnXS
2008年 延長10回、中村剛也のサヨナラホームラン、ライオンズの優勝マジックは5に pic.twitter.com/fg4isFpjuW
2008年 0-0の延長12回に山崎武司が馬原孝浩からサヨナラタイムリー、ホークスは12年ぶりの最下位が確定 pic.twitter.com/R9dOvjwKE2
2008年 クライマックスシリーズ第2ステージ第1戦、井端弘和のスーパープレー、3-3の同点で迎えた8回1死満塁のピンチで前進守備、高橋由伸のセンター前に抜けようかという打球を好捕し自ら二塁ベースを踏んで一塁に転送しダブルプレー pic.twitter.com/2mtmDTqq5w
2008年 クライマックスシリーズ第2ステージ第1戦、9回に中村紀洋がマーク・クルーンから決勝タイムリー、141km/hのフォークをとらえる pic.twitter.com/5nTYEEV5VE
2008年 日本シリーズ第2戦、アレックス・ラミレスのサヨナラホームラン pic.twitter.com/O09PecoOb6
2008年 日本シリーズ第4戦、中村剛也の2本のホームラン pic.twitter.com/uc3BTvFzix
2008年 日本シリーズ第6戦、初回2死満塁、平尾博嗣が高橋尚成から走者一掃の先制3点タイムリーツーベース pic.twitter.com/u0rCkxEiZw
2008年 日本シリーズ第6戦、平尾博嗣のホームラン、このシリーズ2本目、この試合チームの全打点を稼ぐ大活躍 pic.twitter.com/Q0MmR5zXxZ
2008年 日本シリーズ第6戦、岸孝之のロングリリーフ、第4戦から中2日で4回途中から登板し最後まで無失点で投げきる力投 pic.twitter.com/owoRswh5eX
2008年 日本シリーズ第7戦、ヒラム・ボカチカの代打ホームラン pic.twitter.com/FscNDFERZr
2008年 日本シリーズ第7戦、8回無死一塁で片岡易之が初球に盗塁を決める pic.twitter.com/hl5L4FucUe
2008年 日本シリーズ第7戦、8回1死三塁で三塁ランナー片岡易之が中島裕之のボテボテのサードゴロでギャンブルスタートを切ってホームイン、ライオンズ土壇場で同点 pic.twitter.com/FfcrDFxzH7
2008年 日本シリーズ第7戦、8回、平尾博嗣の決勝タイムリー、ジャイアンツは乱調の越智大祐を逆転されるまで引っ張った我慢が裏目に pic.twitter.com/tKhZHB1Fee
2008年 日本シリーズ第7戦、ライオンズ日本一の瞬間、胴上げ投手はアレックス・グラマン、最後の打者はアレックス・ラミレス、4年ぶり pic.twitter.com/X9YwU5NPaD

2009年 オープン戦、バファローズの「ビッグボーイズ」がそろい踏み、グレッグ・ラロッカ、アレックス・カブレラ、タフィ・ローズ、ホセ・フェルナンデスが1イニングにホームラン pic.twitter.com/L5XY8fygMP
2009年 トニ・ブランコの超特大ホームラン、5階席へ pic.twitter.com/GWJR8PjhlV
2009年 金本知憲が東京ドームで3打席連続ホームラン(山口鉄也から放った3本目のみ) pic.twitter.com/v1OZhT2CaC
2009年 金本知憲が甲子園球場で3打席連続ホームラン pic.twitter.com/PcEoKh0AJh
2009年 金本知憲が永川勝浩のフォークボールをとらえてサヨナラタイムリー、タイガース11-10の大逆転勝利 pic.twitter.com/uwS8catxdA
2009年 金本知憲がサヨナラタイムリー、タイガース9回裏2死走者なしから2点差を逆転し勝利 pic.twitter.com/f7ek9JgXDy
2009年 ジャイアンツ優勝の瞬間、胴上げ投手はマーク・クルーン、最後の打者は引退を表明した立浪和義、3連覇 pic.twitter.com/F6Bc6aGiLo
2009年 多田野数人が9回2死まで無安打無得点に抑えるが大松尚逸にヒットを許しノーヒットノーランを逃す、後続のサブローを討ち取り完封勝利、大松は低めの変化球をはじき返しローボールヒッターの本領を見せる pic.twitter.com/qfoGkjFq3u
2009年 松中信彦がダルビッシュ有からホームラン、150kn/hの直球を右中間スタンドへ pic.twitter.com/ETXHWroQ0e
2009年 松中信彦のサヨナラホームラン pic.twitter.com/fKKhEiiDah
2009年 松中信彦の打ち直しホームラン pic.twitter.com/naHRqA8WyU
2009年 小久保裕紀が完封ペースの涌井秀章から同点ホームラン、インハイに抜けてきたスライダーに反応 pic.twitter.com/tbTcLc002C
2009年 延長11回、井口資仁のサヨナラ3ランホームラン pic.twitter.com/RVgMxaU4kR
2009年 延長10回、井口資仁のサヨナラ満塁ホームラン、11-7の大乱戦を制す、前の打者西岡剛敬遠のあと pic.twitter.com/XNSMgKeK4r
2009年 西岡剛の活躍とフロント批判の横断幕に自制を求めるヒーローインタビュー pic.twitter.com/IRRS6zU2o6
2009年 フロント批判の横断幕に自制を求めるヒーローインタビューの翌日、西岡剛自身に対する批判の横断幕やブーイングが行われる異様な雰囲気のの本拠地最終戦、西岡の活躍と歓声、試合は7-7の乱戦の末延長12回引き分け pic.twitter.com/rq159og5mn
2009年 山崎武司のホームラン、緩い球に泳がされながらもバットの先でとらえてレフトスタンドへ pic.twitter.com/CM8NHtq7Zj
2009年 山崎武司の3ランホームラン、外角の直球を軽々とバックスクリーン左へ pic.twitter.com/B9VQkP3BVN
2009年 山崎武司が帆足和幸から右中間への3ランホームラン、イーグルス大勝で初のクライマックスシリーズ進出が確定 pic.twitter.com/D5V2ndMoqz
2009年 クライマックスシリーズ・ファーストステージ第2戦、山崎武司の3ランホームラン pic.twitter.com/nN4HZ9JxW5
2009年 クライマックスシリーズ・ファイナルステージ第1戦、ターメル・スレッジが福盛和男から逆転満塁サヨナラホームラン、ファイターズは9回に4点差を逆転し9-8の大乱戦を制し1stステージから続くイーグルスの勢いをとめる pic.twitter.com/zLSsoFQOmF
2009年 日本シリーズ第1戦、ターメル・スレッジの同点ホームラン pic.twitter.com/351RELBdWN
2009年 日本シリーズ第3戦、李承燁のホームラン pic.twitter.com/wBiguuXt2e
2008年 日本シリーズ第4戦、中島裕之とセス・グライシンガーがエキサイト pic.twitter.com/Zyu6vmGMGZ
2009年 日本シリーズ第5戦、2-1の1点ビハインドで迎えた9回、亀井義行が武田久から起死回生の同点ホームラン pic.twitter.com/viMOiRmDNX
2009年 日本シリーズ第5戦、阿部慎之助が武田久からサヨナラホームラン、日本一に王手 pic.twitter.com/G2yECPUvn2

2010年 城島健司のサヨナラホームラン、タイガース加入1号 pic.twitter.com/a1EbQLnxwI
2010年 城島健司が岡田幸文の盗塁を阻止し「ごっつあん」のポーズ pic.twitter.com/6KtNyidxme
2010年 ブレット・ハーパーがマーク・クルーンから逆転満塁サヨナラホームラン、8-7の乱戦を制す pic.twitter.com/3DKVItLSxl
2010年 延長10回、鳥谷敬の逆転サヨナラ2ランホームラン、アウトローのストレートを流し打ってレフトポール際へ pic.twitter.com/wya5ynGbm5
2010年 坂本勇人が武田久から逆転サヨナラ2ランホームラン pic.twitter.com/sqXBY9KNPJ
2010年 阿部慎之助が由規の鋭いスライダーをハーフスイングイして悔しさをバットにぶつけ叩き折る、次球でもバットをへし折られるがラッキーな二塁打 pic.twitter.com/CmYAvQ7fQz
2010年 阿部慎之助の先制2ランホームラン、変化球に体勢を崩しながらも弾丸ライナーでライトスタンドへ pic.twitter.com/03VXwjGVjk
2010年 阿部慎之助がケーシー・フォッサムから特大ソロホームラン、アウトローの変化球をすくい上げて左中間スタンド最上段へ pic.twitter.com/vNvLyFGDsU
2010年 阿部慎之助の特大3ランホームラン、インハイのストレートをコンパクトにスイングしてライトスタンド3階席へ pic.twitter.com/fDB4x9rSTr
2010年 阿部慎之助の特大3ランホームラン pic.twitter.com/fnHTftwfis
2010年 阿部慎之助の特大満塁ホームラン pic.twitter.com/tfZedC0C7z
2010年 アレックス・ラミレス、阿部慎之助の連続ホームラン pic.twitter.com/WxgfmGKq4d
2010年 アレックス・ラミレスの特大ホームラン、照明の下へ pic.twitter.com/tAjXBywJxc
2010年 アレックス・ラミレスの逆転2ランホームラン pic.twitter.com/taGuF7QlN4
2010年 小笠原道大が久保康友からホームラン、高めの直球を完璧に捉える pic.twitter.com/MNcpkkM3sN
2010年 小笠原道大がジェイソン・スタンリッジから先制ホームラン、カーブを捉える pic.twitter.com/3YaQgMCeXB
2010年 小笠原道大のホームラン、アウトローの直球をレフトスタンドへ pic.twitter.com/9fXR9MXy3Z
2010年 延長10回に小笠原道大がサヨナラホームラン、ハードオフエコスタジアム新潟 pic.twitter.com/sPqaxGQhMH
2010年 帆足和幸から阿部慎之助、長野久義の連続ホームラン pic.twitter.com/vxXkb4ppgA
2010年 ジャイアンツ内野陣のトリプルプレー pic.twitter.com/LMB9GciUlE
2010年 エドガー・ゴンザレスの判断ミスで併殺が取れず、ジャイアンツはエドガーを懲罰交代 pic.twitter.com/DXYvG6QVqE
2010年 金本知憲の逆転満塁ホームラン pic.twitter.com/x5f9IbEdp3
2010年 矢野燿大の引退試合に村田修一が藤川球児から起死回生の逆転3ランホームラン、高めのボール球をコンパクトに振りぬいて左中間スタンド最前列へ、矢野の出場は見送りに、タイガースは優勝マジックが消滅 pic.twitter.com/2dT9EX8GZm
2010年 ドラゴンズ優勝の瞬間、マジック対象チームのタイガースが敗れて優勝決定、当日は試合がなかったため翌日の試合後に胴上げ、4年ぶり pic.twitter.com/biIUGuOCgD
2010年 延長10回、井口資仁が藤川球児からサヨナラホームラン、9-8の大乱戦を制す pic.twitter.com/2sPqbRC7sZ
2010年 北川博敏の同点満塁ホームラン、バファローズは7-0でむかえた8回一挙に7点を挙げ同点に追いつく pic.twitter.com/ykR4QGPjdg
2010年 延長11回、T-岡田のサヨナラ3ランホームラン、バファローズは8回表時点で7-0の7点ビハインドをひっくり返す大逆転勝利、この年交流戦優勝 pic.twitter.com/uG843EpqrM
2010年 T-岡田の代打満塁決勝ホームラン pic.twitter.com/NyAAGFyzff
2010年 アレックス・カブレラが三浦大輔から逆転3ランホームラン pic.twitter.com/biamrZEnBy
2010年 アレックス・カブレラの同点満塁ホームラン、低めのボール球の変化球をすくい上げる pic.twitter.com/NHN8GZ5zR4
2010年 アレックス・カブレラがエキサイト、ぶつけた馬原孝浩も反撃 pic.twitter.com/MKM9fpmphO
2010年 中村紀洋が死球にエキサイト pic.twitter.com/g4PRrmkMVE
2010年 中村紀洋のスーパープレー pic.twitter.com/II60VRu3Aw
2010年 中村紀洋のホームラン、内角のクロスファイヤーを見事にさばく pic.twitter.com/lX9t0ws4T8
2010年 中村紀洋のホームラン、抜けたフォークを逃さずレフタスタンド上段へ pic.twitter.com/eOl4xglUQM
2010年 山崎武司の先制ホームラン、内側に入ってくるスライダーを巻き込んで滞空時間の長い大ホームラン pic.twitter.com/zAvjkHXA7X
2010年 山崎武司が薮田安彦から決勝ホームラン、10球粘った末にインローの150km/hの速球を捉える pic.twitter.com/oH2S4oOZC1
2010年 山崎武司の代打満塁ホームラン pic.twitter.com/cqFylC0RSr
2010年 ランディ・ルイーズのタイムリー、山崎武司が激走し一塁から長躯ホームイン、最後はタッチをかいくぐるスライディング、マリーンズは中継が機能せず pic.twitter.com/IV7TlXd07Z
2010年 木田優夫の頭脳プレーでダブルプレー pic.twitter.com/EkPKZ0TmLM
2010年 坂口智隆のスーパーキャッチ pic.twitter.com/p4DanunQjz
2010年 小久保裕紀の満塁ホームラン pic.twitter.com/AolX2iBTYF
2010年 神戸拓光が涌井秀章からまさかの代打3ランホームラン、喜びのあまり節度を越えた感情表現とパフォーマンスを行う、涌井は初回6失点の大乱調、神戸の2打席目の死球をマリーンズが報復と受け止め試合は大荒れに pic.twitter.com/iBKsG6Ljel
2010年 延長11回、大松尚逸のサヨナラホームラン pic.twitter.com/kVV28d5yA7
2010年 シーズン最終盤、大松尚逸のタイムリーヒット、今岡誠が気迫のヘッドスライディングで生還、この1点が効いてマリーンズが勝利し3位確定、クライマックスシリーズ進出 pic.twitter.com/ozXL29KSUY
2010年 最後の首位決戦、松中信彦が涌井秀章から同点3ランホームラン、奇跡の逆手優勝へ望みをつなぐ pic.twitter.com/au1e6GjjgG
2010年 マジックが点灯したライオンズとの最後の首位決戦で小久保裕紀が延長11回にブライアン・シコースキーからサヨナラホームラン、9-7の死闘を制し奇跡の逆手優勝へ望みをつなぐ pic.twitter.com/pni7ZB86L7
2010年 最後の首位決戦、5-4の1点リードで迎えた9回2死一三塁の場面で馬原孝浩が中島裕之から奪三振、ホークスが3連勝で0.5ゲーム差に迫り優勝争いの形勢逆転、12球の名勝負の6~8球目、3級連続フォークはすべてファール(1/2) pic.twitter.com/PoVPgnMv9b
2010年 最後の首位決戦、5-4の1点リードで迎えた9回2死一三塁の場面で馬原孝浩が中島裕之から奪三振、ホークスが3連勝で0.5ゲーム差に迫り優勝争いの形勢逆転、12球の名勝負の10~12球目、3球連続フォークはファール、ファール、空振りで勝負あり(2/2) pic.twitter.com/C21wdoyrie
2010年 ホークス優勝決定の瞬間、糸井嘉男がブライアン・シコースキーからレフトフェンス直撃のサヨナラタイムリー、ライオンズが敗れてホークスの優勝が決定、ライオンズは残り9日間で3.5ゲーム差を逆転され優勝を逃す、ファイターズはマリーンズとの3位争いに望みをつなぐ pic.twitter.com/kjy1XyhZI2
2010年 ホークス優勝決定の瞬間、最終戦で敗れるもマジック対象チームのライオンズが敗れたため優勝決定、残り6試合で3.5ゲーム差をひっくり返す奇跡の逆転優勝 pic.twitter.com/uojWqh2Zx7
2010年 クライマックスシリーズ・ファーストステージ第1戦、8回、西岡剛が涌井秀章から同点ホームラン pic.twitter.com/dZ6OopeZBE
2010年 クライマックスシリーズ・ファーストステージ第1戦、延長11回、福浦和也の決勝ホームラン pic.twitter.com/MXpBCuGh5V
2010年 クライマックスシリーズ・ファーストステージ第2戦、9回、里崎智也が起死回生の同点ホームラン pic.twitter.com/opJ0eQoUPV
2010年 日本シリーズ第1戦、清田育宏が吉見一起から同点ホームラン pic.twitter.com/FVBJU54xoy
2010年 日本シリーズ第3戦、2死満塁から清田育宏の勝ち越しタイムリースリーベース、続く井口資仁のタイムリーツーベース pic.twitter.com/rIKE5iXDTI
2010年 日本シリーズ第3戦、無死二三塁から今江敏晃と福浦和也の連続犠牲フライ、ダメ押し pic.twitter.com/jNZjwyETMx
2010年 日本シリーズ第4戦、西岡剛が山本昌から先制タイムリーツーベース pic.twitter.com/qELnLDUqaY
2010年 日本シリーズ第4戦、井口資仁が山本昌からツーランホームラン、アウトローのストレートをライトポール際へ pic.twitter.com/3VErC1kwf0
2010年 日本シリーズ第4戦、小野晋吾が平常心を失った珍プレーを連発、無死満塁のピンチを背負うが冷静さを取り戻して1失点でしのぐ pic.twitter.com/AJuNdZgDB2
2010年 日本シリーズ第4戦、3-3の同点でむかえた9回2死ニ塁一打サヨナラの場面、浅尾拓也が西岡剛から奪三振、2球目のストレートを大ファール、1ボール2ストライクから3球連続フォークで2球は見切られるがフルカウントからのラストボールを空振り、西岡は悔しさのあまりバットを叩き折る pic.twitter.com/Usgzcm4xxI
2010年 日本シリーズ第4戦、延長10回、1死満塁で登板した高橋聡文が絶対絶命のピンチを切り抜ける、福浦和也に2ボールノーストライクとカウントを悪くするがストレートでファールを打たせ最後はサードライナーで三塁走者が戻れずダブルプレー、全8球 pic.twitter.com/NednPuaGRD
2010年 日本シリーズ第5戦、初回のマリーンズの猛攻、中田賢一から井口資仁、サブロー、今江敏晃、福浦和也、金泰均の5連打で4点を先制 pic.twitter.com/Ks5hL5pIc7
2010年 日本シリーズ第5戦、サブローの2ランホームラン、立ち直りかけた中田賢一の失投を捉え突き放す pic.twitter.com/NkxiKSDf5i
2010年 日本シリーズ第6戦、2-1の1点ビハインドでむかえた8回、サブローが浅尾拓也から起死回生の同点タイムリー、ストレート3球で追い込まれた後低めのボールになるフォークを捉える pic.twitter.com/SeB2EPwLem
2010年 日本シリーズ第7戦、5回、里崎智也が河原純一から同点2点タイムリー、3回終了時6-2の4点ビハインドから追いつく、この回から登板した河原は2死1塁からあと1アウトがとれず3失点 pic.twitter.com/oLGddEHUtI
2010年 日本シリーズ第7戦、内竜也の6回-8回のロングリリーフ、伸びのあるストレートとキレのあるスライダーで7奪三振 pic.twitter.com/0SSNPpYp0w
2010年 日本シリーズ第7戦、7回、金泰均の勝ち越しタイムリーヒット pic.twitter.com/H7kOCUlE8c
2010年 日本シリーズ第7戦、7-6の1点ビハインドでむかえた9回、絶体絶命の状況から和田一浩が小林宏之から気迫のスリーベースヒット、トニ・ブランコの犠牲フライで生還し7-7の同点、試合はこのシリーズ3度目の延長戦へ pic.twitter.com/tRkdfwqWZ0
2010年 日本シリーズ第7戦、延長12回、岡田幸文が浅尾拓也から決勝タイムイリースリーベース、149km/hの速球を捉え右中間へ、8-7の1点勝ち越し、浅尾は9回途中からのロングリリーフで好投も64球目を痛打される pic.twitter.com/Co8bL8KicK
2010年 日本シリーズ第7戦、マリーンズ日本一の瞬間、8-7の大乱戦を制す、5年ぶり、NPB史上唯一のリーグ戦3位からの日本一で「史上最大の下克上」成る pic.twitter.com/GUZF2HcnPW

2011年 高橋由伸の代打サヨナラ3ランホームラン pic.twitter.com/vkcsJKH64D
2011年 大村三郎が移籍後初打席で吉見一起から代打決勝ホームラン pic.twitter.com/h61xFFVWc8
2011年 アレックス・ラミレスの先制ホームラン、インコースにくい込むカットボールを完璧に捉える pic.twitter.com/4qfSnVr36m
2011年 由規からアレックス・ラミレスと高橋由伸の連続ホームラン、北九州市民球場 pic.twitter.com/eeaiVijgbj
2011年 シーズン最終盤に荒木雅博が2試合連続の好走塁で決勝点となる得点、いずれも前進守備の外野手からの返球に2塁から生還、タッチをかいくぐって左手でベースタッチする特殊な技術を見せる、飯原誉士はレフトからゴロで送球、ドラゴンズは首位スワローズに連勝で1.5ゲーム差に pic.twitter.com/q1i8G9pQ3j
2011年 ドラゴンズ優勝の瞬間、延長10回引き分けで優勝決定、胴上げ投手は浅尾拓也、最後の打者は筒香嘉智、連覇 pic.twitter.com/72Gec6gqE1
2011年 レギュラーシーズン最終戦、長野久義が山口俊から代打逆転満塁サヨナラホームラン pic.twitter.com/f7oNuyBgHx
2011年 山田大樹のプロ入り初ヒット、大差のついた試合で気楽にバットを出しレフト前へ pic.twitter.com/6O7eE2ufVB
2011年 李承燁のサヨナラ2ランホームラン pic.twitter.com/0QKE6XFmia
2011年 アレックス・カブレラが石川雅規からホームラン、外に逃げていくシンカーをライトスタンドへ pic.twitter.com/7cm1IoGaAL
2011年 延長11回にアレックス・カブレラがサヨナラホームン pic.twitter.com/a82yIHthUO
2011年 9回1死、山崎武司が完封目前の成瀬善久から起死回生の同点ホームラン、外角球を踏み込んでバックスクリーンへ、好投の田中将大に報いる pic.twitter.com/SABLCPTouv
2011年 岡田幸文が1試合で3つのスーパーキャッチ pic.twitter.com/CIvftXoFLh
2011年 伊志嶺翔大が9回2死から起死回生の逆転2ランホームラン pic.twitter.com/kT509tUbpW
2011年 岡田幸文のスーパーキャッチ pic.twitter.com/Lt7a7BIPmp
2011年 井口資仁の逆転満塁ホームラン pic.twitter.com/CHKEJsAK1c
2011年 伊藤義弘を折れたバットが直撃し突き刺さるアクシデント、伊藤はこの故障が原因で投球フォームを崩し完全に復活することのないまま2015年に引退 pic.twitter.com/wDEXkNux04
2011年 ホークス優勝の瞬間、胴上げ投手は馬原孝浩、ウィニングボールを福田秀平が好捕し優勝決定、連覇 pic.twitter.com/1bAM4BPBev
2011年 クライマックスシリーズ・ファーストステージ第3戦、小笠原道大が村中恭兵からホームラン、インハイの142km/hの速球をとらえる pic.twitter.com/pBGrcAnrLE
2011年 クライマックスシリーズ・ファイナルステージ第2戦、松中信彦が牧田和久から代打満塁ホームラン pic.twitter.com/ub5f9DQXPq
2011年 クライマックスシリーズ・ファイナルステージ第3戦、杉内俊哉がライオンズ打線を翻弄し10回途中まで無失点の好投 pic.twitter.com/GVg2UcGWpz
2011年 クライマックスシリーズ・ファイナルステージ第3戦、杉内俊哉と涌井秀章の投げ合いで0-0のスコアレスのままの延長10回、ホセ・フェルナンデスが杉内の127球目を捉えて勝ち越しタイムリーツーベース、杉内は無念の降板 pic.twitter.com/EV4IWhr23p
2011年 クライマックスシリーズ・ファイナルステージ第3戦、杉内俊哉と涌井秀章の投げ合いで0-0のまま延長10回、表にライオンズが勝ち越すが、裏に長谷川勇也が涌井の127球目を捉えて起死回生の同点タイムリーツーベース、涌井は無念の降板、奇しくも杉内と涌井の球数は同じ pic.twitter.com/OlVCQ1RoIN
2011年 日本シリーズ第1戦、延長10回、浅尾拓也が代打・松中信彦、代打・アレックス・カブレラから連続奪三振、全9球 pic.twitter.com/lq9xBczmLd
2011年 日本シリーズ第1戦、延長10回、小池正晃が馬原孝浩から決勝ホームラン pic.twitter.com/GbUgzsUTyw
2011年 日本シリーズ第3戦、多村仁志の2ランホームラン pic.twitter.com/ck0RQRkrHc
2011年 日本シリーズ第3戦、細川亨のダメ押しホームラン pic.twitter.com/2ddxN28jV9
2011年 日本シリーズ第4戦、「森福の11球」、6回、デニス・ホールトンがつくった無死満塁のピンチで登板、抜群のコントロールとマウンド度胸で無失点に抑える pic.twitter.com/MATpUceQ4X
2011年 日本シリーズ第4戦、ブライアン・ファルケンボーグのピッチング、8回・9回の2イニングを無失点、3奪三振 pic.twitter.com/RoQGpadoca
2011年 日本シリーズ第7戦、杉内俊哉のピッチング、7回無失点8奪三振 pic.twitter.com/BTqImk9Q7u
2011年 日本シリーズ第7戦、山崎勝己のタイムリーヒット、二塁ランナー松中信彦が激走しホームイン pic.twitter.com/F1sMvmiplk
2011年 日本シリーズ第7戦、7回、浅尾拓也のバント処理、本多雄一を一塁アウトに、落合博満監督はマウンドへ pic.twitter.com/6JkpwTLN2Q
2011年 日本シリーズ第7戦、7回、内川聖一が浅尾拓也からセンター前タイムリーヒット、二塁走者の川崎宗則が生還、貴重な追加点が入り3-0、浅尾は1死二塁と一塁が空いている状況でファーストストライクが甘く入る pic.twitter.com/uA6Z0gHI6Z
2011年 日本シリーズ第7戦、ブライアン・ファルケンボーグのピッチング、8回は3者三振、9回もマウンドにあがるが打球が右腕を直撃し降板 pic.twitter.com/MD0gyUb3D3
2011年 日本シリーズ第7戦、ホークス日本一の瞬間、胴上げ投手は攝津正、8年ぶり pic.twitter.com/r3ogGKlASC

2012年 武井咲の始球式 pic.twitter.com/AUIGZIfYgg
2012年 小田幸平のフェアプレー pic.twitter.com/ILnItE1lb6
2012年 中村紀洋が平野佳寿から決勝ホームラン、ベンチで「かちあげー」の発声 pic.twitter.com/LbejpKJBLx
2012年 中村紀洋が延長11回にサヨナラホームラン、ジャイアンツバッテリーは1死3塁から満塁策をとらず勝負を選択し裏目、ハードオフエコスタジアム新潟 pic.twitter.com/8SD7onjnq0
2012年 9回に岩瀬仁紀からアレックス・ラミレス、中村紀洋が連続ホームランで同点、試合は引き分け pic.twitter.com/Bz5mb6o5Dz
2012年 延長10回、森野将彦が岸田護からサヨナラホームラン pic.twitter.com/eT7168E0mh
2012年 前田健太がノーヒットノーラン達成 pic.twitter.com/oxwtJ33HTQ
2012年 杉内俊哉が9回2死までパーフェクトピッチング、27人目の打者中島俊哉も1ボール2ストライクまで追い込んだが四球を与え完全試合達成ならず、次の打者を打ち取りノーヒットノーラン達成 pic.twitter.com/bzfpgqa1Kk
2012年 ジャイアンツ優勝の瞬間、一塁走者雄平がカウントを間違えて飛び出しタッチアウトで試合終了、胴上げ投手は西村健太朗、3年ぶり pic.twitter.com/6Dkl0iODoS
2012年 ウィリー・モー・ペーニャのセンター前ヒット、ライナーにスピンがかかって球筋が変化する強烈な打球、一塁ベース上で稲葉篤紀と言葉を交わす pic.twitter.com/he9G2AoEnY
2012年 9回2死、松中信彦が岸田護から起死回生の同点2ランホームラン pic.twitter.com/AHN6pGrkXl
2012年 9回2死、米野智人がブライアン・ファルケンボーグからまさかの逆転満塁ホームラン pic.twitter.com/ebZZZO54ud
2012年 延長10回、柳田悠岐が薮田安彦からサヨナラホームラン pic.twitter.com/wF6Pw21Nzn
2012年 最晩年の小久保裕紀が2打席連続ホームラン、これが現役最後のホームラン pic.twitter.com/QRaPF2FGQd
2012年 西勇輝がノーヒットノーラン達成 pic.twitter.com/KsIPTWQV3p
2012年 クライマックスシリーズファーストステージ第3戦、8回、トニ・ブランコがトニー・バーネットから起死回生の逆転満塁ホームラン、ドラゴンズがファイナルステージ進出 pic.twitter.com/d3MrqpzvE6
2012年 日本シリーズ第2戦、長野久義が武田勝から初回先頭打者ホームラン、試合はジャイアンツがこの1点を守りきり1-0で勝利 pic.twitter.com/OYTP68ODOx
2012年 日本シリーズ第3戦、稲葉篤紀の先制ホームラン pic.twitter.com/XZK9RTdbJ6
2012年 日本シリーズ、ジョン・ボウカーの2本のホームラン、第1戦と第5戦、いずれも吉川光夫から pic.twitter.com/cbCYSCKxtb
2012年 日本シリーズ第6戦、中田翔の同点3ランホームラン pic.twitter.com/HYl6PsUHHi
2012年 日本シリーズ第6戦、ジャイアンツ日本一の瞬間、胴上げ投手は山口鉄也、最後の打者は糸井嘉男、3年ぶり pic.twitter.com/EV4AA3cnyx

2013年 ラスティングス・ミレッジが交流戦でファインプレーを連発 pic.twitter.com/PFemX4XjxL
2013年 マット・マートンが益田直也から逆転サヨナラ2ランホームラン pic.twitter.com/5SqXmSwzXX
2013年 延長12回、福留孝介のサヨナラ満塁ホームラン、流し打ちでレフトポール際へ、この日2本塁打6打点 pic.twitter.com/ainvWwhsXQ
2013年 江村将也の死球に前田智徳がエキサイト、前田は左尺骨骨折、この怪我から復帰できぬままシーズン終盤をむかえこの年引退 pic.twitter.com/hbgNkfni7J
2013年 多村仁志が途中出場で大爆発、代打特大2ランホームランと逆転サヨナラ3ランホームラン、ベイスターズは7回表終了時点で10-3の7点ビハインドを大逆転 pic.twitter.com/oDDt737yEM
2013年 中村紀洋の弾丸ライナーのホームラン pic.twitter.com/AoTLRlSKtf
2013年 中村紀洋のファインプレー pic.twitter.com/eJnoQtlY3k
2013年 エクトル・ルナのトリックプレー pic.twitter.com/KAr14AlN0v
2013年 村田修一が1試合2ホームラン、藤井秀悟と山口俊から pic.twitter.com/mJVuXMc9ja
2013年 小笠原道大の代打サヨナラ3ランホームラン、2年ぶりのホームラン pic.twitter.com/tr0v0Dj5eT
2013年 ウラディミール・バレンティンが前田健太から54号ホームラン、高めに大きく外れるボール球を捉える pic.twitter.com/Gxv1FhhYJK
2013年 ウラディミール・バレンティンの55号、56号ホームラン、NPB新記録、このあと記録を60号にまで伸ばす pic.twitter.com/a4nxt2mdzA
2013年 ジャイアンツ優勝の瞬間、胴上げ投手は西村健太朗、連覇 pic.twitter.com/eiBjQDWNxn
2013年 ウィリー・モー・ペーニャのセンターオーバーのツーベースヒット、バックスピンのかかった伸びる打球にセンター陽岱鋼が目測を誤る pic.twitter.com/tzUxiyy4Vh
2013年 糸井嘉男の好返球 pic.twitter.com/MGjF9DKeW3
2013年 ジョシュ・ホワイトセルの3打席連続ホームラン pic.twitter.com/XRkLNhn9rp
2013年 伊志嶺翔大のスーパープレー、背走してフェンス際でスライディングキャッチ pic.twitter.com/t7RzMyXB5v
2013年 根元俊一が澤村拓一から逆転3ランホームラン、バックスピンのかかった打球が伸びてレフトポール際最前列へ pic.twitter.com/sSc9QXM1qQ
2013年 加藤翔平の強烈デビュー、プロ初打席初球ホームランとクライマックスシリーズ初打席で3ランホームラン pic.twitter.com/2aS5fKf1p1
2013年 優勝決定試合でアンドリュー・ジョーンズが満塁の走者を一掃する逆転3点タイムリーツーベース pic.twitter.com/C74k47yr65
2013年 イーグルス優勝の瞬間、胴上げ投手は田中将大、球団創設9年目で初の優勝、星野仙一監督は指揮をした3球団でいずれも優勝 pic.twitter.com/NIhMyzCTUQ
2013年 クライマックスシリーズ・ファーストステージ第2戦、桧山進次郎が代打2ランホームラン、キャム・ミコライオのインローのストレートを完璧に捉える、現役最終打席 pic.twitter.com/oQSdZ1DY5q
2013年 クライマックスシリーズ・ファイナルステージ第4戦、G.G.佐藤の逆転3ランホームラン、アンドリュー・ジョーンズの逆転2ランホームラン、ケーシー・マギーの決勝ホームラン pic.twitter.com/TBm3eNl3yi
2013年 日本シリーズ第1戦、亀井義行のスーパープレー、2-0の1点リードでむかえた2死一二塁、抜ければ同点、ホームランなら逆転という松井稼頭央の大飛球を好捕 pic.twitter.com/CiLE2NS0bO
2013年 日本シリーズ第4戦、アンドリュー・ジョーンズの先制3ランホームラン pic.twitter.com/upmjBibNIL
2013年 日本シリーズ、村田修一の2本のホームラン、いずれも則本昂大から、第1戦はストレートをライトスタンドへ、第5戦はカーブを左中間スタンドへ pic.twitter.com/PkL1aTNXTp
2013年 日本シリーズ第6戦、ホセ・ロペスが田中将大から同点2ランホームラン、高めに抜けたスプリットを捉える pic.twitter.com/cVOcAN6GZo
2013年 日本シリーズ第6戦、高橋由伸が田中将大から決勝タイムリー、この年レギュラーシーズン、ポストシーズン通じて無敗だった田中に初めて土をつける、田中はストレート3球勝負が裏目 pic.twitter.com/Y5FQ54o0Yj
2013年 日本シリーズ第7戦、3-0の3点リードでむかえた9回、前日の試合で160球完投で敗れた田中将大が救援登板 pic.twitter.com/1IKRtFe58P
2013年 日本シリーズ第7戦、イーグルス日本一の瞬間、胴上げ投手は田中将大、球団創設9年目で初 pic.twitter.com/EXr2oXNXhm

2014年 センター荒波翔が2死満塁からフライを落球、ボールを拾う前に帽子を拾う、スコアは13-3に pic.twitter.com/WM6Mtav6qp
2014年 一塁のベースカバーに入ったセカンド宮崎敏郎がインプレー中にボールから目を離し山口俊の送球を捕球できず、宮崎は翌日2軍行き pic.twitter.com/HfzJzFEs4s
2014年 ブラッド・エルドレッドが益田直也から逆転満塁ホームラン pic.twitter.com/d6ZcAvmAQv
2014年 ジャイアンツ優勝の瞬間、胴上げ投手はスコット・マシソン、3連覇、原辰徳監督は2度目の3連覇で7度目の優勝 pic.twitter.com/LaHGbzagip
2014年 ファイターズ打線が前田健太を攻略、中島卓也、西川遥輝、近藤健介、陽岱鋼、中田翔の5者連続タイムリーヒット pic.twitter.com/tesB5SHvJV
2014年 10.2決戦、ホークス優勝の瞬間、延長10回松田宣浩が左中間へのサヨナラタイムリーで優勝決定、最後までマジックは点灯せず、大躍進のバファローズは涙を呑む pic.twitter.com/cw5f40hgm8
2014年 10.2決戦、ホークス優勝決定後の両軍、大躍進のバファローズは悔し涙 pic.twitter.com/h5Rz9dqAPD
2014年 クライマックシリーズ・ファイナルステージ第4戦、タイガース日本シリーズ進出の瞬間、4連勝で2位からの逆転進出 pic.twitter.com/5FKVIxi1G2
2014年 クライマックシリーズ・ファイナルステージ第1戦、1点ビハインドの9回、吉村裕基が増井浩俊から起死回生のセンターオーバー逆転サヨナラタイムリー、前進守備のセンター陽岱鋼及ばず pic.twitter.com/OcBU3XgGw6
2014年 日本シリーズ第4戦、延長10回、中村晃が呉昇桓からサヨナラ3ランホームラン pic.twitter.com/xZ0XTnbAb7
2014年 日本シリーズ第5戦、0-0のスコアレスで迎えた8回2死一三塁、松田宣浩がランディ・メッセンジャーからセンター前へ決勝タイムリーヒット、好投のメッセンジャーは134球目をついに捉えられる pic.twitter.com/wKUTJ1cYJO
2014年 日本シリーズ第5戦、ホークス日本一の瞬間、キャッチャーの細川亨が一塁に転送した球が西岡の背中に当たったが西岡がラインの内側を走ったことによる守備妨害でアウトとなり試合終了、ホークス3年ぶりの日本一(1/2) pic.twitter.com/w3kBEJu7Xx
2014年 日本シリーズ第5戦、ホークス日本一の瞬間、1-0の1点リードでむかえた9回デニス・サファテが1死満塁のピンチを招く、西岡剛のファーストゴロをホームに送球し2アウト、キャッチャーの細川亨が一塁に転送した球が西岡の背中に当たったが西岡の守備妨害でアウト(1/2) pic.twitter.com/5cP7ZeH2JB

2015年 橋本環奈の始球式 pic.twitter.com/ohQs1mOg8k
2015年 浜辺美波の始球式 pic.twitter.com/dFJK6Qjn5b
2015年 佐々木希の始球式 pic.twitter.com/sCPSr8LAuO
2015年 阿部慎之助が藤浪晋太郎から勝ち越し2ランホームラン、153km/hの速球を軽打してライトスタンド最前列へ、藤浪は全球ストレート勝負が裏目に pic.twitter.com/wxTKkm8PWQ
2015年 スワローズ優勝の瞬間、延長11回雄平のサヨナラタイムリーで優勝決定、14年ぶり pic.twitter.com/zlueXHkogL
2015年 9回2死、角中勝也が呉昇桓から起死回生の逆転満塁ホームラン pic.twitter.com/sCI2XXlHS9
2015年 駿太の好返球 pic.twitter.com/rK2UZhcIwY
2015年 柳田悠岐が西野勇士からサヨナラホームラン pic.twitter.com/mkqsQ7JXgA
2015年 柳田悠岐が佐藤達也から逆転サヨナラ3ランホームラン pic.twitter.com/OUxGe0uvRt
2015年 8回、ブランドン・レアードの逆転満塁ホームラン pic.twitter.com/MdnDHpZqMN
2015年 ブランドン・レアードがデニス・サファテから逆転サヨナラ2ランホームラン pic.twitter.com/N6pnd6D6a8
2015年 ホークス優勝の瞬間、胴上げ投手はデニス・サファテ、最後の打者は秋山翔吾、連覇、9月17日での優勝は当時パ・リーグ最速 pic.twitter.com/7wAJPGU24T
2015年 クライマックシリーズ・ファイナルステージ第4戦、スワローズ日本シリーズ進出の瞬間 pic.twitter.com/Aiai1CWa1m
2015年 日本シリーズ第3戦、山田哲人の3打席連続ホームラン、 長島茂雄以来史上2人目、1回の先制2ラン、3回の勝ち越しソロ、5回は千賀滉大から逆転2ラン pic.twitter.com/PyYLsx44L1
2015年 日本シリーズ第4戦、9回2死一二塁、ホームランが出れば逆転サヨナラの場面でデニス・サファテが雄平から奪三振、試合終了、全8球 pic.twitter.com/mOQaazYtkd
2015年 日本シリーズ第5戦、李大浩が石川雅規から先制2ランホームラン pic.twitter.com/1mk1HiveCY
2015年 日本シリーズ第5戦、ホークス日本一の瞬間、胴上げ投手はデニス・サファテ、2年連続 pic.twitter.com/TEkiAsXX54

2016年 ダヤン・ビシエドの逆転満塁ホームラン pic.twitter.com/9iQIRPcCJz
2016年 高橋周平の逆転満塁ホームラン pic.twitter.com/lbd1Lajr4x
2016年 福留孝介が2度目のサイクルヒット pic.twitter.com/LsoKf9U9HF
2016年 藤浪晋太郎の懲罰的続投、自己最多の161球、金本知憲監督は鬼の形相 pic.twitter.com/vY7fLVDgty
2016年 新井貴浩のサヨナラホームラン pic.twitter.com/xKMmB8aRy3
2016年 鈴木誠也の2試合連続サヨナラホームランと次の試合での決勝ホームラン、カード3連勝、緒方孝市監督は「神ってる」と表現、この年の流行語大賞を受賞 pic.twitter.com/l08R612z4e
2016年 カープのトリックプレー、1死満塁でセカンドが打球をワンバウンドで捕球し二塁へ送球し、一塁走者がフォースアウトになり、二塁走者の石原慶幸は二塁に帰塁、打者走者はは一塁セーフ、三塁走者が生還し得点、石原はアウトになったようなふりをしてゆっくりと三塁へ進塁 pic.twitter.com/KjsC3eDvpI
2016年 石原慶幸のフェアプレー pic.twitter.com/INvY3sT4P4
2016年 ベイスターズクライマックスシリーズ進出の瞬間、制度導入10年目で初、12球団で最後の初出場 pic.twitter.com/DI8rWUI8ed
2016年 試合進行とともに徐々にヒートアップしていく乱闘をブライアン・ボグセビックの紳士的な態度が収める pic.twitter.com/002gyivOXc
2016年 1番ピッチャーで先発出場の大谷翔平が初回先頭打者初球ホームラン pic.twitter.com/geQvpvyOWp
2016年 ファイターズ14連勝、9回2死から田中賢介が起死回生の同点ホームラン、延長12回にブランドン・レアードがサヨナラホームラン、7回表終了時点で5-0の5点ビハインドをひっくり返す大逆転勝利、その後も連勝を15まで伸ばす pic.twitter.com/ZQbH6J0W64
2016年 9回、茂木栄五郎が起死回生の逆転ランニング3ランホームラン、柳田悠岐は痛恨の後逸、最大11.5ゲーム差をつけて独走していたホークスはついに首位陥落 pic.twitter.com/4BusKOGjW1
2016年 優勝決定試合、大谷翔平が1安打15奪三振完封 pic.twitter.com/Q2AeCGBuuL
2016年 ファイターズ優勝の瞬間、胴上げ投手は大谷翔平、この試合完封勝利、最大11.5ゲーム差を逆転優勝、4年ぶり pic.twitter.com/vK1qTEw5Ah
2016年 クライマックスシリーズ・ファーストステージ第3戦、延長11回、嶺井博希の決勝タイムリーとベイスターズ勝利の瞬間、ファイナルステージに進出 pic.twitter.com/8LiHsM1arz
2016年 クライマックスシリーズ・ファイナルステージ第5戦、リリーフ登板の大谷翔平が松田宣浩、吉村裕基から奪三振、吉村への初球にNPB最速の165km/hを計測 pic.twitter.com/O0JPuad9OP
2016年 日本シリーズ、ブラッド・エルドレッドの3本のホームラン、第1戦・第2戦・第3戦 pic.twitter.com/oLWNDPBhJM
2016年 日本シリーズ第3戦、9回、カープの同点劇、先頭の鈴木誠也がスリーベースヒット、谷元圭介は2死までこぎつけるが安部友裕が起死回生の同点タイムリーヒット pic.twitter.com/HJyOydO36V
2016年 日本シリーズ第3戦、延長10回、大谷翔平のサヨナラタイムリーヒット、大瀬良大地の膝元のフォークを捉える、カープは大谷との勝負の選択と大飛球の可能性が高いと判断し外野前進守備を敷かなかったことが裏目に pic.twitter.com/5MckTcQTGE
2016年 日本シリーズ第4戦、中田翔の同点ホームラン pic.twitter.com/0VcaqAJN8G
2016年 日本シリーズ第4戦、8回、ブランドン・レアードの決勝2ランホームラン pic.twitter.com/eE9NfXMoEe
2016年 日本シリーズ第4戦、岡大海のファインプレー pic.twitter.com/NfQadGv1IZ
2016年 日本シリーズ第4戦、3-1の2点リードで迎えた9回裏2死満塁、宮西尚生が丸佳浩から奪三振、試合終了、最後は3ボール2ストライクから押し出し覚悟でボールに投げたスライダーで空振りを奪う、全6球 pic.twitter.com/b1UemrxrBe
2016年 日本シリーズ第5戦、ルイス・メンドーサのロングリリーフ、2回1死満塁の場面で登板し絶体絶命のピンチを切り抜けると7回まで無失点の好投。5回・6回には菊池涼介、丸佳浩、ブラッド・エルドレッド、鈴木誠也から4者連続三振 pic.twitter.com/dffhXmXjju
2016年 日本シリーズ第5戦、市川友也の好捕球、2死満塁の絶対に逸らせない場面で pic.twitter.com/1OHBkR8Q52
2016年 日本シリーズ第5戦、西川遥輝が中崎翔太からサヨナラ満塁ホームラン pic.twitter.com/9cvD9Tto2b
2016年 日本シリーズ第6戦、西川遥輝の2本のスリーベースヒット、1回は先制のホームインにつながるチャンスメイク、4回は勝ち越しの2点タイムリー、いずれも野村祐輔から pic.twitter.com/4YsjrhnEtk
2016年 日本シリーズ第6戦、ファイターズ8回2死走者なしから6点を挙げる猛攻、西川遥輝、中島卓也、岡大海の3連打、中田翔が押し出し四球を選び勝ち越し、アンソニー・バースのタイムリー、とどめはブランドン・レアードの満塁ホームラン、カープはジェイ・ジャクソン続投が裏目 pic.twitter.com/jKgnxATumc
2016年 日本シリーズ第6戦、ファイターズ日本一の瞬間、胴上げ投手は谷元圭介、10年ぶり pic.twitter.com/PRuY1CTw0l

2017年 荒木雅博の好走塁、京田陽太のタイムリーヒットで二塁から生還、ライト梶谷隆幸が好返球しキャッチャー戸柱恭孝がタッチを試みるがダイビングして左手でベースタッチ pic.twitter.com/4vkHXcldDB
2017年 藤浪晋太郎の畠山和洋への死球をきっかけに大乱闘 pic.twitter.com/CvHY17Le9l
2017年 神宮版「七夕の悲劇」、9回、新井貴浩の代打逆転3ランホーラン、小川泰弘はクローザー転向後初登板で5点差をひっくり返され救援失敗 pic.twitter.com/UjE1q7Lf4w
2017年 延長12回、大松尚逸の代打サヨナラホームラン、スワローズ移籍後初ホームラン pic.twitter.com/4Ctp8T1XAu
2017年 延長10回、大松尚逸のサヨナラホームラン、スワローズ移籍後第1号に続いて第2号もサヨナラホームラン、スワローズは10点差を逆転し勝利するNPBタイ記録 pic.twitter.com/kS1x2cjrmZ
2017年 阿部慎之助が田島慎二から逆転サヨナラ3ランホームラン、アウトローのシンカーをレフトスタンドへ pic.twitter.com/Tz5IFAeDs1
2017年 村田修一の満塁ホームラン、内角のクロスファイヤーをさばく pic.twitter.com/4VHZzsX7jl
2017年 一塁ランナー重信慎之介の走塁ミス、二塁ベースを回ってからセンター大島洋平の好捕により帰塁した際二塁ベースを踏まず、ドラゴンズのアピールプレイによりアウトとなり試合終了 pic.twitter.com/YpF3Nlv1gt
2017年 延長12回裏、亀井義行が大嶺祐太から逆転サヨナラ3ランホームラン、前の打者のケーシー・マギーが三度敬遠された屈辱をそそぐ一振り、ジャイアンツが7-5で死闘を制す pic.twitter.com/jGdCvwnPnT
2017年 5-2でむかえた9回、筒香嘉智、ホセ・ロペス、宮崎敏郎のクリーンアップ3者連続ホームランで逆転サヨナラ勝利、ベイスターズは勢いに乗って翌日、翌々日もサヨナラ勝利してカード3タテ、カープの優勝マジックをいったん消す pic.twitter.com/tJwIEt4vyQ
2017年 カープ優勝の瞬間、胴上げ投手は中崎翔太、連覇 pic.twitter.com/z0hufYCXLF
2017年 福田秀平が甲斐拓也にインタビューする声優の内田真礼に見惚れて防球ネットに激突 pic.twitter.com/hFUz8h0KgC
2017年 アルフレド・デスパイネのサヨナラタイムリー、ホークスの優勝マジックは12に、イーグルスは首位だった8月23日からまさかの10連敗、島内宏明のダイビングもおよばず、好投の則本昂大は泣き崩れる pic.twitter.com/AiGsLxLf7N
2017年 ホークスのファン pic.twitter.com/qOd1uSLP3V
2017年 ホークス優勝の瞬間、胴上げ投手はデニス・サファテ、最後の打者はエルネスト・メヒア、2年ぶりの王座奪還、9月16日での優勝は2年前に自らが作った記録を更新するパ・リーグ最速 pic.twitter.com/YB97DjDPp3
2017年 クライマックスシリーズ・ファーストステージ第2戦、乙坂智の代打3ランホームラン、外角球を流し打ってレフトポール際へ、この1発が利いてベイスターズがグラウンドが田んぼのようにぬかるむなか13-6の乱戦を制す pic.twitter.com/o9g5hiLh1V
2017年 クライマックスシリーズ・ファイナルステージ第5戦、ベイスターズがホームラン攻勢でカープを圧倒、2回に宮崎敏郎、3回に桑原将志、5回と7回に筒香嘉智、8回に梶谷隆幸の一発 pic.twitter.com/ikqFMQKCgO
2017年 日本シリーズ第2戦、梶谷隆幸が東浜巨から同点ホームラン、インハイのストレートを軸回転でライトポール際へ pic.twitter.com/y6049951pn
2017年 日本シリーズ第2戦、3-2の1点ビハインドでむかえた7回2死満塁、中村晃がスペンサー・パットンから逆転2点タイムリーヒット、二塁ランナーの今宮健太が本塁突入しライト梶谷隆幸からのバックホーム送球をキャッチャー戸柱恭孝が懸命にタッチするがおよばずホームイン pic.twitter.com/OjL85UojS2
2017年 日本シリーズ第4戦、濵口遥大が8回1死まで無安打無得点の快投 pic.twitter.com/p91orKxeNG
2017年 日本シリーズ第4戦、今宮健太のファインプレー pic.twitter.com/3jYnBIlWpA
2017年 日本シリーズ、宮﨑敏郎の2本のホームラン、第2戦、森唯斗から勝ち越し2ラン、第4戦、和田毅から先制ソロ pic.twitter.com/XYyybMjZ4h
2017年 日本シリーズ第5戦、筒香嘉智がリック・バンデンハークから逆転2ランホームラン pic.twitter.com/flJH4Y4JUB
2017年 日本シリーズ第6戦、松田宣浩の先制ホームラン pic.twitter.com/WWwVMN9nRY
2017年 日本シリーズ第6戦、今永昇太が7回2失点11奪三振の好投 pic.twitter.com/cKGOq3QT8b
2017年 日本シリーズ第6戦、白崎浩之が東浜巨からまさかの同点ホームラン pic.twitter.com/bSDfNymVBU
2017年 日本シリーズ第6戦、3-2の1点ビハインドでむかえた9回、内川聖一が山﨑康晃から起死回生の同点ホームラン pic.twitter.com/LHioMdBnoJ
2017年 日本シリーズ第6戦、ホークス日本一の瞬間、延長11回、川島慶三のサヨナラタイムリーヒット、2年ぶり、2014以降の4年間で3度の日本一 pic.twitter.com/8E06KxNe5k
04:32  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.11.27 (Mon)

11月のアンクレット
ひこうき雲
君はメロディー
チャンスの順番
永遠より続くように
引っ越しました
潮風の招待状
Better
ライダー
ヘビーローテーション

ギンガムチェック
桜の花びらたち
夕陽を見ているか?
365日の紙飛行機
BINGO!
恋するフォーチュンクッキー
So long !
Bye Bye Bye
最後の制服
抱きしめちゃいけない

遠距離ポスター
Reborn
初日
47の素敵な街へ
僕だけのvalue
希望的リフレイン
シュートサイン
上からマリコ
Everyday、カチューシャ
ポニーテールとシュシュ

言い訳Maybe
大声ダイヤモンド
RIVER
心のプラカード
会いたかった
翼はいらない
ウッホウッホホ
チームB推し
走れ!ペンギン
ぐぐたすの空

青空カフェ
抱きつこうか?
涙サプライズ!
僕の太陽
フライングゲット
#好きなんだ
10年桜
永遠プレッシャー
鈴懸の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの

偶然の十字路
君のことが好きだから
LOVE修行
ハッピーエンド
抑えきれない衝動
唇にBe My Baby
ハイテンション
GIVE ME FIVE!
アイドルの夜明け
みなさんもご一緒に

友よ
長い光
未来の扉
だけど…
アイスのくちづけ
RESET
支え
Bガーデン
B Stars


なんて素敵な世界に生まれたのだろう
誰かのために〜What can I do for someone?〜
挨拶から始めよう
約束よ
そばかすのキス
真夏のクリスマスローズ
奇跡は間に合わない
真夏のSounds good !
Beginner
LOVE TRIP

ハロウィン・ナイト
桜の木になろう
桜の栞
Green Flash
清純タイアド
夢へのルート
マドンナの選択
次のSeason
君の瞳はプラネタリウム
RUN RUN RUN

青空のそばにいて
春一番が吹く頃
タンポポの決心
PARTYが始まるよ
NEW SHIP
ガラスの I LOVE YOU
生きることに熱狂を!
あの頃の五百円玉
ロンリネスクラブ
誰かが投げたボール

僕の桜
向日葵
愛の毛布
アリガトウ
草原の奇跡
最終ベルが鳴る
逆上がり
心の端のソファー
必殺テレポート
7時12分の初恋

清純フィロソフィー
初恋のおしべ
制服の羽根
星空を君に
風の螺旋
予約したクリスマス
ノエルの夜
夜風の仕業
ロマンスかくれんぼ
僕のYELL

未来の果実
Baby! Baby! Baby!
ユングやフロイトの場合
キスまで100マイル
あなたとクリスマスイブ
星空のミステイク
Only today
クラスメイト
AKB48
AKB参上!

洗濯物たち
青春ガールズ
ジグソーパズル48
マンモス
桜色の空の下で
LALALAメッセージ
カフカとでんでんむChu !
アンチ
野菜シスターズ
ほねほねワルツ

雨の動物園
背中から抱きしめて
小池
白いシャツ
あの頃のスニーカー
僕たちの紙飛行機
涙のシーソーゲーム


02:41  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.11.22 (Wed)





【アブー=ターリブ】
預言者ムハンマドの叔父で、育ての親。第4代正統カリフ(初代イマーム)アリー・イブン・アビー・ターリブの実父。クライシュ族の商人で、ハーシム家の当主となった。布教を始め迫害を受けた預言者を保護したが、生涯イスラームには入信せず、聖遷前の619年死去。

【アッバース・イブン・アブドゥルムッタリブ】
7Cメッカ、アッバース家の豪商で、預言者ムハンマドの母アーミナの弟。ムハンマドが布教活動を始めると最初は反対したが、のちに協力した。彼の有する債権の利子を受け取る権利をムハンマドが放棄したのが、利子の禁止の始まり。

【ハディージャ・ビント・フワイリド】♀
預言者ムハンマドの最初の妻。ファーティマの母。クライシュ族。未亡人として前2人の夫の遺産を受け継ぎ交易商をしていたが、595年40歳の頃夫と結婚。610年夫が啓示を受けると最初の信者となる。聖遷前の619年死去。

【ファーティマ】♀
預言者ムハンマドの娘。母はハディージャ・ビント・フワイリド。夫は後の第4代正統カリフ(初代イマーム)アリー・イブン・アビー・ターリブ。子のハサン・イブン・アリー、フサイン・イブン・アリーもイマームとなった。632年父を追うように死去。シーア派で特に崇敬される。

【アーイシャ・ビント・アブー・バクル】♀
預言者ムハンマドの3番目の妻。初代正統カリフ:アブー・バクルの娘。623年6歳で53歳の預言者と結婚。632年の夫の死後ウンマの有力者となり、アリー・イブン・アビー・ターリブと対立。656年ラクダの戦いで敗れた。多くのハディースを伝える。

【ズバイル・イブン・アウワーム】
7C、預言者の従兄弟で、教友(サハーバ)。子はアブドゥッラー・イブン・アッズバイル。歴戦に活躍後656年アリー・イブン・アビー・ターリブのカリフ位継承にアーイシャ・ビント・アブー・バクルとともに反対してバスラ近郊で交戦するが敗死(ラクダの戦い)。

【アブー・ウバイダ】
7C前、預言者の教友(サハーバ)、将軍。聖遷前からイスラームに帰依し預言者の信頼が厚かった。正統カリフ時代はシリア総督(アミール)として東ローマ帝国の攻略を任され、636年ヤルムークの戦いに勝利。翌年までにダマスクス、アンティオキア、エルサレムを陥落させた。

【ハサン・イブン・アリー】
7C、第2代イマーム。アリー・イブン・アビー・ターリブとファーティマの子で、フサイン・イブン・アリーの兄。預言者の孫。661年父の死後ムアーウィヤと対立するがウンマの分裂を嫌いカリフ位を譲ってマディーナに隠遁。その後セックス依存症に陥り69年死去。

【フサイン・イブン・アリー】
7Cシーア派第3代イマーム。第4代正統カリフ(初代イマーム)アリー・イブン・アビー・ターリブと預言者の娘ファーティマ・ザフラーの子で、第5代正統カリフ(第2代イマーム)ハサン・イブン・アリーの弟。680年カルバラーの戦いでウマイヤ朝軍に惨殺される。

【ヤズィード1世】
7C後、ウマイヤ朝第2代カリフ(位680-83)。ムアーウィアの子。初めて世襲でカリフ位についた。即位直後フサイン・イブン・アリーに軍隊を差し向け虐殺(カルバラーの悲劇)。83年アブドゥッラー・イブン・アッズバイルが反乱、メッカでの戦いでカーバ神殿は炎上。

【アブドゥッラー・イブン・アッズバイル】
7C、ウマイヤ朝に対する反乱指導者。父はズバイル・イブン・アウワーム。683年メッカで蜂起し第2代から第5代までのウマイヤ朝カリフに対抗してカリフを名乗り広大な地域を支配したがアブドゥルマリクが即位すると反撃され92年戦死(第2次内乱)。

【マルワーン1世】
7C後、ウマイヤ朝第4代カリフ(位384-85)。アブドゥルマリクの父。第2次内乱のさなかムアーウィア2世が早逝したためウマイヤ家の長老だった彼が即位した。しかし反乱指導者アブドゥッラー・イブン・アッズバイルの支持拡大に対処できず在位1年9ヶ月で死去。

【アブドゥルマリク】
7C末-8C初ウマイヤ朝の第5代カリフ(位685-705)。ウマイヤ朝中興の英主とされる。カリフを名乗ったイブン・アッズバイルを打倒し第二次内乱を終結させた。東西に領土を拡大し、ディーナール金貨・ディルハム銀貨を鋳造、エルサレムに「岩のドーム」を建設した。

【ワリード1世】
8Cウマイヤ朝第6代カリフ(位705-15)。アブドゥルマリクの子。中央アジアからインド北部、イベリア半島、東ローマ帝国に進出して最大版図を形成した。内政面では学校や病院を多数建設。ダマスカスの聖ヨハネ聖堂をモスクに改造してウマイヤド・モスクとした。

【クタイバ・イブン・ムスリム】
7C後-8C前、ウマイヤ朝の将軍。屈底波。バスラ出身のアラブ人。ワリード1世の時代にアム川とシル川の間のトランスオクシアナ(マー・ワラー・アンナフル)を征服した。ワリード2世の死後国内での立場が悪化し715年反乱を起こすが失敗し殺害された。

【蘇禄】
8C前、テュルク系民族の突騎施(テュルギシュ)の首領。西突厥の諸部族を糾合し西域に覇権を確立。クタイバ・イブン・ムスリムの死後マー・ワラー・アンナフル(トランスオクシアナ)をウマイヤ朝から奪う。唐の玄宗とは戦争と講和を繰り返す。最期は莫賀達干に打倒された。

【ターリク・イブン・ズィヤード】
8C前、ウマイヤ朝の軍人。改宗したベルベル人。ワリード1世の時代にモロッコから出撃し711年イベリア半島に上陸。1万2000人のベルベル人部隊を率いてグアダレーテ河畔の戦いで西ゴート王国軍を撃破しトレドを占領。ジブラルタルの名は彼の名にちなむ。

【西ゴート王ロデリック】
8C前、西ゴート王国最後の王(位710-12)。711年アフリカから侵入したウマイヤ朝軍を迎撃するが翌年グアダレーテ河畔の戦いで敗れ戦死(西ゴート王国滅亡)。彼に娘を強姦されたセウタ総督が復讐のため敵軍に協力した伝承が知られ多くの作品の題材になった。

【ペラーヨ】
8C前、西ゴート王国の貴族、イベリア半島北西部のアストゥリアス王国の初代王(位718-37)。西ゴート王国がウマイヤ朝軍に敗れ崩壊すると北西部に逃れ自立。22年ウマイヤ朝の討伐軍を渓谷で迎撃し撃退(コバドンガの戦い)。スペインではレコンキスタを開始した英雄とされる。

【ウマル2世】
8C前、ウマイヤ朝のカリフ(位717-20)。正統カリフのウマル・イブン・ハッターブの曾孫にあたる。マワーリー(改宗者)問題に対処。重税を逃れて都市に流入したマワリーを住民登録。さらにジズヤの廃止を検討したが志半ばで死去。改革は失敗したが後世に人格者と評された。

【ヒシャーム・イブン・アブドゥルマリク】
8C前、ウマイヤ朝のカリフ(位724-43)。アブドゥルマリクの子。治世は比較的安定していたがマワーリー(改宗者)の反政府運動は収まらず。イラクの干拓・灌漑事業で農地を拡大。後ウマイヤ朝の創始者アブド・アッラフマーン1世は孫に当たる。

【ワリード2世】
8C前、ウマイヤ朝のカリフ(位743-44)。ヤズィード2世の子。叔父のヒシャーム・イブン・アブドゥルマリクの死後カリフ位につくがイラク総督殺害事件の処理に不満を持つ人々の反乱に見舞われヤズィード3世によるクーデタで殺害された。優れた音楽家としても知られる。

【ヤズィード3世】
8C前、ウマイヤ朝のカリフ(位744)。ワリード1世の子でイブラーヒームの兄。母はサーサーン朝の血を引く。従兄弟のワリード2世を打倒して即位するが脳腫瘍を患い在位162日で死去。短い在位ながら治世中は最後のカリフとなるマルワーン2世が挙兵するなど内乱は絶えず。

【マルワーン2世】
8C前、ウマイヤ朝最後のカリフ(位744-50)。即位前はアルメニア方面でジハードを展開。カリフ位を簒奪したヤズィード3世とその弟イブラーヒームを打倒して即位。47年アッバース革命が勃発するとサッファーフの軍に圧倒されて敗走を続け最期はエジプトで戦死。

【アブドゥッラー・イブン・アリー】
8C、アッバース朝の王族、シリア総督。サッファーフ、マンスールの叔父。アッバース革命では750年ダマスカスを陥落させる活躍。革命後はウマイヤ家の人々を冷酷に殺戮。754年カリフ位を請求して挙兵するがマンスールに味方したアブー・ムスリムに敗れた。

【アブー・ムスリム】
8C、アッバース朝の英雄的軍人。マワーリー(改宗民)。アッバース家にスカウトされホラーサーンで反政府運動を指揮。47年挙兵し革命の火付け役となる。革命後も東方を支配し51年フェルガナに軍を送り唐軍を破る(タラス河畔の戦い)。最期はマンスールに危ぶまれ処刑。

【アブド・アッラフマーン1世】
後ウマイヤ朝の創始者(位756-88)。ウマイヤ朝の王族だったが750年のアッバース革命を逃れ、ベルベル人の援助でウマイヤ朝旧臣を連れてイベリア半島に上陸、コルドバでアミールに即位した。778年にはカール大帝のフランク王国の侵入も退けた。

【エウロギウス】
9C、後ウマイヤ朝治世下のコルドバのキリスト教聖職者。相互寛容を旨としたモサラベ社会の共存路線に背を向け、イスラム教と預言者を批判して処刑された殉教者の列伝を執筆し自らも公然とイスラム批判を展開。ズィンミー制度も差別として批判した。859年斬首刑により殉教。

【アッバース朝のマフディー】
8C後、アッバース朝の第3代カリフ(位775-85)。父はマンスール、子はハールーン・アッ=ラシードら。治世中は様々な勢力による反乱が頻発。病院を各地に建設する一方ギリシア語文献のアラビア語翻訳を命じ、思想的にもイスラームの優位性を示そうとした。

【イドリース朝のイドリース1世】
8C後、モロッコのイドーリス朝の創始者(位783-93)。ハサン・イブン・アリーの末裔。シーア派。アッバース朝のハールーン・アッ=ラシードに対する反乱に参加したが鎮圧されモロッコに逃れ、ベルベル人に支持されて建国。アッバース朝の刺客により毒殺。

【ジャアファル・サーディク】
8Cアッバース革命期の第6代イマーム。 神学者、法学者としても名高い。知と理性を重視し、イマームこそがシャリーアを正しく判断できるというシーア派教義を確立した。彼の2人の子のイマーム継承をめぐり、シーア派は十二イマーム派とイスマイール派に分裂。

【ムーサー・カーズィム】
8C後、第7代イマーム。父はイマームのジャアファル・サーディク。父の殉教後、シーア派は彼を正当なイマームとみなす多数派(12イマーム派)と兄イスマーイールを正当とする少数派(イスマーイール派)に分裂した。最期はアッバース朝当局に投獄され獄死し殉教。

【アミーン】
9C前、アッバース朝のカリフ(位809-13)。父はハールーン・アッ=ラシード、母はズバイダ、異母兄はマアムーン。父は彼に帝国中枢を、兄には帝国東方を任せる旨遺言したが811年兄は挙兵。バグダードに籠城するが敗れて13年処刑された。カリフの権威は大きく失墜。

【マアムーン】
9Cアッバース朝第7代カリフ(位813-33)。第5代カリフ:ハールーン・アッ=ラシードの長子。異母弟(嫡流)の第6代カリフ:アミーンを打倒して即位。 学問を愛し、830年頃バグダードに「知恵の館」を建設。ギリシア語文献のアラビア語への翻訳を進めた。

【アリー・リダー】
8C後-9C前、12イマーム派の第8代イマーム。父はムーサー・カーズィム。アッバース朝のハールーン・アッ=ラシードからは迫害されたがその息子同士の内戦に際しシーア派の支持を必要としたマアムーンから後継者に指名された。818年死去。シーア派はこれを毒殺とみなす。

【ムハンマド・タキー】
9C、シーア派12イマーム派の第9代イマーム。父はアリー・リダー。内戦時に父を利用したアッバース朝のカリフ・マアムーンに保護されその娘を妻とした。833年ムウタスィムがカリフ位を継ぐと立場は悪化し35年急逝。シーア派はアッバース朝の陰謀による殉教とする

【ムウタスィム】
9C前、アッバース朝のカリフ(位833-42)。父はハールーン・アッ=ラシード。兄マアムーンの死後即位。続発する反乱を鎮圧する軍事力を立て直すため、テュルク系マムルークを私兵として本格的に導入したが反乱は止まず。836年バグダードからサーマッラーに遷都。

【ムタワッキル】
9C、アッバース朝のカリフ(位847-61)。父はムウタスィム。兄ワースィクがマムルーク兵団に暗殺されたため即位。王権回復のために保守的な神学派を保護してカリフ位の神格化を進め自由主義的なムゥタズィラ学派を弾圧。反乱の続発は止まず、最期は対立した息子により暗殺。

【ハサン・アスカリー】
9C後、シーア派十二イマーム派の第11代イマーム。隠れイマームのムハンマド・ムンタザルの父。生涯アッバース朝当局により自宅に軟禁され874年27歳の時に毒殺された。イスラーム法学者としてシーア派に大きな影響を与え、アラウィー派は彼を最後のイマームとする。

【ムハンマド・ムンタザル】
9C、シーア派十二イマーム派の第12代イマーム。同派の伝承では第11代イマームのハサン・アスカリーの子で、父の葬儀の直後に神によって隠され(ガイバ)のちの世に救世主(マフディー)として再臨するという。イスラーム法学者がその間の彼の代理として統治する。

【キンディー】
9Cアッバース朝で活躍したアラブ人の学者。カリフ:マアムーンに招かれて「知恵の館」でギリシア語文献のアラビア語への翻訳に従事した。特にアリストテレスの哲学に精通し、神を普遍的真理としてその真の姿を探求するイスラーム哲学の基礎を築いたが、宗教的保守派には攻撃された。

【アブー・マーシャル】
8C末-9Cアッバース朝で活躍したイラン人の占星術師。ラテン名はアルブマサル。キンディーの弟子。著作はクラウディオス・プトレマイオスの「テトラビブロス」に注釈を加えた入門書「大序説」や「誕生年回帰の書」。いずれも西洋占星術に大きな影響を与えた。

【ジャービル・イブン=ハイヤーン】
8C-9C初、アッバース朝で活躍した自然哲学者。アラビア錬金術の祖。ラテン名はゲーベル。塩酸、硝酸、硫酸の精製・結晶化法やアルカリを発見。金属は水銀と硫黄からなり、その比率により金が生み出せると主張。著作は西洋で盛んに読まれたが偽書も多かった。

【バッターニー】
9C後-10C初、アッバース朝で活躍したシリアの天文学者、数学者。ラテン名はアルバテグニウス。三角法、三角関数を研究。ヨーロッパ人は彼の著作によって三角法を知った。天文分野では489個の恒星表を作成し、太陽年、黄道傾斜角、歳差を正確に算出した。

【タバリー】
9C-10C前アッバース朝のウラマー。カスピ海南岸のタバリスターン出身。 バグダードで活動。多方面に著作を残すが、イスラーム世界最初の年代記「諸使徒と諸王の歴史」とクルアーン解釈(タフスィール)の基礎となった「クルアーン章句解釈に関する全解明」が名高い。

【ムハンマド・アル=ブハーリー】
9Cアッバース朝のイスラーム法学者。ブハラ出身。生涯に90万のハディースを収集し、そのうち2700余りの信憑性の高いもの(サヒーフ)を最初の「サヒーフ」(真正集)にまとめた。これはスンナ派ハディース集の最高峰とされ、クルアーンに次ぐ権威を持つ。

【シャイバーニー】
8C後-9C初、ハナフィー学派のイスラーム法学者。「イスラームのグロティウス」。同学派の三大学祖の1人。シャリーアの国際法規定(スィヤル)の理論的考察に実績を残した。ヒヤル(一種の脱法行為)についても考察し寛容で現実的な同学派の基礎を築き、多くの弟子を残した。

【イブン・ハンバル】
9Cアッバース朝のイスラーム法学者。バグダード出身。ハディースを収集し、厳格なハディース解釈を重視。カリフ:マアムーンに保護された合理主義的なムゥタズィラ学派と対立し、弾圧された。彼の弟子たちはハンバル学派を創始し、スンナ派法学の保守的潮流をなした。

【イブン・アル=ムカッファ】
8C、ウマイヤ朝、アッバース朝で活躍した文筆家。ペルシア出身だがアラビア語で著述した。アリー家と親しかったことを危惧したカリフ・マンスールの命令で処刑された。ペルシア帝国の年代記やインドの説話をアラビア語に翻訳し、アラビア語文学に散文の地平を開いた。

【ジャーヒズ】
9C、アッバース朝の文学者、思想家。バスラ出身のアラブ人で祖父は黒人であった。カリフのマアムーンに招かれバグダードで活動。アラビア語の散文文芸を確立した。主著は修辞法の書「雄弁と明快の書」、博物学的な「動物の書」、イラン人を風刺した「けちんぼどもの書」など。

【イブン・ナディーム】
10Cアッバース朝で活躍した書誌学者。シーア派。バグダードで書店を経営するうちに知識人と交流。938年にアラビア語文献6600冊の目録「フィフリスト」を出版した。3500人以上の人物が言及され、中世イスラーム世界知る貴重な資料となった。

【バッターニー】
9C後-10C初、アッバース朝で活躍したシリアの天文学者、数学者。ラテン名はアルバテグニウス。三角法、三角関数を研究。ヨーロッパ人は彼の著作によって三角法を知った。天文分野では489個の恒星表を作成し、太陽年、黄道傾斜角、歳差を正確に算出した。

【ヤアクービー】
9C、ターヒル朝の保護下で活躍した歴史家、地理学者。インドや北アフリカにまで旅行し見聞を広めた。主著は天地創造から同時代までを記述した「ヤアクービーの年代記」。シーア派の視点が含まれる。他に地理学著作「諸国の書」。スラブ人世界やエチオピアに関する記述もある。

【ヤアクーブ・イブン・アル=ライス・アル=サッファール】
9C、イラン南東部のサッファール朝の建国者。サッファールは「銅細工職人」の意で彼の父の職業に由来。アイヤール(義賊)として台頭し861年アミールを名乗って自立。東方の広大な領土を征服。イラン民族の誇りを復興した英雄。

【ナスル1世】
9C、マー・ワラー・アンナフル(中央アジア南部)を拠点にしたサーマーン朝のアミールで、事実上の建国者。イスマーイール・サーマーニーの兄。873年ターヒル朝滅亡を契機に自立。イラン南東部を拠点にしたサッファール朝と激しく抗争した。弟との抗争と和解でも知られる。

【イブン・ハイサム】
11Cアラブ人の物理学者。西洋ではアルハーゼンとして知られていた。レンズや鏡を使った屈折や反射の実験などから光学の諸原理を発見し、「光学の父」とされる。実験と観察の結果を帰納し、数学的に法則化する近代科学の手法の発展に寄与した。

【アフマド・イブン・ファドラーン】
10Cアラブ人の旅行家。アッバース朝カリフがヴォルガ・ブルガール王に派遣した使節団に加わり、見聞録を記した。当時南ロシア一帯に住んでいたスラブ系民族の実態を伝える貴重な資料。長く引用でのみ知られていたが、20Cイランの図書館で写本が発見された。

【ガズナ朝のマフムード】
10C末-11C初ガズナ朝最盛期の君主(位997-1030)。999年にサーマーン朝滅亡に乗じてホラーサーン地方を支配。北インドにも繰り返し侵入しヒンドゥー寺院を略奪・破壊した。イラン文化の保護者で、フェルドウスィーは「シャー・ナーメ」を彼に献じた。

【マフムード・カシュガリー】
11Cトルキスタン、カラハン朝王族出身の学者。セルジューク朝支配下のバグダードに移住し、1077年「トルコ語辞典」を編纂。トルコ人の言語、文化、歴史とトルキスタンの地理をアラビア語で解説。トルコ・イスラーム文化の先駆。ウイグルでは現在も文化的英雄。

【イドリースィー】
12Cアラブ人の地理学者。シチリア王ルッジェーロ2世にまねかれて、「タブラ・ロジェリアナ」(ルッジェーロの書)とよばれる世界地図とその解説書を作成した。ユーラシア大陸全体と北アフリカが地誌とともに記載され、15Cまでもっとも正確な地図であった。

【バルトリハリ】
5C頃、インドのサンスクリット詩人、文法学者。詩と文法学は、それぞれ別人の業績とする説もある。パーニニの著作についてのパタンジャリの注釈書を研究し、「ヴァーキヤ・パディーヤ」を著した。「離欲百頌」「処世百頌」「恋愛百頌」の3つの詩集は「三百頌」と呼ばれる。

【ヴァラーハミヒラ】
6C、インドの天文学者、占星術師。西洋とインドの占星術の解説書「パンカ・シッダーンティカー」と「プリハット・サンヒター」が名高い。前者は三角法など高度な数学的知見を盛り込む。ギリシア語に精通し地球球体説を含むギリシア人の知見をインドに広めた。

【ブラフマグプタ】
7C、インドの天文学者、数学者。インド中央部のウッジャインで活動。主著は「ブラーフマ・スプタ・シッダーンタ」(宇宙の始まり)。0の概念が記された最古の本。負の数を代数に初めて使用。円に内接する四角形に関する定理や面積公式、二平方恒等式などのにその名を残す。

【清弁】
6C、インドの仏教僧。バーヴァヴィヴェーカ。中観派の学者で自立派の祖。唯識派の陳那に影響を受け龍樹の空の思想を論理学的な推論(自立)で論証した。このためすべてを否定することで空を論証する背理法(帰謬)を堅持する仏護と対立し中観派は自立派と帰謬派に分裂していく。

【月称】
7C、インドの学僧。中観派。清弁の自立論証を批判し、あくまで龍樹が「中論」で行った帰謬論法の有効性を主張した。この論争以降、中観派は帰謬論証派(プラーサンギカ)と自立論証派(スヴァータントリカ)の二派に分裂した。「入中論」で認識の自立性を否定し唯識思想を徹底的に批判。

【法称】
7C、インドの学僧。ダルマキールティ。デカン高原出身。唯識派。認識論と因明(論理学)の著作は総称して「法称の七論」と呼ばれる。「空」を否定して瞬間的な存在を肯定しつつ、存在の連続性を否定した(刹那滅)。仏教を批判したバラモン教の思想家クマーリラとの論争も知られる。

【シャンカラ】
8C、インドのバラモン教の思想家。南部出身のマラヤーリ人。ヴェーダーンタ学派の代表。仏教思想の影響を受け梵我一如の反する日常経験は無明が生み出す幻影だとした(不二一元論)。彼が各地に創設した法院の法主はシャンカラ師と尊称され現代でもヒンドゥー教の最高指導者である。

【ダンディン】
7C頃、インドの伝奇小説家、詩論学者。名前と著作のみが知られる。代表作は「ダシャクマーラチャリタ(十王子物語)」。14章中後編8章を書いたとみられ、サンスクリット文学に散文の新境地を開拓した。十人の貴公子の冒険を通じて当時のインド社会の文化、生活がうかがえる。

【ゴーヴィンダ3世】
8C末-9C前、南インドのデカン高原のラーシュトラクータ朝の最盛期の王(位793-814)。父はドゥルヴァ、子はアモーガヴァルシャ1世。北西の大国プラティーハーラ朝のナーガパタ2世を破り、南方のパッラヴァ朝、パーンディヤ朝にまで遠征し最大版図をなした。

【アモーガヴァルシャ1世】
9C、南インドのデカン高原のラーシュトラクータ朝の王(位814-78)。父はゴーヴィンダ3世。13歳で即位。従兄のカルカが補佐した。父とは違い軍事遠征を好まず、64年の治世はおおむね平和が続いた。文芸を振興して自らも詩作・著作しカナンガ語文学を生んだ。

【ボージャ1世】
9C、北インドのプラティーハーラ朝の最盛期の王(位836-85)。騎兵と戦象による強大な軍隊を用い、東はガンジス川流域のパーラ朝、南はデカン地方のラーシュトラクータ朝と抗争。北西はパンジャーブ地方にまで勢力を拡げた。交易や鉱山開発を振興し経済的にも繁栄。

【劉方】
6C末-7C初、ベトナム遠征で知られる隋の武将。602年交州に自立していた李仏子を攻撃し滅ぼす。さらに南進しチャンパ王国を攻め范梵志王の象軍を落とし穴を仕掛けて破る。王国を略奪し帰途につくが多くの将兵が病に倒れ彼自身も病死。遠征後ベトナムは隋に併合された。

【楊玄感】
7C前、隋の将軍。帝室の楊氏とは別系統。煬帝に疑われ謀反を計画。613年第2次高句麗遠征への従軍命令に背いて挙兵。洛陽攻略を目指すが失敗し敗走、3ヶ月ほどで鎮圧され敗死。これを契機に煬帝に対する民衆の怒りは爆発し河南・山東を中心に民衆反乱が続発する。

【智顗】
6C隋の僧。天台宗の実質的な開祖。560年大蘇山で慧思に学ぶ。75年から浙江省の天台山に登って天台教学を確立。91年隋の晋王(後の煬帝)に菩薩戒を授ける。経、律、論の三蔵のうち、論よりも仏の教えをつたえる経を重視した。天台三大部、天台五小部を講義、章安灌頂が筆記した。

【顔之推】
6C、南北朝時代末-隋初の儒学者。南朝の梁に仕えたが554年西魏の捕虜となり逃れて北斉に亡命。北周、隋にも仕えた。後世に家訓の代名詞となった「顔氏家訓」が名高い。伝統的な生活態度、教養、処世術の範を示す。北朝の質実剛健と比較して六朝貴族の華美な気風を批判。

【李建成】
7C、唐の皇族。初代皇帝高祖李淵の長子。弟は太宗李世民。建国と同時に立太子。父の統一事業に貢献するが戦功では弟に及ばず、互いに警戒して激しく対立した。626年四弟の李元吉と結んで世民にクーデタを仕掛けるが逆襲され殺された(玄武門の変)。直後に高祖は太宗に禅譲し引退。

【房玄齢】
7C前、唐の宰相、歴史家。高祖李淵、太宗李世民に仕えた。玄武門の変では道士に変装して敵の裏をかき李世民の政権奪取に貢献。貞観格式の選定など貞観の治のブレーンとして活躍。高句麗遠征に反対。「北斉書」など南北朝時代の正史編纂を総監。彼の政治哲学や政策は「貞観政要」に残る。

【高士廉】
7C前、唐の武将、宰相。北斉の皇族出身。太宗李世民に仕えた。唐の建国に貢献した「凌煙閣二十四功臣」の1人。626年玄武門の変で活躍。房玄齢らとともに旧北斉地域出身者の文人集団を形成し貞観の治を支えた。34年貴族制秩序の再編を意図した「貞観氏族志」100巻を編纂。

【蘇定方】
7C、唐の将軍。太宗、高宗に仕えた。627年突厥遠征で活躍し出世。657年西突厥を討ち唐の勢力圏を中央アジアに広げる。59年カシュガルを陥しパミール高原以西も征服。60年百済に遠征し義慈王を捕縛して滅ぼす。61年第2次高句麗遠征を指揮するも平壌を陥せず撤退。

【李靖】
7C前、唐の将軍。太宗に仕えた。629年太宗が即位するとすぐに突厥征伐に派遣される。奇襲と謀略によってさしたる損害なく頡利可汗を捕縛して東突厥を滅ぼし隋から降嫁していた義成公主を処刑。34年には吐谷渾に遠征して滅ぼす。宋代の兵法書「李衛公問対」の語り手として知られる。

【啓民可汗】
6C末-7C初、東突厥の可汗。父は沙鉢略可汗。兄の都藍可汗と対立し隋の文帝に接近し597年公主を娶った。99年兄の攻撃に大打撃を受け隋に帰順し新たに義成公主を娶る。その後も隋の支援を受けた。607年高句麗の嬰陽王が彼に使者を送り第2次高句麗遠征の契機となる。

【頡利可汗】
7C、東突厥の可汗。第一可汗国最後の可汗。父は啓民可汗。隋から父に降嫁した義成公主を娶る。622年から唐に攻勢をかけ長城を越えて略奪。29年大雪に見舞わるなか李靖率いる唐軍の攻勢を受け30年捕縛され東突厥はいったん滅亡した。唐で官位を得て余生を送った。

【懐仁可汗】
8C前、回鶻(ウイグル)可汗国の初代可汗。骨力裴羅(クトゥルグ・ボイラ)。ヤグラカル氏。742年頃、他部族と協力して東突厥第二可汗国に反乱し自立、唐の玄宗に朝貢し冊封を得た。45年には東突厥を滅ぼし領土を拡大、満州からアルタイ山脈に至る遊牧大帝国を築いた。

【王玄策】
7C唐からインドに派遣された使節。643年太宗からヴァルダナ朝のハルシャ・ヴァルダナへの使節団に加わる。47年正使として渡航するが、ハルシャ王が死去。チベット(吐蕃)とネパールの援助でヴァルダナ朝の反乱を鎮圧した。田中芳樹の小説「天竺熱風録」にこの冒険が描かれる。

【文成公主】♀
7C唐の皇女。「チベット仏教の母」。640年技術者集団をともなって吐蕃のグンソングンツェン王に降嫁。42年夫が急死。服喪後復位した父王ソンツェン・ガンポと再婚。中国の文物をチベットに伝えたがとりわけ仏教を崇拝しラサにラモチェ寺を建立。チベット仏教成立に寄与した。

【ティデ・ツグツェン】
8C、吐蕃の王(位705-55)。父王が南詔遠征で戦死したため乳児の時に即位し祖母のチマルが補佐。708年唐の武則天に公主降嫁を申し入れ10年中宗の養女である金城公主を7歳で迎えた。唐や西域から僧を招き寺院を建築して仏教を広めた。最期は近衛兵により暗殺。

【道綽】
6C後-7C前、唐の僧。浄土教。元々は戒律と禅定による成仏を目指していたが、609年48歳で曇鸞の碑文に触れて自力修行の道を捨て、如来の本願にすがる浄土教に帰依した。「観無量寿経」の講義を行い、注釈書「安楽集」を著す。小豆を数えながらひたすら念仏を唱えることを説いた。

【神秀】
7C-8C初、唐の禅僧。禅宗六祖。北宗の開祖。五祖弘忍の弟子で、慧能の兄弟子。701年95歳で上京し武則天、中宗、睿宗の「三帝の国師」となる。死後、荷沢神会から彼の思想が慧能の見性成仏と対称的な「漸悟」であると批判されたが実際には彼も心の観察(観心)による成仏を説いた。

【慧能】
7C-8C前、唐の禅僧。第六祖。弘忍の弟子。神秀は兄弟子。段階的な悟り(漸悟)を否定し人が本来持つ仏性を開くことを説く(見性成仏)。死後弟子の荷沢神会が神秀の北宗を批判する中で彼の説法集「六祖壇経」を編纂。後の禅宗の基盤となる。弟子は他に青原行思、南嶽懐譲、南陽慧忠。

【長孫無忌】
7C、唐の外戚。太宗李世民の皇后の兄。太宗の信頼が厚く、唐の建国に貢献した凌煙閣二十四功臣の筆頭に列せられた。立太子を後押しした高宗即位後も実権を握る。「永徽律疏」の編纂を主導し唐の律令を完成させた。武則天の立后に反対して立場が悪化し659年失脚、配流先で自殺。

【唐の睿宗】
7C末-8C初、唐の第5代、第8代皇帝(位684-90、710-12)。父は高宗、母は則天武后、子は玄宗。20歳で即位したが母;武則天の傀儡であった。則天武后の死後実権を握った韋后一派を子の隆基(のちの玄宗)の活躍で排除して復位。在位3年で玄宗に譲位した。

【李林甫】
8C唐の官僚。玄宗に仕えた。734年から宰相。貴族派の代表として科挙派の張九齢らと抗争して勝利。様々な謀略によって政敵を追放したため、玄宗に諫言する官僚がいなくなった。節度使に安禄山、高仙芝ら異民族の蕃将を用いることを献策。753年楊国忠に追い落とされ失脚。

【楊国忠】
8C唐の官僚。楊貴妃の親族で、楊貴妃の姉・虢国夫人の愛人であった。玄宗に評価され751年宰相となる。財政に明るい一方南詔遠征の失敗を隠すなど専横が目立った。節度使の安禄山と対立。755年安禄山が楊国忠排除を掲げて安史の乱を起こす。皇帝につき従い逃亡中に兵士に殺された。

【安慶緒】
8C後、唐の武将。安禄山の次男。安史の乱のさなか父が建国した燕の皇太子に立てられるが757年父が廃嫡をほのめかしたため誅殺を恐れて反撃し父を暗殺、長安で燕の皇帝に即位。同年唐・ウイグル連合軍に敗北を重ね洛陽に敗走。59年父の盟友だった史思明に見限られ殺害された。

【史朝義】
8C後、唐の軍人。史思明の子。父を補佐して安禄山の挙兵に従軍。759年父が安慶緒を殺し安禄山が建国した燕の皇帝となるが61年その父を殺して自ら燕の皇帝に即位。62年回鶻の牟羽可汗と同盟を結ぶが唐側に覆され唐・回鶻連合軍に洛陽を陥され敗走、63年自殺(安史の乱終結)。

【唐の徳宗】
8C末-9C初、唐の皇帝(位779-805)。父代宗が即位すると大元帥に任じられ、安史の乱の終息に務めた。即位後は唐の財政再建に尽力し、宰相楊炎の進言により建国以来の均田制・租庸調制を廃し、資産に応じて課税する両税法を施行した。節度史の抑制を試みたが失敗。

【唐の憲宗】
9C前、唐の皇帝(位805-20)。父は順宗、子は穆宗、宣宗。節度使の抑制に務め、河南二鎮を滅ぼし河朔三鎮を従わせた。長男の死後は仏教に傾倒し盛大な仏舎利奉迎を行った。これを諌めた韓愈の「論仏骨表」は名高い。次第に精神に異常をきたし最期は宦官に暗殺された。

【菩提僊那】
8C唐から日本に渡った僧。ボーディセーナ。インドのバラモン階級に生まれたがヒマラヤ山脈を越えて入唐し長安で活動していた。遣唐使副使中臣名代らの要請により仏哲、道璿と共に736年来日。行基が迎えた。751年東大寺盧舎那仏像(大仏)の開眼供養の導師をつとめた。

【如宝】
8C-9C初、唐から日本に渡った僧。中央アジア出身のソグド系とも。孤児であったが鑑真に拾われて弟子となり、鑑真と共に苦難の末754年日本に渡る。763年の鑑真死後は唐招提寺で伽藍の整備や律宗の発展に寄与した。唐に渡る前の空海は度々彼を訪ねたという。

【恵果】
8C-9C初、唐の密教僧。不空金剛に師事。8C前に金剛智と善無畏が伝えた二系統の密教を統合。瑜伽などの実践(事相)と経典の理解(教相)による成仏を説いた。長安青龍寺に住して代宗・徳宗・順宗の帰依を受ける。諸国からの留学僧に奥義を伝える。806年空海に全てを伝授して死去。

【洞山良价】
9C、唐の禅僧。曹洞宗の開祖。川に映った自分の姿を見て大悟を得たという。会昌の廃仏の難を逃れ、晩年に江西省高安の洞山に普利院を開いた。「正位」(実在)と「偏位」(現象)のあり方を説く五位思想を確立。詩に優れ、「宝鏡三昧」が知られる。弟子は雲居道膺、曹山本寂ら。

【臨済義玄】
9C、唐の禅僧。臨済宗の開祖。黄檗希運に師事し「黄蘗三打」の問答で大悟した。河北省の臨済寺に住み多くの弟子を育てて北方に信徒を広げ、会昌の廃仏により衰退した禅宗を復興した。「喝」を多用する峻烈で激しい禅風で、修行を通じて感覚的に弟子に悟りを伝える。語録は「臨済録」。

【布袋】
9C後-10C前、唐末-後梁時代の僧。本名:釈契此。寺を持たず明州で袋を持って托鉢活動をして高名となる。死後弥勒菩薩の化身として伝説化し、太鼓腹に袋を持った姿が水墨画好んで描かれた。日本では福の神として七福神に組み入れられ、袋は勘忍袋として寛容性の象徴となった。

【孟浩然】
8C前、唐の詩人。田園山林題材にした詩を得意とし、「春眠暁を覚えず」で始まる五言絶句「春暁」が最もよく知られる。江南各地を放浪し、義侠の振る舞いで人々と交流。王維、李白、宰相の張九齢とも親交があった。李白は「黄鶴楼にて孟浩然の広陵に之くを送る」を残す。

【李徳裕】
9C前、唐の宰相。穆宗、敬宗、文宗、武宗、宣宗に仕えた。門閥派の代表格。裴度らと組んで科挙進士派の李逢吉・牛僧孺らと激しい権力闘争を展開した(牛李の党争)。42年強大化する仏教僧院の管理を提言しこれが45年会昌の廃仏に発展。公文書集「会昌一品集」が名高い。

【牛僧孺】
9C前、唐の宰相。李逢吉・李宗閔らと結んで科挙進士派(牛党)を形成し李徳裕ら門閥派(李党)と激しい権力闘争を展開した(牛李の党争)。武宗の時代には李党が権力を握ったため左遷されたが、846年に宣宗が即位すると政権を奪還。直後に死去した。伝奇小説の執筆でも知られる。

【李商隠】
9C、唐の官僚、詩人。李義山。牛李の党争の最中、処世のために牛李両党間を渡り歩き変節奸の謗りを受けて出世の道が閉ざされた。幻想的で官能的な詩風で、恋愛や青春の追憶を主題とした。僻典を多用し古今の書物を並べて詩作したことから獺祭魚を名乗った。宋代の西崑体の範となる。

【杜牧】
9C、唐の詩人。宰相の牛僧孺に仕えた時期もあったが牛李の党争以降相次ぐ政変で出世できず。「阿房宮賦」で敬宗の奢侈を諌めた剛直な正義感と「江南春」などの七言絶句に見られる無情、風流、艶麗の詩風を併せ持つ。項羽を悼む「烏江亭」の中で「捲土重来」の語を生んだ。

【温庭筠】
9C、唐の詩人。温飛卿。宋代以降大流行する詞(楽曲に合わせた歌詞)のジャンルを確立した先駆者。遊郭通いでも知られ、恋愛や女性美、性交を歌った艶麗な詩風であった。恵まれた才能を持ちながら尊大かつ素行不良で、奇食した恩人にも愛想を尽かされ、放浪の末不遇のうちに没した。

【陸羽】
8C-9C初唐代の文筆家。孤児として苦学を重ね顔真卿に詩集編纂への協力を求められるようになった。当時の茶に関する知識を網羅した「茶経」で知られる。これは飲茶の普及を助長し、茶商人からは「茶伸」と崇められた。岡倉天心は彼を茶道の元祖とする。

【唐の武宗】
9C唐の第18代皇帝(位840-46)。李徳裕を宰相に起用し宦官や藩鎮の抑制に努めた。道教を尊ぶ一方で三武一宗の廃仏の中でも最大とされる会昌の廃仏を行った。肥大化した教団から荘園を没収し、貨幣用の銅が仏像に使われることを防いだとの説も。唐代三夷教も弾圧され消滅した。

【僖宗】
9C後、唐の皇帝(位873-88)。12歳で即位。政治は宦官に任せてポロなどの道楽にふけった。治世2年目の875年黄巣の乱が発生。長安を占領されて蜀に逃れ沙陀族の李克用に救援を要請。84年乱を鎮圧し長安に帰還するが地方には軍閥が割拠し唐は決定的に衰退した。

【唐の哀帝】
10C初唐朝最後の皇帝(位904-07)。即位時には最大藩鎮の朱全忠がすでに権力を握っており、904年に父帝の昭宗が殺され、12歳で即位した。907年に既定路線通りに朱全忠に禅譲し、唐朝は滅亡した。翌年、後梁の太祖となった朱全忠によって毒殺。享年17。

【義慈王】
7C、百済最後の王(位641-60)。扶余豊璋、百済王善光の父。642年高句麗の淵蓋蘇文と約1世紀ぶりに麗斉同盟を結び新羅の善徳女王、真徳女王を攻めるがこれは660年の唐・新羅同盟を招き計18万の連合軍に敗れ降伏した(百済の滅亡)。長安に連行されまもなく死去。

【百済王敬福】
8C日本で生まれた百済の亡命王族。東大寺大仏に塗布する黄金が求められていた折、749年陸奥守在任時に陸奥国小田郡から黄金が発見され聖武天皇を狂喜させた。彼の配下の百済系鉱山師による発見ではないかと言われる。橘奈良麻呂の乱や藤原仲麻呂の乱の鎮圧にも功績があった。

【善徳女王】♀
7C前、新羅の女王(位632-47)。王族の金春秋(後の武烈王)や忠臣の金庾信に補佐されたが、麗済同盟による孤立の中、高句麗、百済に攻め込まれた。数々の予知を行った逸話が残り、シャーマン的女王であったと考えられる。多くの留学生を唐に送り、文化の吸収に務めた。

【毗曇】
7C前、新羅の貴族。骨品は真骨。上大等(宰相)として善徳女王に仕えたが、百済との熾烈な抗争の中643年唐が援軍の条件として女王の廃位を求めると親唐派を糾合して女王に反乱を起こした(毗曇の乱)。反乱は王族の金庾信によりすぐに鎮圧され彼は殺されたが善徳女王はこの間に死去。

【武烈王】
7C新羅の王(位654-61)。金春秋。太宗。文武王の父。即位前には高句麗、唐、日本に使節として渡った。金庾信と協力し、真徳女王死去後に即位。麗済同盟に対抗して唐の高宗と同盟。660年唐と連合して百済を滅ぼした。王権を強化し、貴族合議制から世襲王政に転換した。

【金庾信】
7C新羅の朝鮮半島統一に貢献した武将。647年義兄の金春秋と共に真徳女王を立てこれを補佐。54年金春秋が武烈王として即位し宰相。60年に麗済同盟に対抗して唐と同盟。唐の強大な軍事力を利用して60年に百済、68年に高句麗を滅ぼし、63年の白村江の戦いでは倭国も撃退した。

【文武王】
7C後、新羅の王(位661-81)。 武烈王(金春秋)の長子。唐との友好を維持し金庾信の補佐を受けて統一戦争を進めた。663年白村江の戦いで倭の水軍を撃退。668年高句麗を滅ぼす。その後羈縻政策を目論む唐と戦い撃退。76年統一を完成。旧三国の一体化を進めた。

【義湘】
7C-8C初、新羅の僧。海東華厳宗の祖。650年陸路唐を目指すが高句麗兵に阻まれ失敗。61年海路で入唐。華厳宗第二祖智儼に学ぶ。71年帰国。76年浮石寺を建立。義湘十哲と言われる門弟を輩出。文武王にも助言した。日本では鎌倉時代の絵巻物「華厳宗祖師絵伝」で知られる。

【元暁】
7C、新羅の僧。華厳宗。新羅浄土教の先駆者。650年義湘と共に陸路唐に渡ろうとしたが高句麗兵に捕らえられ失敗。661年再び義湘と共に海路で唐に渡ろうとするが真理は遠方ではなく心にあると悟り国内で活動。240巻もの著作を成した。日本でも奈良の諸寺を中心に厚く尊崇される。

【慧超】
8C、新羅の僧。幼い頃に唐に渡り広州で金剛智に密教を学ぶ。722年海路インドに渡りインド各地を旅行し中央アジアを経て27年唐に戻り訳経に従事。87年唐で没した。著作の「往五天竺国伝」は1908年ポール・ペリオが敦煌莫高窟で発見。イスラム勢力進出期のインド記録として貴重。

【栄留王】
7C前、高句麗の王(位618-42)。建武王。618年唐の高祖李淵に朝貢し隋の高句麗遠征時の捕虜1万人を送還し冊封されるが関係は次第に悪化し31年から千里長城を建設。それでも対唐宥和路線を堅持したため42年強硬派の将軍淵蓋蘇文のクーデタで打倒され殺された。

【淵蓋蘇文】
7C高句麗末期の宰相、将軍。642年クーデタを起こして栄留王をはじめ対唐宥和派を殺戮し、宝蔵王を擁立して政権を掌握。対外強硬策を取り、新羅の金春秋(後の武烈王)の救援要請も拒否した。644-45年と661年の唐の大規模遠征を撃退した。天武天皇と同一視する俗説もある。

【宝蔵王】
7C高句麗最後の王(642-68)。淵蓋蘇文主導のクーデタで擁立されたが、彼に実権はなかった。668年唐の3度目の高句麗遠征で平壌が陥落(高句麗滅亡)、唐に連行され官職を与えられた。677年唐が遼東地域を慰撫するために派遣されると靺鞨と通じて高句麗復興を企てるが失敗。

【大武芸】
8C前、渤海の第2代王(位718-37)。大祚栄の子。父の建国事業を引き継ぎ領土を拡張。唐からの自立を図り契丹への挟撃要請を拒否。国内の反対論を抑えて唐の同盟部族であった北方の黒水部に出兵。唐や新羅を牽制するため10世紀まで続く遣日本使を初めて派遣した(渤海使)。

【大欽茂】
8C、渤海の第3代王(位727-93)。文王。大武芸の子。唐との良好な関係を維持し国内を整備する文治政治を行い唐風の中央集権体制を築いた。55年上京龍泉府に遷都。日本にも十数回の遣使を行い交易で莫大な利益を得た。安史の乱に際しても賢明な行動を取り国際的地位を維持した。

【恵恭王】
8C後、統一新羅の王(位765-80)。8歳で即位。母后が摂政となった。治世中は開明的な律令派と復古的な貴族連合派の党争が激しく反乱が頻発。 上大等(宰相)で王族の金良相(宣徳王)のクーデタで打倒された。7Cから続く武烈王の王統は途絶え新羅の上代は彼で終わるとされる。

【宣徳王】
8C後、統一新羅の王(位780-85)。金良相。上大等(宰相)を務めた有力王族ではあったが王位継承者ではなかった。律令派と貴族連合派の党争を収集するためクーデタで恵恭王を打倒して即位。治世5年で死去したため政治的混乱は収まらず王位簒奪が続き、彼以降を新羅の下代という。

【哀荘王】
8C末-9C初、統一新羅の王(位800-09)。金清明。13歳で即位。叔父の金彦昇(後の憲徳王)が摂政として補佐した。801年耽羅国(済州島)から朝貢を受ける。02年海印寺を創建。03年約20年ぶりに日本との国交を再開。09年叔父のクーデタで殺された。

【憲徳王】
9C前、統一新羅の王(位809-26)。金彦昇。祖父の元聖王、兄の昭聖王、甥の哀荘王に仕えたがクーデタで甥を殺害して即位。治世中は飢饉と反乱が続発して治安は崩壊し唐や日本へ難民が流出。王権は弱体化し地方は貴族の支配に任され、治安維持は花郎集団が担った。

【張保皐】
9C前、統一新羅の軍人。鎮海将軍。奴隷貿易をしていた海賊を海運業、造船業に従事させる懐柔策で平定。唐の新羅人居留地を結ぶ一大海上勢力を張り交易を支配した。新羅王位を左右できるほどの実力を持ち、846年文聖王に反乱するが刺客により暗殺。日本の僧:円仁の唐留学を支援。

【甄萱】
9C末-10C前、朝鮮後三国時代の群雄で後百済の建国者。892年新羅に反乱。全州を拠点に自立し百済王を名乗り唐にも遣使した。弓裔の建てた後高句麗、王建の建てた高麗と抗争。927年新羅の景哀王を打倒し敬順王を擁立。長男の甄神剣と対立した末幽閉され高麗に投降した。

【弓裔】
9C末-10C前、朝鮮後三国時代の群雄で後高句麗の建国者。一目大王。隻眼。盗賊出身。893年世界を救済する弥勒菩薩を自称して新羅に反乱。901年開城を拠点に後高句麗を建国。11年国号を泰封に改称。やがて狂信的で粗暴になり18年王建(高麗の太祖)のクーデタで打倒された。

【紀男麻呂】
6C、倭の豪族。562年欽明天皇により任那を滅ぼした新羅の討伐に大将軍として派遣された。薦集部登弭の情報漏洩もあり調伊企儺を捕縛されるなど不発に終わる。87年丁未の乱では蘇我馬子に従って物部守屋を討った。91年にも任那復興遠征を準備するが崇峻天皇暗殺により頓挫。

【東漢駒】
6C、飛鳥時代の倭の刺客。姓(カバネ)は直。東漢氏。592年崇峻天皇による誅殺を恐れた蘇我馬子の命により儀式の席で崇峻を暗殺。直後に崇峻の女御であった河上娘との密通が発覚したとして馬子に処刑されたが、口封じとみられる。これは日本史上唯一の臣下による天皇暗殺。

【来目皇子】
6C-7C初、倭の皇族。父は用明天皇、母は穴穂部間人皇女、兄は聖徳太子。602年征新羅大将軍に任命され2万5000の兵を与えられるが筑紫国島郡(糸島半島)で病に倒れ翌年死去した(第2次新羅征討計画)。親新羅勢力であった蘇我氏による暗殺説は絶えない。

【観勒】
6C-7C初、百済出身の渡来僧。602年推古朝の倭に渡来。仏教だけでなく天文、暦本、陰陽道を伝える。624年ある僧の不祥事を機に僧官の整備を進言し僧正・僧都の制が定められると初代の僧正となった。飛鳥池工房遺跡から彼の名を記した木簡が出土しており飛鳥寺に住したとみられる。

【曇徴】
7C前、高句麗出身の渡来僧。「日本書紀」によると710年推古朝の倭に渡来。仏教だけでなく儒学の五経に通じ、絵の具、紙墨の製作に優れたという。従来製紙法を伝えた人物と考えられていたが近年否定されている。さらに水力を利用して粉を挽く碾磑を伝えたがこれは普及せず。

【橘大郎女】♀
7C前、倭の皇族。聖徳太子の妃。推古天皇の孫。622年に太子が死ぬと推古に「往生した太子の姿を見たい」と願い出て釆女に「天寿国繍帳」を作らせた。縦2m横4mの帳2枚にそれぞれ太子と阿弥陀如来を中央に描いて繋げた天寿国の想像図。ごく一部が現存。

【紀広純】
8C後、奈良時代の日本の武将、公卿(参議)。光仁天皇期以降の奥羽北部の蝦夷征討(三十八年戦争)の初期に従軍。鎮守将軍・大伴駿河麻呂の下で活躍。774年から鎮守将軍として戦争を指揮。80年俘囚の伊治呰麻呂の裏切りに遭い殺され、多賀城が陥落する大反乱となった(宝亀の乱)。

【大伴弟麻呂】
8C後-9C初、奈良時代-平安時代の日本の武将、公卿。藤原不比等は母方の祖父。791年から征夷大使。794年桓武天皇から史料に見える最初の征夷大将軍として節刀を賜る。副将軍の坂上田村麻呂が戦果を挙げたが翌95年節刀を返上。征夷大将軍は田村麻呂が引き継ぐ。

【文室秋津】
9C前、平安時代の日本の公卿。嵯峨、淳和、仁明朝に仕えた。武蔵、甲斐で国司を勤め勅旨牧の開発を指揮。その後中央で出世し835年記録に見える最初の検非違使別当となる。皇太子恒貞親王の春宮大夫を兼ねていたため42年承和の変で処罰され出雲に左遷。43年配所で死去。

【藤原良相】
9C、平安時代の日本の公卿、右大臣。藤原北家。父は左大臣で歌人の藤原冬嗣。兄は摂政・藤原良房。仏教を篤く信仰し度量が広く、人望を集めて兄から警戒された。一族の困窮者のために延命院、崇親院を建立。2012年彼の邸宅跡から最初期の平仮名が墨書された土器が発見された。

【石敬瑭】
10C五代後晋の初代皇帝(位936-42)。高祖。ソグド系突厥。建国期から活躍した後唐の節度使であったが、契丹の力を借りて皇帝を名乗り、後唐を滅ぼして後晋を建国した。契丹に燕雲十六州を献上し、さらに毎年多額の歳幣を贈って臣従した。燕雲十六州は長年に渡り係争地となる。

【柴栄】
五代後周の第2代皇帝(位954-59)。世宗。後周の建国者郭威(太祖)に外戚として仕え、嗣子がなかった郭威の後継者となる。54年北漢・契丹連合軍の侵入を撃退。殿前軍を編成し節度使の弱体化と皇帝権の強化を進めた。十国の後蜀、南唐にも勝利。「三武一宗の廃仏」を行った一人。

【宋の真宗】
北宋の第3代皇帝(位997-1022)。太宗の子。太宗の方針を受け継ぎ、文治主義を推進。1004年遼の聖宗の進軍に対して親征、澶州で遼軍を食い止め、澶淵の盟を結んだ。軍事的緊張緩和により北宋の経済発展の基礎を築いた。道教を尊崇し、08年宋代唯一の封禅を行った。

【寇準】
11C初北宋の宰相(任1004-06、17-20)。皇帝に対しても直言する諫臣として知られる。1004年遼が聖宗の親征により軍を南下させると王欽若らの南遷論を退け真宗を鼓舞し親征を主張。 遼軍を澶州で食い止め、澶淵の盟が結ばれた。これは北宋の安定的発展の基礎となった。

【宋の仁宗】
北宋の第4代皇帝(位1022-63)。真宗の子。12歳で即位し1033年から親政。宰相に呂夷簡を起用した治世で社会は安定し(「慶暦の治」)、優れた文人が多数登場した。西夏や遼に対する歳幣や常備軍の強化により財政の悪化が表面化した。63年嗣子が無いまま病死。

【范仲淹】
11C北宋の政治家、文人。1038年西夏建国後、44年の慶暦の和約まで国境を防備した。43年から副宰相として仁宗として「慶暦の治」に貢献した。「岳陽樓記」の中に「先憂後楽」の言葉を残し、後世に士大夫の理想像として仰がれた。宗族互助のための義荘を初めて設立(范氏義荘)。

【宋の英宗】
11C北宋の第5代皇帝(位1063-67)。先代の仁宗に嗣子がなかったため養子となり帝位を継承したが在位4年で病没した。実父である趙允讓に対する祭祀上の扱いをめぐって韓琦ら執政系官僚と司馬光ら言職系官僚が論争し、新法・旧法の争いに先駆けて深刻な党争となった(濮議)。

【宋の哲宗】
11C北宋の第7代皇帝(1085-1100)。神宗の子。徽宗の兄。9歳で即位すると1093年までは英宗の皇后だった宣仁太后高氏の垂簾政治が行われた。このとき20年余り実施された新法が全廃され大混乱が起こった。親政後は章惇が新法を復活するが混乱は止まず。24歳で崩御。

【畢昇】
11C北宋の発明家。沈括の「夢渓筆談」によると、膠泥活字を用いた活版印刷術を発明した。土を膠で固めた上に字を刻んで焼き固めた活字を鉄板上に配列した組版を用いた。木版印刷がすでに普及していたため膠泥活字は普及しなかったが、活版印刷としては先駆的。

【蔡京】
12C初北宋末期の宰相(任1103-26の間断続的)。徽宗の信任を得て権力を掌握。反対勢力を弾圧し、民衆に重税を課した。16年頃から実権を失い、25年靖康の変で失脚。書道の達人でもあった文化的才人で、風流天子;徽宗と馬が合った。のち「水滸伝」の描写で悪人の評価が確立。

【方臘】
12C前北宋末期の反乱指導者。漆園の経営者でマニ教系の秘密結社「喫菜事魔」の指導者であったが、花石綱事件をはじめとする徽宗の政治に対する不満を背景に1120年江南地方で反乱を起こした。北宋は遼攻撃を延期して禁軍を派遣し鎮圧した。「水滸伝」の登場人物としてもしられる。

【宋江】
12C前、北宋末の反乱指導者。江南の方臘の乱の最中1120年反乱を起こし華中を席巻。同年鎮圧されるが彼の36人の将軍が官軍を苦しめた。彼らをモデルに山東省の大沼沢梁山泊を巣窟とする36人の盗賊団の伝説が生まれ明代「水滸伝」が成立。同作では朝廷に投降後遼や方臘軍と戦う。

【呉乞買】
12C前、金の皇帝(位1123-35)。太宗。太祖阿骨打の弟。領土を満州から華北、モンゴル高原にまで拡大した。1125年遼を滅ぼす。同盟国の宋が金を牽制する動きを見せると激怒し、27年開封を攻めて徽宗、欽宗を含む宋の支配層を金に拉致した(靖康の変)。

【王重陽】
12C金の道士。道教を革新した全真教の開祖。前半生は放蕩無頼の生活を送っていたが、1159年48歳のときに「甘河の偶仙」と呼ばれる隠者に口伝を受け、道士となった。儒教、仏教、道教の「三教一致」を標榜。「七真人」と呼ばれる高弟らの布教により同世紀中に金朝が全真教を公認。

【陸游】
12C-13C初、南宋の官僚、詩人。陸放翁。南宋四大家の1人。強硬な対金強硬論者で、中央での任官と蜀地方での隠棲を繰り返した。詩風には、愛国的な詩と田園生活を詠じた詩の二つの側面がある。「入蜀記」は紀行文の圧巻とされる。現存する詩は約9200首を数える。朱熹とも親交。

【無学祖元】
13C南宋から鎌倉時代の日本に渡った臨済宗の僧。1279年執権北条時宗に蘭渓道隆の後継として招かれ来日。弘安の役の際には時宗を精神的に支えた。時宗が元寇の戦没者慰霊のために建立した円覚寺の開山となる。円覚寺開山堂には彼の坐像が安置されている。

【蘭渓道隆】
13C南宋から鎌倉時代の日本に渡った臨済宗の僧。大覚禅師。執権北条時頼の帰依を受け、1253年に時頼が鎌倉に円覚寺を建立すると開山となる。1274年文永の役の際密偵の疑いをかけられる。78年に没し、代わって無学祖元が招かれる。

【賈似道】
13C南宋末期の軍人。理宗の寵妃であった姉;賈貴妃の縁故で出世し、国境防備を指揮。1258-60年モンゴル帝国の総攻撃を撃退した。この功績で宰相となり、理宗・度宗・恭帝の3代16年間政権を握り、改革により南宋の再建を図るが、75年元軍に大敗し失脚。流罪地で暗殺された。

【文天祥】
13C南宋末期の軍人。モンゴル帝国軍との戦いに活躍するが賈似道とは対立。臨安陥落後もゲリラ的に抵抗を続けた。1278年に捕えられて大都へ連行。クビライはその才を惜しんだが宋朝への忠節を守ったため83年処刑された。後世忠臣の鑑として称えられ、日本の尊王思想にも好まれた。

【ボルテ】♀
12Cモンゴル帝国のチンギス・カンの皇后。コンギラト部族の族長の娘。子はジョチ、チャガタイ、オゴデイ、トルイ。ジョチを産む直前にメルキト部族に拉致・強制結婚させられており、ジョチの実父はテムジンではないとする説が当時からある。

【ジョチ】
13C前モンゴル帝国初期の王族。チンギス・カンの長男でバトゥの父。ジョチ・ウルス(キプチャク・ハン国)の始祖。オイラト、キルギスの征服、金への遠征、中央アジア遠征で活躍し、カザフ草原に所領(ウルス)を築いたが、1225年病没。チンギス・カンの実子ではないとの説がある。

【グユク】
13C第3代モンゴル帝国皇帝(位1246-48)。第2代皇帝オゴデイの長子。父帝の時代にバトゥの欧州遠征に参加。41年父帝が死去。46年母ドレゲネの尽力によりクリルタイで皇帝に選出。母の死後、色目人のアブドゥッラフマーン罷免など粛清を断行。48年征西の途上で死去。

【モンケ】
モンゴル帝国の第4代皇帝(位1251-59)。チンギス・ハーンの末子トルイの長男でクビライの兄。1248年グユクが死ぬとバトゥの支持を受けてク即位。オゴデイ家やチャガタイ家の反対派を粛清。フレグを中東に派遣し58年アッバース朝を滅ぼす。自ら南宋遠征に出たが四川で病没。

【耶律楚材】
13C前、モンゴル帝国に仕えた契丹人の官僚。遼の王族出身。1214年金に侵攻したモンゴル帝国軍の捕虜となるが、占星術に通じたためチンギス・カンの側近となる。後継のオゴデイにも重用され、華北の漢人統治に携わった。ムスリム系官僚が台頭すると、税方式をめぐって対立した。

【ラッバーン・バール・サウマ】
13Cウイグル人のネストリウス派僧侶。大都近郊で活動後弟子のラッバーン・マルコス(のちネストリウス派総主教)とエルサレム巡礼に出立。イルハン朝アルグンの外交使節として欧州に派遣され各国君主や教皇と面会したがマムルーク朝挟撃の軍事同盟の締結は失敗。

【蒲寿庚】
南宋末元初の貿易商、軍人。アラブ系イスラム教徒。泉州で貿易商として大船団を率い、それを転用した福建水軍の司令官となる。南宋首脳部は彼を頼り泉州遷都を検討するが結局元に寝返り、南宋の再興は絶望的となった。元朝でクビライの海上進出に協力。泉州の空前の繁栄を導いた。
【王実甫】
元代中国の劇作家。元曲作家の代表者。詳細な経歴不明。元稹による唐代の短編伝奇恋愛小説「鶯鶯伝」を戯曲にした「西廂記」が北曲の傑作とされる。原作では悲恋に終わる主人公とヒロインが「西廂記」ではラストで結ばれる。儒教の封建的道徳に抗い自由を求める人々の姿を描いたとも。

【馬致遠】
13C末-14C初、元の劇作家。元曲四大家の1人。号は東籬。代表作は王昭君を主題とした雑劇「漢宮秋」で、「元曲選」の巻頭を飾る。元帝が雁の声に王昭君への思慕の情を募らせるシーンで知られる。「任風子」「岳陽楼」「黄梁夢」には仙人奇跡が登場し、彼の超世思想を示す。

【玉澗】
13C南宋末元初の画僧。浙江省金華出身。出家後杭州上天竺寺書記となる。各地を歴訪して山水画を描く。唐の画風を伝えるラフスケッチのように粗放な破墨を得意とした。代表作は洞庭湖を描いた「瀟湘八景図」で、三品が日本に現存する。日本では水墨画のみならず庭園造りにも影響を与えた。

【陳興道】
13C大越陳朝の王族。英雄的軍人。叔父にあたる陳太宗に仕え、1257年モンゴル軍の侵攻撃退に活躍。82年元の侵攻に際し総司令官としてゲリラ戦を繰り広げて元軍に大勝。87-88年3度目の侵攻もチャンパとの共同戦線を張り、退却する元軍を白藤江の戦いで撃滅した。

【ヤショヴァルマン1世】
9C後-10C前、クメール王朝の王(位889-910)。父王が建設を進めていたヒンドゥー教寺院ロレイを完成させた。内乱を避けアンコールに新都を建設し遷都。近郊に東バライ(大規模な貯水池)やプノン・バケン寺院を建設した。最期はハンセン病により死去。

【スーリヤヴァルマン2世】
12C、クメール王朝の王(位1113-50)。シャム人、モン人、チャンパ王国と戦い領土を拡張。ヒンドゥー教寺院建築に熱心で、大伽藍と精緻な浮き彫り彫刻を備えるアンコール・ワットの他、トマノン、バンテアイ・サムレ、タイのピマーイ遺跡を建築。

【ジャヤーヴァルマン7世】
12C末-13C初、クメール王朝最盛期の王(位1181-1218頃)。チャンパとの戦争に勝利し城砦都市アンコール・トムを建設。敬虔な仏教徒で寺院の他多数の病院を建設した。三島由紀夫が戯曲「癩王のテラス」にハンセン病患者として描いたがフィクションである。


【アラー・ウッディーン・ハルジー】
13C末-14C前、デリー・スルタン朝のハルジー朝のスルターン(位1266-1316)。伯父である建国者ジャラールッディーン・ハルジーを打倒して即位。チャガタイ・ハン国やイルハン国の侵入を撃退。財宝と家畜を求めて度々南インドに侵入した。

【クロタール2世】
7C前、メロヴィング朝フランク王国第3代の王(位613-29)。クロタール1世の孫。584年北西部のネウストリア王となる。北東部のアウストラシア、南東部のブルグントを支配していた同族を打倒して祖父の死後分裂していたフランク王国を再統一した。分王国に宮宰を導入。

【ダゴベルト1世】
7C前、メロヴィング朝フランク王国の王(位629-639)。父はクロタール2世。631年スラブ人を糾合したサモの王国と戦う。32年異母兄弟が承継していたアキタニア(アキテーヌ地方)を併合して王国を統一。彼の死後王国はまたも分国に分かれ王朝は決定的に衰退した。

【ピピン2世】
7C後-8C前、フランク王国の宮宰(任680-714)。中ピピン。カール・マルテルの父。王国東部のアウストラシアを拠点に西部のネウストリアの宮宰エブロインと抗争。エブロインの死後ネウストリアと南部のブルグントにも支配を拡大し王国内に一族の支配権を確立した。

【聖ボニファティウス】
8C、イングランド出身、フランク王国で活動したキリスト教の宣教師。「ドイツ人の使徒」。宮宰カール・マルテルの庇護を得て北ゲルマン諸部族の改宗を進めたが「トールのオーク」伐採をはじめゲルマン信仰の聖所破壊を伴った。754年北海沿岸でフリース人に殺害され殉教。

【アウストラシア宮宰カールマン】
8C前、フランク王国の宮宰(位741-47)。カロリング家。父はカール・マルテル、弟はピピン3世。父の死後弟と王国を分割し南部のアウストラシアを支配。743年メロヴィング家のキルデリク3世を王位につける。47年突然修道院に隠棲し弟が全土を支配。

【ステファヌス3世】
8C後、ローマ教皇(位752-57)。2世と呼称する場合もある。フランク王国との接近を進め、754年ピピン3世と2人の子(カールマンとカール大帝)を聖別。56年見返りとしてランゴバルド王国を滅ぼしたピピン3世からラヴェンナ地方の寄進を受けた(ピピンの寄進)。

【フランク王カールマン】
8C後、カロリング朝フランク王国の王(位768-71)。父はピピン3世、兄はカール大帝。父の死後王国を兄と分割して相続し、南東部のブルグントと南西部のアウストラシアを領有した。兄とは不仲であり、彼の死後妻子はランゴバルド王国に逃亡。王国は兄が相続した。

【ヴィドゥキント】
8C後-9C初、ザクセン人の首領。772年から聖木を伐採して侵攻したフランク王国のカール大帝にゲリラ戦で抵抗(ザクセン戦争)。86年降伏しカトリックに改宗。ザクセン公に封じられ修道院で余生を送った。彼の改宗はカトリックの勝利の象徴として絵画や彫刻に描かれた。

【フランク王ルートヴィヒ1世】
9Cカロリング朝フランク王国の王(位814-40年)。敬虔王。カール大帝の子。817年父から継いだ広大な帝国を部族の伝統に従い帝国を分割相続する取り決めを行う。彼の死後長男ロタール1世、三男ルートヴィヒ2世、四男シャルル2世により帝国は分割された。

【ロタール1世】
9Cフランク王(840-43)、中フランク王(43-55)。カール大帝の孫、ルートヴィヒ1世の長男。弟である東フランク王ルートヴィヒ2世と西フランク王シャルル2世に敗れ、845年ヴェルダン条約で帝国を3分。死の直前3人の子に分割相続し中フランク王国はさらに分裂。

【東フランク王ルートヴィヒ2世】
9Cカロリング朝東フランク王国の初代王(位843-76)。ドイツ人王。ルートヴィヒ1世の三男。弟シャルル2世と結んで兄ロタール1世に対抗(ストラスブールの誓約)。843年のヴェルダン条約で東フランク王国を形成、70年メルセン条約で領土を拡張した。

【シャルル2世】
9C西フランク王国の初代国王(位843-77)。禿頭王。父ルートヴィヒ1世(敬虔王)の死後次兄ロタール1世と結んで長兄ルートヴィヒ2世と争い、843年ヴェルダン条約で王国を3分した。70年にはメルセン条約でイタリアを除く中フランク王国を分割、フランスを形成した。

【西フランク王ルイ3世】
9C後、西フランク王国の王(位879-82)。カロリング家。祖父は禿頭王シャルル2世。弟はカルロマン2世。父王の死後弟王と共同統治。880年リブモント条約でロートリンゲン西部を東フランク王国に割譲、これが中世の独仏国境となる。81年ノルマン人を破る。

【フランク王カール3世】
9C、フランク王(位884-87)。肥満王。父は東フランク王ルートヴィヒ2世。2人の兄の死により82年東フランク王となる。84年西フランク王カルロマン2世の死により東西フランク王国を一時的に再統一。ノルマン人、イスラム勢力の侵入に対処できず87年退位。

【ステファヌス5世】
9C前、ローマ教皇(位816-17)。カール大帝に戴冠した先代のレオ3世の路線を継承してフランク王国への接近を推進した。816年アルプス山脈を越えランスで大帝の子ルートヴィヒ1世に戴冠。翌年ローマに帰還後まもなく死去。

【ローマ教皇レオ4世】
9C、ローマ教皇(位847-55)。847年ボルゴ地区で起った火災を鎮火する奇跡を起こしたという。ムスリム艦隊の侵入に対しイタリア諸都市の同盟軍を結成し49年オスティアの海戦で勝利。2つの出来事は16Cにラファエロ・サンティの弟子がバチカン宮殿に描いた。

【ローマ教皇ヨハネス8世】
9C後、ローマ教皇(位872-88)。875年西フランク王シャルル2世、81年フランク王カール3世をそれぞれローマ皇帝に戴冠した。スラヴの使徒メトディオスの宣教を支援し典礼でのスラヴ語使用を認めた。東方教会と和解しフォティオスの分離を解消。

【東フランク王アルヌルフ】
9C後、東フランク王(位887-99)。カロリング家。子はルートヴィヒ4世。叔父のフランク王カール3世の廃位後東王国を継承。891年ノルマン人に勝利。東方のモラヴィア王国とも戦う。96年イタリアに侵攻。教皇フォルモススによってローマ皇帝に戴冠される。

【グイード・ダ・スポレート】
9C後、イタリア王(位889-94)。イタリア中部のスポレート公国の君主だったがフリウーリ辺境伯ベレンガーリオ1世とイタリア王位を争い勝利。91年教皇ステファヌス6世からローマ皇帝に戴冠される。同年以降東フランク王アルヌルフの侵攻を受けた。

【ベレンガーリオ1世】
9C後-10C前、イタリア王(位888-924)。北東部のフリウーリ辺境伯だったがフランク王カール3世の廃位後諸侯・司教会議でイタリア王に選出。グイード・ダ・スポレート、プロヴァンス王ルイ3世らと抗争。915年ローマ皇帝に戴冠。軍の主力はハンガリー人傭兵。

【西フランク王ウード】
9C末、ロベール家の西フランク王(位888-898)。カロリング家以外から初めての王。パリ伯であったが886年にパリを包囲したノルマン人を撃退し英雄となる。888年有力な諸侯・聖職者推されて即位。カロリング家のシャルル3世と争うが、和睦して後継に指名した。

【西フランク王シャルル3世】
9C末-10C前、カロリング家の西フランク王(位893-922)。単純王。ノルマン人、イスラム勢力、マジャル人の侵入が続く中、ウードと王位を争い、その死後王位に就く。ノルマン王ロロと和睦しノルマンディー公に封じた。ウードの弟ロベール1世に敗れ廃位。

【西フランク王ルイ5世 】
10Cカロリング朝最後の西フランク王(位986-87)。怠惰王。即位後1年で事故死。継嗣はなく、カロリング朝は断絶。彼と対立していたロベール家のユーグ・カペーが王位に就き、14Cまで続くカペー朝がされる。これ以後西フランク王国はフランス王国と呼ばれる。

【東フランク王ルートヴィヒ4世】
9C末-10C初、カロリング朝最後の東フランク王(位899-911)。小児王。6歳で即位し17歳で死去。有力な貴族や聖職者が摂政団を形成し政治を代行した。在位中はマジャル人の侵入が続いた。嗣子はなく、東フランク王国のカロリング朝は断絶。

【東フランク王コンラート1世】
10C初、東フランク王(位906-11)。小コンラート。911年東フランクのカロリング朝が断絶するとフランケン公から貴族による選挙で王に選ばれた。死に際して宿敵であったザクセン公ハインリヒ1世を後継に指名した(ザクセン朝の創始)。

【ローマ教皇ヨハネス12世】
10Cローマ教皇(位955-64)。周辺諸侯と戦った際、東フランク王国のオットー1世に救援を要請。見返りとして962年オットーに対し「ローマ皇帝」の帝冠を与えた(神聖ローマ帝国成立)。まもなくオットーと対立し廃位された。教皇の権威は急落(鉄の時代)。

【ブルグントのアーデルハイト】♀
10C神聖ローマ帝国初代皇帝オットー1世の皇后。973年の夫の死後、子のオットー2世が帝位を継ぐと母后として政治を補佐。ビザンツ帝国皇族出身のテオファヌが皇后となると対立。991年からは孫のオットー3世の政治も補佐した。クリュニー修道院を支援。

【神聖ローマ皇帝オットー2世】
10Cザクセン朝の神聖ローマ皇帝(973-83)。オットー1世の子。妻は東ローマ帝国の皇族であるテオファヌ。子はオットー3世。バイエルン公ハインリヒ2世の反乱を鎮圧。イタリア遠征を行ったがイスラム軍に敗れた。最期はマラリアで死去。享年28歳。

【オットー3世】
10C末-11C初の神聖ローマ皇帝(位983-1002)。3歳で王位を継承。母テオファヌや祖母アーデルハイトが摂政を執った。996年(14歳)から親政。古代ローマ帝国の復興と神権政治を企図。師のジェルベールを教皇に立てた(シルウェステル1世)。21歳で病没。

【神聖ローマ皇帝ハインリヒ2世】
11C、ザクセン朝最後の神聖ローマ皇帝(位1002-24)。カトリックの聖人。1002年前帝オットー3世が21歳で急逝すると各地の実力者が帝位を狙ったが、バイエルン大公だった彼が帝位についた。教会の刷新に尽力し、結果的に帝国教会体制が強化された。

【神聖ローマ皇帝コンラート2世】
11C前、ザーリアー朝初代の神聖ローマ皇帝(位1027-39)。ザクセン朝の断絶により1024年の国王選挙で諸侯からドイツ国王に選出。26年からイタリアに遠征し翌年教皇から戴冠される。ブルグント王国を帝国領に加える。シュパイアー大聖堂の建設者。

【神聖ローマ皇帝ハインリヒ3世】
11C、ザーリアー朝第2代の神聖ローマ皇帝(位1039-56)。黒王。ハインリヒ4世の父。1046年スートリ公会議で鼎立していた3人の教皇を廃して以降ドイツ人の教皇を次々に擁立し、皇帝権の最盛期をなした。賢明な教養人で学問を奨励した

【ローマ教皇レオ9世】
11Cローマ教皇(位1049-54)。クリュニー修道院の影響を受け教会改革を行い、聖職売買と聖職者妻帯を厳に戒めた。教皇首位権を巡ってコンスタンディヌーポリ総主教ミハイル1世と対立。53年イタリア半島南部のノルマン人と自ら戦うが捕虜となり翌年獄死。

【マティルデ・ディ・カノッサ】♀
11C-12C初トスカーナ辺境女伯。1077年神聖ローマ皇帝ハインリヒ4世と対立していた教皇グレゴリウス7世を所領のカノッサ城に招いた際、窮地に陥った皇帝が城の前で皇帝に許しを請うた(カノッサの屈辱)。その後も教皇派としてハインリヒ4世と戦う。

【ロベルト・イル・グイスカルド】
11C南イタリアのプッリャ・カラブリア伯。ノルマン人。シチリア伯ルッジェーロ1世の兄。傭兵出身。南イタリアでアラブ人や東ローマ帝国と戦い広大な所領を得る。1084年神聖ローマ皇帝ハインリヒ4世に包囲されたローマ教皇グレゴリウス7世を救出。

【神聖ローマ皇帝ハインリヒ5世】
11C末-12C初、ザーリアー朝最後の神聖ローマ皇帝(位1099-1125)。ハインリヒ4世の次男。叙任権闘争の決着を図り1111年教皇を屈服させるが、逆に破門される。結局22年ヴォルムス協約で教皇の叙任権を認め、神権的な皇帝権は失われた。

【神聖ローマ皇帝コンラート3世】
12Cホーエンシュタウフェン朝初代の神聖ローマ皇帝(位1138-52)。1138年の皇帝選挙で選出。1147年第2回十字軍に参加。ザクセン・バイエルン公のハインリヒ尊大公・獅子公親子と対立した。死に際しては甥のフリードリヒ1世を後継に指名。

【ザクセン公ハインリヒ3世】
12C神聖ローマ帝国の領邦君主。獅子公。神聖ローマ皇帝フリードリヒ1世の従弟。対立していた従兄が帝位に着くと和解して武勲をあげる。リューベック、ミュンヘンを建設し、東方植民に尽力した。英国やビザンツ帝国とも手を結んだが、従兄に危ぶまれ追放された。

【デンマーク王ヴァルデマー1世】
12C後のデンマーク王(位1157-82)。大王。フランス王妃インゲボルグの父。スヴェン3世、クヌーズ5世との王位継承戦争に勝利して内乱を収束。神聖ローマ皇帝フリードリヒ1世に臣従を誓い、叙任権闘争においても皇帝派を支持した。

【神聖ローマ皇帝ハインリヒ6世】
12C後、ホーエンシュタウフェン朝の神聖ローマ皇帝(位1191-97)。父はフリードリヒ1世、子はフリードリヒ2世。ザクセン公ハインリヒ獅子公やイングランド王リチャード1世と対立。1194年シチリア征服。国王選挙廃止・世襲制確率を企図したが失敗。

【神聖ローマ皇帝コンラート4世】
13Cホーエンシュタウフェン朝最後の神聖ローマ皇帝(位1250-54)。父はフリードリヒ2世。母はエルサレム女王イザベル2世。在位4年で死去。残された一族はシチリア王カルロ1世に滅ぼされ、ホーエンシュタウフェン朝は断絶。帝国は大空位時代を迎える。

【コンスタンス2世】
7C、東ローマ皇帝(位641-68)。ポゴナトス。ヘラクレイオス王朝。イスラーム勢力のジハードが第一次内戦で停滞した隙に西方遠征を敢行し663年にはローマ市を訪問。シチリア島を拠点に地中海からジハードに反撃する構えを見せたが反対する軍部に暗殺された。

【ダマスコのイオアン】
8C前、キリスト教聖職者。ギリシャ教父の1人。シリアのダマスコ出身でイスラーム勢力の支配下で活動した。東ローマ皇帝レオーン3世の聖像破壊運動(イコノクラスム)に国外から反対。その後エルサレムの修道院に隠棲。正教会の教会音楽の基礎を成す八調を体系化した。

【コンスタンティノス5世】
8C、東ローマ帝国皇帝(位741-75)。レオーン3世の子。イサウリア朝。皇帝直属の常備軍タグマを整備。北西のブルガリア帝国と優位に戦い、ウマイヤ朝からも一部領土を奪回。父の始めたイコノクラスム(聖像破壊運動)を強引に推進し反対派を大弾圧した。

【東ローマ皇帝エイレーネー】♀
8C末-9C初、東ローマ皇帝(位797-802)。帝国初の女帝。イサウリア朝。夫はレオーン4世、子はコンスタンティノス6世。アテネ出身。780年夫の死後子が9歳で即位すると摂政。97年子を追放して即位。ニケフォロス1世のクーデタで打倒された。

【東ローマ皇帝ニケフォロス1世】
9C前、東ローマ皇帝(位802-11)。女帝エイレーネーの下で財務長官を務めたが他の官僚や近衛隊と共謀してクーデタを起こし即位。財政再建のために厳しい課税を行った。811年ブルガリアに侵攻するが奇襲を受けて敗北し戦死(プリスカの戦い)。

【レオーン5世】
9C前、東ローマ皇帝(位813-20)。アルメニア人の軍人出身。ブリガリア皇帝クルムに敗れたミカエル1世ランガベーから譲位された。14年クルムの子オムルタグと講和。15年27年ぶりにイコノクラスムを再開。20年重臣であったミカエル2世のクーデタで打倒された。

【ミカエル3世】
9C、東ローマ皇帝(位842-67)。2歳で即位。855年クーデタで母を追放して親政を開始。キュリロスとメトディオスをモラヴィアに派遣。「フィリオクェ問題」やフォティオスの総主教任命をめぐってローマ教皇と対立。最期はバシレイオス1世のクーデタで打倒された。

【コンスタンディヌーポリ総主教フォティオス1世】
9C、東ローマ帝国の聖職者。858年学者、官僚出身ながら皇帝ミカエル3世によりコンスタンディヌーポリ総主教に任命され反対意見が噴出。ローマ教皇ニコラウス1世が介入し東西教会が対立した(フォティオスの分離)。古典文芸の復興に尽力。

【スラヴの使徒キュリロス】
9C、東ローマ帝国のキリスト教神学者。ラスチスラフ王の要請によりモラヴィア王国に兄メトディオスとともに派遣された。聖書を古代教会スラヴ語に翻訳するためグラゴル文字を考案。これを弟子が改良したのがスラブ諸語を表記するキリル文字で、その名は彼にちなむ。

【スラヴの使徒メトディオス】
9C、東ローマ帝国のキリスト教聖職者。ラスチスラフ王の要請によりモラヴィア王国に弟メトディオスとともに派遣された。弟の考案したグラゴル文字で聖書を古代教会スラヴ語に翻訳。869年弟の死後もローマ教皇ハドリアヌス2世の支援でスラヴ地域に布教。

【バシレイオス1世】
9Cビザンツ帝国皇帝(位867-86)。アルメニアの農民の子から出世し、867年ミカエル3世を暗殺して帝位を奪い、11Cまで続くマケドニア朝を創始した。キプロス島や南イタリアをめぐってイスラーム勢力と抗争。フォティオス1世を罷免してローマ教会と和解を図った。

【ブルガリア皇帝クルム】
9C前、第一次ブリガリア帝国のハーン(位803-14)。衰退した北方のアヴァール人の領土を奪う。南方の東ローマ帝国にも侵入し反撃されるが811年プリスカの戦いで勝利しニケフォロス1世を殺害。13年ヴェルシニキアの戦いにも勝利し東ローマを追い詰めるが急死。

【ボリス1世】
9C後、第一次ブルガリア帝国のハーン(位852-89)。ミハイル。大帝シメオン1世の父。864年先住民の南スラヴ人との融和を図るためブルガール人の伝統信仰を棄ててキリスト教に改宗し正教会に帰依。モラヴィアを追放されたスラヴの使徒メトディオスの弟子を受け入れた。

【キエフ大公オレグ】
9C後-10C前、ルーシ族の王族(位879-912)、初代キエフ大公。リューリクの死後幼いイーゴリ1世に代わって実権を握る。ドニエプル川沿いに進撃し882年キエフを陥落させノヴゴロドから遷都。911年ルーシ・ビザンツ条約を締結、通商路を支配して繁栄した。

【ミェシュコ1世】
10C初代ポーランド公(位963-92)。ボレスワフ1世の父。クヌート大王の祖父。ポーランドを統一し13Cまで続くピャスト朝を創始した。異教討伐を掲げる神聖ローマ帝国の侵入を食い止めるため966年ギリシア正教からカトリックに改宗。国民のカトリック化を促した。

【ポーランド王ボレスワフ1世】
10C末-11C初ポーランド初代国王(位992-1025)。勇敢王。強力な騎兵隊を編成して広大な領土を征服し、ポーランドを公国から王国に昇格させた。ビザンツ帝国や後ウマイヤ朝から文化を吸収。グニェズノに大司教座を置く。デンマーク王クヌート1世は甥。

【ヤロスラフ1世】
11Cキエフ大公(位1016-54)。賢公。ウラジーミル1世の子。ポーランド王ボレスワフ1世と組んだ兄スヴャトポルク1世を打倒して即位。慣習法を成文化したルースカヤ・プラウダを編纂。キエフに聖ソフィア大聖堂を建設。ルーシ人のイラリオンをキエフ府主教に任命。

【イシュトヴァーン1世】
10C末-11C前、初代ハンガリー王(位997-1038)。聖王。マジャル人の大首長としてハンガリーの統一とキリスト教化を進め、1000年ローマ教皇から戴冠されハンガリーは大公国から王国になる。現存する聖イシュトヴァーンの王冠でも知られる。

【ノルウェー王ハーラル1世】
9C後-10C前、ノルウェー最初の統一王(位872頃-930頃)。美髪王。オスロ・フィヨルド付近出身のヴァイキングだが統一戦争を展開し885年までに沿岸部を統一した。サガによるとトランス状態で戦うベルセルク(狂戦士)による親衛隊を組織したという。

【レイフ・エリクソン】
10C末-11C初、グリーンランドのヴァイキング。赤毛のエイリークの子。「サガ」によると、グリーンランドから西へと航海し、1000年に豊かな「ヴィンランド」を発見し、入植した。入植地はその後放棄されたが、カナダのニューファンドランド島に定住地跡が残る。

【ノルウェー王オーラヴ2世】
11C前のノルウェー王(位1015-28)。聖王。キリスト教の聖人。子はマグヌス1世。ノルマンディ滞在中にキリスト教に改宗。ノルウェーのキリスト教化に尽力したが、北欧信仰の祭司を務める諸侯はこれに反発した。デンマークのクヌート大王の侵攻を受け廃位。

【ベーダ・ヴェネラビリス】
7C後-8C前、七王国時代のイングランドのキリスト教聖職者。教会博士。尊者ベーダ。ギリシア・ローマの古典に通じ、多岐にわたる著作を残した。主著は「イングランド教会史」で、史料としても文学としても名高い。特にカトリックとケルト系キリスト教の軋轢を詳述。

【エドワード懺悔王】
11C中サクソン系のイングランド王(位1042-66)。デーン人の支配を逃れ、1013年から28年間を亡命先のノルマンディーで修道士としてすごしたため結婚後も童貞を守り、子はいなかった。ロンドンにウェストミンスター寺院を建設。のちに聖人として理想化された。

【アレクシオス1世コムネノス】
十字軍戦争時代のビザンツ皇帝(位1081-1118)。東からルーム・セルジューク朝、西からはノルマン人に包囲された危機的状況で即位した。ローマ教皇ウルバヌス2世に傭兵の提供を要請したが、これが1096年の第1回十字軍を招いたのは彼の想定外だった。

【ゴドフロワ・ド・ブイヨン】
11C末-12C初、ロレーヌ地方の諸侯で第1回十字軍の伝説的英雄。初代エルサレム王ボードゥアン1世の兄。指導者としてファーティマ朝軍と戦い、1099年のエルサレム攻囲戦に活躍。エルサレム王になることを拒否し聖墳墓守護者を名乗った。翌1100年に死去。

【エルサレム王ボードゥアン1世】
11C末-12C初、初代エルサレム王(位1100-18)。ゴドフロワ・ド・ブイヨンの弟。第1回十字軍に参加。1098年アルメニア人居住地に最初の十字軍国家エデッサ伯国を樹立。1100年兄の死後エルサレムに入り王国樹立。地中海東岸一帯に領土を拡張。

【隠者ピエール】
11C末-12C初、フランス北部アミアンの司祭。1095年クレルモン教会会議後、民衆に十字軍参加を呼びかけた。民衆十字軍は第1回十字軍に先駆けてエルサレムを目指すが、セルジューク朝領内のニカイア付近で壊滅。彼は1099年まで十字軍に同行。死後伝説化した。

【アリエノール・ダキテーヌ】♀
12C-13C初、フランス王ルイ7世の王妃、次いでイングランド王ヘンリー2世の王妃。イングランド王リチャード1世、ジョンの母。「ヨーロッパの祖母」。1147年前夫と第2回十字軍に参加。54年後夫の即位により自らの所領と合わせアンジュー帝国を形成。

【エンリコ・ダンドロ】
12C末-13C初、ヴェネツィア共和国元首(任1192-1205)。盲。80代で元首に。1201年フランス諸侯の第4回十字軍の輸送を引き受け自らも参加。東ローマ帝室の内紛に介入し03年コンスタンティノープルを攻略。ラテン帝国を建てアドリア海の制海権を得た。

【アル=カーミル】
13C前、アイユーブ朝のスルタン(位1218-38)。建国者サラーフッディーンの甥。第5回十字軍を撃退したが、モンゴルの脅威や国内情勢に鑑み第6回十字軍を率いたフリードリヒ2世と和睦。エルサレム周辺を十字軍側に返還した。フリードリヒ2世との深い友情で知られる。

【イッズッディーン・アイバク】
13C中エジプト、マムルーク朝の建国者(位1250-57)。テュルク系のマムルークで、アイユーブ朝の親衛隊長だったたが、アイユーブ朝の女性スルターン;シャジャル・アッ=ドゥッルと結婚し、スルタン位の禅譲を受け、カリフにも承認された。

【サアディー】
13Cイランの詩人。ハーフェズとともにイラン2大詩人とされる。1226年から托鉢をしながら各地を遊学。56年からイルハン朝支配下のシーラーズで詩作を始める。代表作は「果樹園」「薔薇園」。人生訓に満ちた散文詩で、世界中で愛読され、西洋文学にも大きな影響を与えた。

【オルジェイトゥ】
14C前、イルハン朝のハン(位1304-16)。アルグンの子、ガザン・ハンの弟。兄のイスラム化政策を引き継ぎシーア派に改宗。ラシードゥッディーンを引き続き宰相として起用し「集史」編纂を完成させた。新都ソルターニーイェと高さ50mの巨大ドームを備える墓廟を建設。

【ミーラーン・シャー】
14C後-15C初、ティムール朝の王族。ティムールの三男。ハリール・スルタンの父。ムガル帝国皇族の先祖に当たる。父の遠征に何度も参加。1399年領地のアゼルバイジャンで父に反乱。父の死後息子たちと連携し即位を目指すが失敗。領地も黒羊朝に奪われる。

【ハリール・スルタン】
15C初、ティムール朝の第2代君主(位1405-09)。ティムールの孫。ティムール晩年の遠征に参加。1405年ティムール死後、ピール・ムハンマド・ジャハーンギールを後継指名した遺言を無視してサマルカンドを占領し即位。シャー・ルフと対立し、09年打倒された。

【シャー・ルフ】
15C前、ティムール朝第3代君主(位1409-47)。ティムールの四男。1401年アンカラの戦いに参加。05年父の死後ヘラートを拠点に自立。09年ハリール・スルタンを打倒して即位。領土は縮小したがヘラートは繁栄し文化の中心地となった。明の永楽帝と交流。

【アブドゥッラティーフ】
15Cティムール朝の第5代君主(位1449-50)。ウルグ・ベクの子。1449年父に反乱を起こして勝利。ハッジに出立した父を暗殺して即位。自由で享楽的な文化人だった父と異なり敬虔なムスリムで、スーフィズムを保護した。即位1年ほどで父の忠臣により暗殺。

【ティムール朝のアブドゥッラー】
15Cティムール朝第6代君主(位1450-51)。ティムールの四男で第3代君主であったシャー・ルフの孫。先代のアブドゥッラティーフにより投獄されていたが、先代暗殺の首謀者たちに支持され即位。翌年アブー・サイードに敗れ処刑された。

【ティムール朝のアブー・サイード】
15C後、ティムール朝第7代君主(位1451-69)。ティムールの曾孫。ウズベク族の支援を受け1451年アブドゥッラーを倒しサマルカンドに政権を樹立。黒羊朝と同盟してサマルカンドも占領し帝国を再統合。最後は白羊朝のウズン・ハサンに敗れた。

【フサイン・バイカラ】
15C後-16C初、ティムール朝の君主(位1469-1506)。ティムールの玄孫に当たる。白羊朝のウズン・ハサンと戦い1470年ヘラートを占領。ヘラートの宮廷は建築、ペルシア語およびチャガタイ語の文学、ミニアチュール、書道、音楽など文化の中心地となった。

【ムラト2世】
15C、オスマン帝国第6代皇帝(位1421-44、46-51)。メフメト2世の父。軍事的には東ローマ帝国を圧倒したが、滅ぼすには至らず。ハンガリー貴族フニャディ・ヤーノシュ率いるキリスト教救国軍の侵入を1444年と48年の2度に渡り撃退した。

【コンスタンティノス11世】
15C東ローマ帝国最後の皇帝(位1449-53)。オスマン帝国のメフメト2世とは当初友好を維持したが、敵対的な工作を行ったため1452年から攻撃を受けた。西欧諸国に援軍を求めたが実現せず、53年コンスタンティノープルが陥落し戦死(東ローマ帝国滅亡)。

【ジェム・スルタン】
15C後、オスマン帝国の皇族。父はメフメト2世、兄はバヤズィト2世。父帝の死後兄と帝位を争い領土の分割を提案するが拒否され亡命。マムルーク朝、聖ヨハネ騎士団を経て欧州に渡り各国を流転。外交カードとして利用される。1495年死去。一部の子孫はキリスト教に改宗。

【アラー・ウッディーン・ハルジー】
13C末-14C前、デリー・スルタン朝のハルジー朝のスルターン(位1266-1316)。伯父である建国者ジャラールッディーン・ハルジーを打倒して即位。チャガタイ・ハン国やイルハン国の侵入を撃退。財宝と家畜を求めて度々南インドに侵入した。

【イングランド王スティーブン】
12Cのイングランド王(位1135-54)。先王の娘マティルダを女王として認めず、諸侯の支持を得て即位。しかしマティルダ側の反撃で内戦が続き、「無政府時代」となる。結局和議によりマティルダの子ヘンリー2世の即位を認めた(プランタジネット朝成立)。

【トマス・ベケット】
12C英国の聖職者。カンタベリー大司教。教会自治をめぐりヘンリー2世と 対立し1164年フランスに亡命。70年和解し帰国するが国王派の騎士により大聖堂で暗殺。彼の殉教によりカンタベリー大聖堂は欧州の主要な巡礼先となり、14Cには「カンタベリー物語」が生まれる。

【エロイーズ】♀
12Cフランスの修道女で、神学者ピエール・アベラールの妻。叔父のフュルベールを介して二人は知り合い結婚したが、アベラールとフュルベールは感情的に対立し、アベラールの男性器切除事件に発展した。修道士・修道女となった二人の文通が「愛の往復書簡」として知られる。

【ヒルデガルト・フォン・ビンゲン】♀
12C、ドイツの修道女、神秘思想家、作曲家。ベネディクト会所属。教会博士。幻視による預言で知られ、神聖ローマ皇帝フリードリヒ1世にも謁見。人工言語リングア・イグノタを創作。「聖三位一体のために」など77曲の賛美歌が残る。医学・薬草学にも功績。

【ピーター・ワルドー】
12C-13C初フランスの宗教家。リヨンの商人から巡回説教者となりワルドー派を形成した。清貧を旨とし、聖書を重視。原始教会への回帰を目指した。1184年教皇により異端宣告される。彼の死後ワルドー派はカトリックに迫害されるが後にプロテスタントの先駆とされる。

【ジェフリー・オブ・モンマス】
12C、イングランドの聖職者、歴史家。ウェールズ出身。代表作は「ブリタニア列王史」。歴史書の体裁をとるが、ウェールズ人の祖先ブリトン人の伝説を創作を交えまとめたもの。ここにアーサー王伝説の原型があり、ラテン語の本書を通じて伝説は西欧全体に伝播した。

【ヨハネス・ドゥンス・スコトゥス】
13C後-14C初、スコットランド出身の神学者、スコラ哲学者、フランシスコ会の修道士。「精妙博士」。トマス・アクィナス同様アリストテレスを重視したが、直感ではなく自由意志によって神を愛することを説き、近代主体主義のルーツとなった。

【ラモン・リュイ】
13C-14C前、マヨルカ島出身のキリスト教神学者、哲学者、神秘思想家、宣教師。島にはアラブ人が多く、アラビア語とアラビア文化を学び北アフリカに宣教。回転円盤を用いて神意を得る卜占「ルルスの術」が知られる。ラテン語ではなく母語のカタルーニャ語で著述した。

【トマス・ア・ケンピス】
15Cドイツ出身の修道士、神秘思想家。聖アウグスチノ修道会所属。1418年霊的直観と神秘体験を通して神と合一する道を説く「キリストに倣いて」を著す。これは信仰的営み(ディヴォーション)のテキストとして聖書に次いでクリスチャンに最も読まれた書といわれる。

【フランス王ルイ7世】
12Cカペー朝のフランス王(位1137-80)。若年王。子はフィリップ2世。1147年第2回十字軍に参加。妻の再婚相手でありアンジュー伯・ノルマンディー公からイングランド王になったヘンリー2世と争う。ヘンリー2世の迫害を受けたトマス・ベケットを保護。

【ルイ8世】
13C前、カペー朝のフランス王(位1223-26)。獅子王。父はフィリップ2世。子はルイ9世。王太子時代の1216-17年父王の反対にも関わらずイングランドの第一次バロン戦争に介入。アルビジョア十字軍に乗じて南仏の神聖ローマ帝国領を攻撃、26年アヴィニョンを占領。

【ブランシュ・ド・カスティーユ】♀
13C、カペー朝フランス王ルイ8世の王妃。ルイ9世の母。カスティーリャ王妃出身。1200年夫と結婚。26年夫の死後12歳で即位した息子の摂政となる。反逆貴族やイングランド王ヘンリー3 世の侵入を撃退。29年アルビジョワ十字軍を完遂。

【ジャック・ド・モレー】
13C後-14C初、テンプル騎士団最後の総長。団の対仏債権の帳消しと莫大な財産没収を目論んだフランス王フィリップ4世により異端審問にかけられ、1314年パリで火刑に処された。同年フィリップ4世と教皇クレメンス5世が急死したため彼の呪いとして語り継がれた。

【シャルル4世】
14Cカペー朝最後のフランス王(位1322-28)。妹イザベラの夫であるイングランド王エドワード2世と争い、27年イングランドの反王派諸侯と結んで殺害した。28年死去したが男子がなく、軍功のあったヴァロワ伯シャルルの子フィリップ6世が王位を継いだ(ヴァロワ朝)。

【フランス王ジャン2世】
14C百年戦争期のヴァロワ朝のフランス王(位1350-64)。善良王。父はフィリップ6世。子はシャルル5世。1356年ポワティエの戦いでエドワード黒太子率いるイングランド軍に敗れ捕虜となる。彼がイングランドで死去するまでシャルル5世が摂政として統治した。

【シャルル5世】
14C百年戦争中のフランス王(位1364-80)。賢明王。56年父王ジャン2世が捕虜となると摂政。58年のジャックリーの乱とパリ市民の抵抗を鎮圧。名将ベルトラン・デュ・ゲクランを起用して百年戦争の劣勢を挽回。臨時徴税を頻発し官僚と常備軍を用いた絶対王政の先駆。

【ギヨーム・カルル】
14Cフランスの反乱指導者。 退役軍人であったが、1358年北東部でジャックリーの乱が発生すると指導者となる。当時摂政だったシャルル5世に反抗していたパリ市長エティエンヌ・マルセルと連携した。ナバラ王カルロス2世に敗れ処刑。反乱はまもなく鎮圧された。

【ベルトラン・デュ・ゲクラン】
14C百年戦争初期のフランスの英雄的軍人。「鎧を着た豚」。シャルル5世に王軍司令官として仕え、エドワード黒太子、ジョン・オブ・ゴーント兄弟率いるイングランド軍と戦い、失地の再征服を進めた。会戦を避け、ゲリラ攻撃や焦土作戦を多用した。

【シャルル6世】
百年戦争中のフランス王(位1380-1422)。狂気王。12歳で即位。88年から親政。国内の安定に努めたが、92年寵臣暗殺や93年「燃える人の舞踏会」の事故を機に精神を病む。宮廷は忠臣のアルマニャック派と親英のブルゴーニュ派が対立、イングランドの介入を許した。

【ルイ11世】
15Cフランスの王(位1461-83)。慎重王。ヴァロワ朝。シャルル7世の子。父の中央集権政策を受け継ぎ、養蚕や鉱業などの産業を育成。百年戦争で荒廃したフランスを復興した。シャルル勇胆公と戦い、ブルゴーニュの大半を王領とする。国内教会への支配も強めた。

【シャルル勇胆公】
百年戦争末期、最後のブルゴーニュ公(位1467–77)。ルイ11世の王権強化に対抗し反国王貴族を糾合。イングランド王エドワード4世の妹マーガレット・オブ・ヨークと結婚したが男子はなく、死後ネーデルラントはハプスブルク家領に、ブルゴーニュはフランス王に帰属した。

【フランソワ・ヴィヨン】
15C、フランスの詩人。パリで放蕩無頼の生活を送り何度も投獄されながら近代的な詩作を残し、最初の近代詩人と言われる。処刑を覚悟した際の「吊るされ人のバラード:ヴィヨンの墓碑銘」が名高い。1463年パリを追放されその後の消息は不明。作品集は「遺言詩集」他。

【ウィリアム・ウォレス】
13C末-14C初、スコットランドの騎士。民族的英雄。イングランド王エドワード1世の苛酷な支配に抵抗。1297年スターリング橋の戦いに勝利。98年フォルカークの戦いで敗北。その後もゲリラ的に抵抗するが1305年捕縛、処刑。映画「ブレイブハート」の主人公。

【イングランド王エドワード2世】
14C前プランタジネット朝のイングランド王(位1307-27)。エドワード1世の子。王妃はイザベラ・オブ・フランス。ピアーズ・ギャヴィストンやディスペンサー父子などの寵臣に政治を主導させ、諸侯と対立。1326年王妃が起こしたクーデタで打倒された。

【イザベラ・オブ・フランス】♀
14Cイングランド王エドワード2世の王妃。フランス王フィリップ4世の子。子はエドワード3世。1327年夫に反発する諸侯の支持を得てクーデタで夫を打倒し息子に譲位させた。愛人ロジャー・モーティマーとともに実権を握るが30年息子に打倒され幽閉された。

【イングランド王リチャード2世】
14C百年戦争期のプランタジネット朝最後のイングランド王(位1377-99)。父はエドワード黒太子。10歳で王位を継ぐ。1381年ワット・タイラーの乱。幼時はジョン・オブ・ゴーントが実権を握ったが成長すると対立。その息子ヘンリー4世に敗れ廃位。

【ヘンリー4世】
14C末-15C初ランカスター朝最初の英国王(位1399-1413)。ジョン・オブ・ゴーントの子。1399年従兄のリチャード2世を打倒しロンドン塔に幽閉。議会の承認を得て即位した。父が保護したジョン・ウィクリフを奉ずるロラード派を弾圧。百年戦争の休戦は維持した。

【イングランド王ヘンリー5世】
15C前、百年戦争期のランカスター朝のイングランド王(位1413-22)。ヘンリー4世の子。1415年フランス国内の内紛に乗じて休戦中であった百年戦争を再開、アジャンクールの戦いで大勝。20年トロワ条約でフランス王位継承権を得るが直後に病死。

【イングランド王ヘンリー6世】
15Cランカスター朝最後のイングランド王(位1422-61、70-71)。ヘンリー5世の子。カレーを除くすべての大陸領土を失い百年戦争に敗北。これに不満を持つ諸侯の支持するヨーク公リチャード・プランタジネットと対立、内戦となる(薔薇戦争)。

【リチャード3世】
15Cヨーク家の英国王(位1452-85)。甥のエドワード5世を打倒して即位。85年ボズワースの戦いでランカスター派のヘンリー・テューダー(ヘンリー8世)に敗れ戦死。テューダー朝が創始され薔薇戦争は終結。ウィリアム・シェイクスピアの史劇で悪役の印象が定着。

【イングランド王エドワード4世】
15C薔薇戦争期のヨーク朝最初のイングランド王(1461-83)。薔薇戦争を引き起こしたヨーク公リチャード・プランタジネットの子。リチャード3世とマーガレット・オブ・ヨークの兄。テューダー家と協力しランカスター派を破りヘンリー6世を廃位して即位。

【神聖ローマ皇帝ルドルフ1世】
13Cハプスブルク家として最初の神聖ローマ皇帝(位1273-91)。スイスの諸侯だったが1273年の皇帝選挙で選帝侯は彼を御し易い人物として選出。ドイツに安定をもたらし大空位時代を終わらせるとともにオーストリアを獲得し一門の拠点をウィーンに移した。

【神聖ローマ皇帝アルブレヒト1世】
13C末-14C初、ハプスブルク家の神聖ローマ皇帝(位1298-1308)。隻眼公。ルドルフ1世の子。父の死後ナッサウ伯アドルフに帝位が移るが、選帝侯の支持を回復し帝位に。諸侯への対抗上都市の自治を拡大。甥のヨーハン・パリツィーダにより暗殺。

【神聖ローマ皇帝ハインリヒ7世】
14Cルクセンブルク家の神聖ローマ皇帝(位1312-13年)。アルブレヒト1世暗殺後、1308年選帝侯に推されて即位(戴冠は12年)。11年ボヘミア王位を獲得。イタリア遠征中マラリアで死去。ダンテ・アリギエーリは「帝政論」で彼を名君としている。

【ドイツ王フリードリヒ3世】
14Cハプスブルク家のオーストリア公で、神聖ローマ皇帝ルートヴィヒ4世の対立王。美王。アルブレヒト1世の子。ルートヴィヒ4世と激しく争い、妥協によりドイツ王位を得る(位1314-30)が帝位は奪えず、以後100年ほどハプスブルク家は帝位から遠ざかる。

【神聖ローマ皇帝フリードリヒ3世】
15Cハプスブルク家の神聖ローマ皇帝(位1452-93)。マクシミリアン1世の父。対オスマン帝国戦の指揮を期待され皇帝選出。53年の長期在位となり、ハプスブルク家の帝位世襲を確立した。ハンガリー王マーチャーシュ1世に一時オーストリアを奪われる。

【神聖ローマ皇帝アルブレヒト2世】
15Cハプスブルク家の神聖ローマ皇帝(位1438-39)。1404年からオーストリア公。1422年神聖ローマ皇帝ジギスムントの娘エリーザベト・フォン・ルクセンブルクと結婚。ジギスムントの死後に即位するが、オスマン帝国との戦争中の赤痢で死去。

【ステファン・ウロシュ4世ドゥシャン】
14C中世セルビア王国最盛期の王、皇帝(位1331-55)。父王を廃して即位。東ローマ帝国の内紛に乗じてアルバニアとマケドニアを奪取。皇帝を称して東ローマ帝国征服を企図した。1349年ドゥシャン法典を制定。セルビア主教を総主教に格上げ。

【ヴワディスワフ2世】
14C後-15C前リトアニア・ポーランドの王(位1377–1434)。中世後期東欧の大国ヤギェウォ朝の創始者。85年12歳のポーランド女王ヤドヴィガと結婚し、カトリックに改宗。異教討伐の大義を失ってなお侵入するドイツ騎士団を破り、欧州最大版図を実現した。

【ポーランド王カジミェシュ3世】
14Cポーランド王(位1333-70)。大王。農民王。ヴワディスワフ1世とヤドヴィガの子。西方の神聖ローマ帝国、ドイツ騎士団、ボヘミアと和睦する一方、東方に進出しウクライナを征服した。貴族を抑えて農民を保護。ユダヤ人を受け入れて商業を発展させた。

【ヴラド・ツェペシュ】
15Cワラキア公。串刺し公。大貴族を抑えて中央集権化を推進。オスマン帝国のメフメト2世への臣従を拒否し、ゲリラ的に抵抗した。一時ハンガリー王マーチャーシュ1世に幽閉される。反逆者や敵兵を串刺し刑にすることで恐れられ、吸血鬼・ドラキュラ伯爵のモデルとなった。

【イヴァン1世】
14Cのモスクワ大公(位:1325-40)。キプチャク・ ハン国による「タタールのくびき」の下、トヴェリ公国との争いに勝利してウラジーミル大公位を得、徴税利権を利用してロシアの諸侯国を支配下におさめた。正教会の支援も獲得し、主教座をモスクワに移した。

【ドミートリー・ドンスコイ】
14C第4代モスクワ大公(位1359-89)。1380年クリコヴォの戦いでルーシ諸侯を率い、ママイが率いるジョチ・ウルス(キプチャク・ハン国)とその同盟国であったリトアニア大公国に勝利。「タタールのくびき」脱出の端緒となり、民族的英雄となる。

【マルグレーテ1世】♀
14C末-15C初、北欧3王国が連合したカルマル同盟の実質的女王(位1397-1412)。デンマーク王の娘、ノルウェー王の妻だったが幼い息子や親族のエーリク7世を両国の王位につけ摂政として実権を握る。1389年スウェーデンを破ってカルマル同盟を成立させた。

【ルカ・デッラ・ロッビア】
15Cルネサンス期の彫刻家。フィレンツェ出身。サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂のの「カントリア」など数多くの装飾レリーフを手がけた。それまでの大理石像やブロンズ像に加え、陶器の技術を彫刻に応用し琺瑯細工を加えた彩釉テラコッタ芸術を創始した。

【フィリッポ・リッピ】
15Cルネサンス期の画家。フィレンツェ派の巨匠。サンドロ・ボッティチェッリの師。宗教画でありながら世俗的で甘美な表現が特徴。修道士であったが美貌の修道女ルクレツィア・ブーティに恋し、子を成して還俗。妻子をモデルにした「聖母子と二天使」が名高い。

【ジョヴァンニ・ベリーニ】
15C-16C初、ルネサンス期の画家。ヴェネツィア派第一世代の巨匠。柔和な表情と華麗な色彩が特徴。ヴェネツィア共和国元首レオナルド・ロレダンの肖像の他「牧場の聖母」「神々の祝祭」など。「聖なる寓意」の主題は今も論争がある。カクテルのベリーニは彼に由来。

【ジョルジョーネ】
15C後-16C初、ルネサンス期の画家。ヴェネツィア派の巨匠。現存する作品はわずかに8点であるが、いずれも絵画史上の傑作とされる。「眠れるヴィーナス」「ユディト」「ラウラ」で堂々たる女性美を描く一方、「テンペスト」は西洋絵画最初の風景画とも。ペストにより夭折。

【イザベラ・デステ】♀
15C後-16C前イタリアのマントヴァ侯妃。妹はミラノ公妃のベアトリーチェ・デステ。摂政として国政を担う。芸術家を保護し、ティツィアーノ・ヴェチェッリオによる肖像画とレオナルド・ダ・ヴィンチによるスケッチが残る。ルクレツィア・ボルジアとの確執でも知られる。

【ベアトリーチェ・デステ】♀
15C後、ミラノ公妃。夫はミラノ公ルドヴィーコ・スフォルツァ。姉はマントヴァ侯妃イザベラ・デステ。夫ともに多くの芸術家を支援するが22歳で早逝。レオナルド・ダ・ヴィンチの「ミラノの貴婦人の肖像」のモデルを彼女とする説もある。

【ルドヴィーコ・スフォルツァ】
15C後-16C初のミラノ公。1482-99年フィレンツェのロレンツォ・デ・メディチの紹介で知ったレオナルド・ダ・ヴィンチをパトロンとして保護した。イタリア戦争では皇帝側に就くがスイス人傭兵に裏切られフランス軍に捕縛された(ノヴァーラの裏切り)。

【ハンス・メムリンク】
15C、初期フランドル派の画家。ベルギーの港町ブルッヘで活動した。宗教的な主題を華麗な色彩と徹底した写実表現で描く。代表作は三連祭壇画の「最後の審判」。大天使ミカエルが人々を地獄と天国に振り分ける迫力の場面であるが、人物は柔和な表情で描かれる。

【ヒエロニムス・ボス】
15C-16C初、初期フランドル派の画家。オランダのスヘルトーヘンボスで活動。作品はスペイン王フェリペ2世に愛好された。怪物が登場する幻想的で不気味な作風が特徴。代表作は地獄絵図や快楽に耽る裸体の群像の中に多彩な寓意を含む異端の祭壇画「快楽の園」。

【トゴン・テムル】
14C元朝最後の皇帝(位1333-70)。順帝。7歳で即位。天災と疫病が蔓延する中で軍閥のバヤンやトクトと対立。48年塩の専売を強化すると51年紅巾の乱が発生。68年朱元璋の北伐軍に追われてモンゴル高原に逃れた。風流人で南宋朝の血をひくとの伝承がある。

【韓山童】
14C元朝末期の農民反乱;紅巾の乱の指導者。白蓮教団の布教活動を通じて江淮平原に勢力を伸ばし、元朝打倒を訴えた。1351年宋朝の末裔を名乗って、黄河の土木工事に徴用されていた人夫達を扇動して反乱を企てたが、事前に発覚し処刑された。反乱は劉福通と子の韓林児が引き継いだ。

【韓林児】
14C元朝末期の農民反乱;紅巾の乱の指導者。韓山童の子。1351年父が反乱計画の失敗により処刑されると、門人の劉福通は逃れた韓林児を救出し、宋朝の末裔として皇帝に擁立した。58年一時的に開封に入る。63年劉福通が敗死。朱元璋を頼るが、66年に船が転覆し溺死。

【朱標】
14C明朝の皇太子。洪武帝の長男で、建文帝の父、永楽帝の兄。父帝の粛清を諌めていたが1392年父に先立って38歳で病死。不安を強めた父帝は粛清と一族による支配を強化。父帝の死後彼の弟である燕王(永楽帝)が彼の子である建文帝を打倒する靖難の変が起こった。

【鄧茂七】
15C明の農民反乱指導者。福建省の佃戸。当時福建の農村では都市に住む不在地主との倉庫に佃戸が5-6割の小作料を運んでいた。1448年、小作料の減免を求めて蜂起。銀山の工夫や流民も加わり、数十万の大反乱に膨れあがった。49年鎮圧。明末清初以降の抗租運動の先駆。

【景泰帝】
15C、明朝第7代皇帝(位1449-57)。代宗。父は宣徳帝。兄は英宗。1449年土木の変で兄帝がオイラトの捕虜となると于謙に擁立され即位。于謙に指揮を任せオイラトの侵攻を撃退。50年講和し兄を奪還。57年病臥すると兄が重祚し帝位を追われた(奪門の変)。直後に死去。

【成化帝】
15C後、明朝第9代皇帝(1464-87)。憲宗。父は英宗。自身の乳母で19歳年上の宮女である万貴妃を寵愛。万貴妃の専横で朝政は混乱した。特務機関西廠を設立して宦官を重用。反対する臣下を弾圧した。1487年万貴妃を追うようにして死去。治世中国内は比較的安定していた。

【ツォンカパ】
14C後-15C初、チベット仏教の学僧でゲルク派(黄帽派)の開祖。40歳の頃文殊菩薩の啓示を受けたという。既存のチベット仏教の堕落を批判してラサ近郊にガンデン寺を開いて厳格な戒律の道場とし、多くの信奉者を集めた。彼の弟子が初代のダライ・ラマとパンチェン・ラマ。

【羅貫中】
14C元末明初の文人で、「三国志演義」の作者とされる人物。経歴はほとんど不詳。元代に成立した説話本「三国志平話」から荒唐無稽な部分を排し、陳寿の「三国志」などの歴史書に即して大河小説に再構成した。他に「平妖伝」など。「水滸伝」の共同作者とも。いずれも懐疑的な説あり。

【高明】
14C元末明初の詩人、劇作家。元朝に仕えるが、元末の混乱で退き、寧波の有力者沈氏が保護した文学サークル「櫟社」に参加し創作に専念。代表作は後漢の蔡邕の妻が琵琶を弾きながら夫を探して放浪を続け、ついに夫と再会する「琵琶記」。豪奢を好む蔡邕の姿は士大夫への風刺と言われる。

【沈周】
15C-16C初明代中期の文人、画家。呉派の創始者。「明四大家」の一人で詩書画三絶の芸術家。山水画の他動物画も得意とした。蘇州の農村で文芸に耽り、その文房は有竹居と呼ばれ文人や好事家が千客万来した。弟子に唐寅、祝允明、文徴明。代表作は「滄州趣図」「廬山高図」など。

【恭譲王】
14C末、事実上最後の高麗王(位1389-92)。前代の王昌を殺害した李成桂に擁立され即位。1392年、李成桂に高麗王位を譲る。94年、配流先で子供とともに殺害。

【朝鮮王定宗】
14C末、李氏朝鮮第2代国王(位1398-1400)。永安君李芳果。太祖李成桂の子。第3第国王太宗(靖安君李芳遠)の兄。父王の建国事業に武将として貢献。第一次王子の乱で弟に擁立されたが実権は弟が握り、第二次王子の乱で弟に譲位。上王として悠々自適の余生を送った。

【朝鮮王文宗】
15C李氏朝鮮第5代国王(位1450-52)。第4代国王世宗の子。第6代国王端宗の父。第7代国王世祖の兄。1442年から摂政として病床の父王を補佐。在位2年でハンセン病とみられる病で死去。

【朝鮮王端宗】
15C、李氏朝鮮第6代国王(位1452-55)。父は第5代国王文宗。11歳で即位。翌1453年叔父の首陽大君(第7代国王世祖)が宮廷クーデタを起こし実権を掌握(癸酉靖難)。55年叔父に譲位して上王となる。56年「死六臣」による復位計画が失敗。57年賜死。享年16。

【朝鮮王世祖】
15C後、李氏朝鮮第7代国王(位1455-68)。首陽大君。父は第4代国王世宗。第5代国王文宗の弟。1453年癸酉靖難を起こし実権を掌握。55年甥の第6代国王端宗を廃位して即位。56年端宗復位を図った「死六臣」を処刑。57年端宗を毒殺。最期はハンセン病で死去。

【朝鮮王睿宗】
15C後、李氏朝鮮第8代国王(1468-69)。父は第8代国王世祖。兄は懿敬世子。1468年父王の忠臣だった南怡の謀叛事件。在位1年余りで死去。

【懿敬世子】
15C李氏朝鮮の王族。桃源君李暲。第7代王世祖の長男。第8代王睿宗の兄。19歳で早世。父王が癸酉靖難で打倒した第6代王端宗の母顕徳王后の亡霊を見て錯乱したという伝承がある。弟王の子が皆早世したため、彼の子が第9代王成宗として即位した。

【朝鮮王成宗】
15C後、李氏朝鮮第9代国王(位1469-94)。懿敬世子の子。廃妃尹氏との子が第10代国王燕山君。貞顕王后との子が第11代国王中宗。士林派を登用し善政を敷いた。治世は「文化の黄金期」と呼ばれ、法典「経国大典」、地理書「東国輿地勝覧」、歴史書「東国通鑑」を編纂。

【廃妃尹氏】♀
15C後、李氏朝鮮第9代国王成宗の王妃。第10代国王燕山君の生母。1473年入宮し王に愛され王妃となる。宮廷内では不評で、79年呪詛の疑いで廃位。82年賜死。最も強く彼女を排斥したのは仁粋大妃。1504年真相を知った燕山君は母を排斥した関係者を大弾圧(甲子士禍)。










02:01  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.11.22 (Wed)


素敵日和 残像カフェ
今宵&みゅーじっく 残像カフェ
Happy Candy 村田あゆみ
メランコリック・ハイ メランコリック・ハイ
FAREWELL MORNING LIGHT SPLAY
HANG OUT LIFE RECORDERS

田辺マモルのウィークエンダーズ 田辺マモル
Smile2 elliott
Ladybags Ladybag
BORN the youth
何よりも青く the youth
心の歌 ライブセレクション 熱歌 ポカスカジャン
AFTER THE RAIN ナイス橋本

COLORESS shela
Sign 2BAKKA
My Burning Legend LITTLE BROWN JACK
hereafter Natural Punch Drunker
landscape Naural Punch Drunker
trooper Natural Punch Drunker
プロペラシャフト BLUE BOY
やっぱり地球は動いている 太陽の塔
たとえば月を見上げてみれば 太陽の塔

トーテムポール ハックルベリーフィン
パレード ハックルベリーフィン
OH MY DARLIN' Gitls having Fan 中ノ森バンド
ナミダの成分 甲斐名都
憧れの花 オトナモード
雨の色 風の色 オトナモード
星に願いを 荒木ケースケ
オレンジハート 向井成一郎
青春のうた SKELT 8 BAMBINO

the HANGOVERS the HANGOVERS
in your room the HANGOVERS
START ザ・ルーズドッグス
must item Shortcut Miffy!
Sweet Hits☆ bump.y
WILL COVER
さいはて ハートバザール

boyfriend? 神田莉緒香
blue-blue-blue Hysteric Blue
WONDER HEROⅡ Brand-New Atlas 和田弘樹
ミート・ザ・サラダ サラダ
ガール スケッチブック
In the crosstown ARCH
正直な人 松崎ナオ
目に手にアイに誓うもの カゲユトモミ
今日あの橋の向こうまで セカイイチ
ダンツァーク・ムジカ トムソー13世

clover KUMACHI
クマチ2 KUMACHI
ホームラン THE NEUTRAL
アイノトビラ 松たか子
カゼノトオリミチ 堀下さゆり
カーマイン カーマイン
FREE STYLE プロペラ
ホームランデイズ プロペラ
優しい日々 sarah

LIFE 櫛引彩香
青い世界 WONDERS
ギン 大久保海太
君に咲く花 TRIPLANE
しあわせミュージック Daily Echo
君を壊したい triple zero 新堂敦士
君たちがいて僕がいる ウルフパック
HAVE A NICE DAY 小松優一
down by law LOOP THE LOOP

春の匂い 紗希
末っ子 なまず
SCRIPT IS HERE SCRIPT
光跡 the Petebest
素敵日和 残像カフェ
I'M SENSITIVE the strikers
spectrum Cry & Feel it
Empty Days 服部祐民子
自画像 服部祐民子
YAK.-One- YAK.
顔さえも分からない君へ 牧謙次郎
トラストオーバーサーティ スキップカウズ
Chapter2 GOOD BYE APRIL
リンゴとクローバー 花*花
spice 花*花
ambitious 鈴木崇
Two my self 2HEARTS
tambourine MOON CHILD
POP AND DECADANCE MOON CHILD
O ORCA
ビットデイズ ビットルズ
ONE FOR ALL ONE☆DRAFT
アンディとロックとベンガルトラとウィスキー andymori
とりあえず。 BA-JI
Our time is coming エイジアエンジニア
ナフタリン少年 磯崎健史
新旬香噂ショー 乙三.
piece of heart 笠原弘子
ドラムカンサラダ 三重野瞳
02:00  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.11.22 (Wed)


90年1月 長崎市長銃撃事件
90年2月 ネルソン・マンデラ釈放
90年8月 イラクがクウェートに侵攻する。
90年9月 金丸訪朝団
90年10月 ドイツ再統一
90年10月 雲仙普賢岳大噴火
91年6月 ユーゴスラビア崩壊
91年8月 ソ連8月クーデター
91年12月 ソ連崩壊

92年2月  東京佐川急便事件
92年4月 ボスニアヘルツェゴビナ紛争
92年4月-5月 ロサンゼルス暴動
92年6月 - PKO協力法成立
92年6月 地球サミット
92年9月 自衛隊カンボジア派遣
92年11月 ビル・クリントン、米大統領選挙に当選。
92年12月 風船おじさんが風船28個の飛行船で太平洋横断に出発するが、消息不明となる。
92年12月 バーブリー・マスジド破壊事件
93年2月 ジェームス・バルガー事件
93年2月 世界貿易センター爆破事件
93年4月 ブランチ・ダビディアン事件
93年5月 ウェスト・メンフィス3
93年5月 ゾーリンゲン放火殺人事件
93年7月 北海道南西沖地震で奥尻島に壊滅的被害
93年8月 イスラエル・PLO間でオスロ合意調印。
93年8月 河野談話
93年8月 細川内閣が発足
93年10月 ソマリアでモガディシュの戦闘が発生。
93年10月 野村秋介が、朝日新聞東京本社の役員応接室において拳銃自決。
93年 平成の米騒動
94年4月 ルワンダで集団虐殺
94年5月 ネルソン・マンデラが南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。
94年6月 村山内閣発足。
94年6月 松本サリン事件発生。
94年10月 太陽寺院集団自殺
94年12月 第一次チェチェン紛争勃発。
95年1月 阪神淡路大震災
95年3月 地下鉄サリン事件
95年4月 オクラホマシティ連邦政府ビル爆破事件
95年4月 統一地方選挙、青島幸男東京都知事と横山ノック大阪府知事が当選。
95年6月 韓国ソウルの三豊デパートが崩壊し502人死亡。
95年9月 フランス、南太平洋で核実験強行
95年9月 沖縄米兵少女暴行事件
95年11月 イスラエルのラビン首相暗殺
95年12月 「もんじゅ」のナトリウム漏洩事故
96年1月 住専国会
96年2月  菅直人厚相、薬害エイズ事件で血友病患者に直接謝罪。
96年4月 ポートアーサー事件
97年4月 消費税増税実施
97年7月 アジア通貨危機
96年9月 国連総会で包括的核実験禁止条約(CTBT)採択。
96年9月 民主党結成
96年12月  在ペルー日本大使公邸占拠事件
96年12月 ジョンベネ殺害事件
97年3月 東電OL殺人事件
97年3月 大手企業が総会屋へ利益供与をしていたことが判明
97年3月 ヘブンズゲート集団自殺
97年5月  神戸連続児童殺傷事件
97年11月 ルクソール事件
98年3月 山一證券自主廃業
98年5月 インド、パキスタンの核実験
98年8月 ケニアナイロビの米大使館テロ事件
98年 年間自殺者数3万人突破
99年3月 NATO軍がユーゴスラビアを空爆
99年4月 コロンバイン高校銃乱射事件
99年4月 光市母子殺害事件
99年4月  石原慎太郎、東京都知事に当選。
99年5月 周辺事態法・防衛指針法(日米新ガイドライン法)成立。
99年9月 東海村JCO臨界事故
99年9月 池袋通り魔殺人事件・下関通り魔殺人事件
99年10月  自自公連立により、小渕2次改造内閣
99年10月 桶川ストーカー殺人事件
01:55  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT